うつ病で休職!給料やキャリアの心配は?体験記から話します

スポンサードリンク

私はうつ病で会社を休職しました。

でも、辞めてはいません。

うつ病かも?でも怖い・・

このような気持ちは、理解出来るつもりです。

  • もしかしたらうつ病?
  • いやいや、自分に限ってそんな事は・・・
  • 本当にうつ病の人は、自分ではうつ病だとは気づかないらしいし・・・

いえ。
もし自分で不安だったら、病院に行くべきです。

行って、きちんとお医者様の診断を受けるべきです。

「でももし、うつ病と診断されたら生活が・・」

その不安、給料と周囲の目ではありませんか?

私がどうなったのか?
その事を話してみようと思います。

スポンサードリンク

給料や生活費の心配

率直に言うと、うつ病で休職したとしても
あなたの生活は成り立ちます

一度、就業規則を見て下さい。

今の日本、普通の会社であれば
休職制度を設けているはず。

私が勤めている会社の事例であれば
正社員だけではなく、契約社員でも適用されています。

不安なのは、この休職期間中の生活費。

会社からの給料は、支払われなくなります。

ですが。

『傷病手当金』制度があります。

これは会社が支払うものではなく。
健康保険から支払われます。

傷病手当金の金額は?

給料の満額では有りません。

休職する前、直近三ヶ月の給料を平均し、
その給料の約60%が、休職期間中に支払われます。

ではもし残業が多く、その残業代も全て払ってもらえる会社なら?

その場合でも、残業代も含めた平均となります。

私の場合。

残業代は夜10時以降は支払われる会社でしたので、
その分も上乗せされていました。

でも今考えると、残業代が100%出ない会社だったから
うつ病になってしまった・・悪化した・・・

とも言えますが・・・

給料の60%は少ない・・

と思っているあなた。

私も思っていました。

なぜ、この手当でも生活出来るか?

この傷病手当金とは、給料ではなく手当金。

あなたの収入とはみなされませんので、
傷病手当金は『非課税所得』となります。

簡単に言うと、所得税の対象外という事。

今、あなたの給料明細を見て下さい。
所得税、数万単位で引かれていませんか?

傷病手当金を貰う立場になると、
手当金は全て手取りという事。

働いている時の給料の手取りからは
確かに少し、金額は減るでしょう。

ですが、浪費しないで治療に専念すれば
今まで通りの生活が出来ると思います。

会社の評判や友人の目

うつ病で休んでから分かった事が有ります。

「本当に困った時に離れていかない人が、本当の友人」

私は、仕事で忙しく、軽度のうつ病になってしまいました。

その後(その間?)、妻が愛人を作って離婚。
追い打ちをかけられました(笑)

人間不信にもなりかけました。
今までの生き方そのものが、間違っていたんじゃないか・・・

でも幸い、友人関係には非常に恵まれており、
かなりの友人が、毎日話を聞いてくれたり、
今まで疎遠だった友人も、わざわざ遠方から来てくれたり。

そのお陰で、休職期間は短めで済みました。

きれいごとは言いません。

確かに会社からの評価は激減しました。

ですが、仕事の取引先からも助けてもらって、
現在では、前以上の仕事をしています。

出来るだけ定時に帰れるように、周囲が気遣ってくれたりもします。

うつ病になったからといって離れていく人間関係は、
希薄な人間関係。

気にしないで、良い人間関係を築ければ良い

私は今、そう思っています。

ここ数年、社会に認知されつつ有るうつ病。

でもまだまだ、偏見の目で見られる事も多い事は事実。

そんな目は、気になると思います。

でも、気にしてもしょうがない。
自分の人生、自分が大切。

少しでも「うつ病かな?」と不安になったら、
すぐに病院に行くようにはして下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です