PM2.5よりも怖い!黄砂の影響とは?その時期や対策って

スポンサードリンク

この2年ほど、PM2.5による大気汚染の影響が大きな問題になっていますが、
それだけではなく黄砂による被害も年々甚大になってきています。

ですが黄砂自体は、昔からある自然現象。
ではどうして、被害が大きくなるのでしょうか?

黄砂って何?

黄砂とは、中国大陸の北西部にある乾燥した地域、
タクラマカン砂漠やゴビ砂漠、黄土高原の砂が、
強風によって上空に巻き上げられて、
色々な地域に降り注ぐ現象の事。

砂自体の事も指します。

その巻き上げられた砂が偏西風などによって日本を含む各地域に運ばれ、
色々な影響を及ぼしています。

砂漠の地図

昔は無かったの?

黄砂自体は、紀元前からあったとされています。

過去の朝鮮での文献には、怒った神が降らせたと記載されています。
日本では、江戸時代の文献に記述も。

当時は今のような環境汚染が無かったので、
健康や環境への影響は比べ物にならないくらい
大きくなってしまっているのでしょうね。

日本で発生する時期は?

日本では3月~5月がピーク時期となっています。

ですが実は、夏場以外は常に発生しており、雲よりもはるか上空を流れ、
地球をグルグルと回っています。

気候の関係で、地表に下りてくるのが3月~5月という事ですね。

東京の砂嵐

人体への影響は?

黄砂には人体に悪影響を及ぼす様々な物質も含まれています。

石炭やガソリンなどの燃焼によって排出される硝酸塩や、
農薬、
産業廃棄物の残物質、砂漠での核実験による放射性物質など、
聞くだけでも恐ろしい物質も多く含まれています。

アスベストよりも有害な物質が多く、皮膚炎や頭痛、咳などだけではなく、
花粉症を含むアレルギー症状の悪化、脳梗塞のリスクも引き起こします。

話題となっているPM2.5も、この黄砂に付着して飛んできますので、
将来の健康に対してもかなりの影響があると言われています。

対策はどうしたら良いの?

何の対策も無しで無防備に吸い込んでしまう事がどれだけ危険かという事は、
もうすでに気づいているかと思います。

ただ、対策は非常に難しい・・・。

黄砂は、スギ花粉や赤血球よりも粒子が小さいため、
通常のマスクでは完全に防ぐ事は出来ません。

物理的対策としては、超微粒子対応用のマスクや、メガネなどは着用してください。

↓こちら↓はネットで拾ってきた写真です(笑)
が、最近ではかなり高性能なマスクもドラッグストアなどで売られるようになりました。

高性能マスク

ネット通販でも安くで手に入ったりしますので、
オフィスの机の引き出しに、入れておいても良いかもしれません。

行動での対応策としては、黄砂が酷い日は極力外出をしない、
ジョギングなどはもってのほか!!

洗濯物は外に干さずに部屋干しや乾燥機などを利用する、
などなど、出来るだけ外気と触れる機会を排除するようにしてみて下さい。

マスコミの報道では、スギ花粉やPM2.5の注目度の方が高いですが、
実は黄砂の方が健康被害は甚大とも言われています。

十分に注意、対策をして過ごしましょうね!


花粉症の症状と対策、注射や市販薬?副作用の危険性!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加