今さら聞けない貴社や御社とは?弊社は書き言葉?簡単な覚え方

スポンサードリンク

貴社?

御社??

(・・?)

・・・弊社???・・・

・・・当社????・・・

(・_・;?

・・

・・・

クワッ (ノ`Д´)ノ—–┻┻ -3-3

なんて、面接でやってしまったら、
不採用通知は間違い無し ^^;

でも、まだまだ使い慣れてない大学生にとって、
言葉の使い分けって、本当に難しいですよね〜

少し間違えるだけで、失礼になってしまったり。。。

ヘタしたら、人生自体が変わってしまう!

なんて、大げさじゃありません。

そんなあなたに!

貴社と御社、弊社と当社、
この違いをお教えしちゃいます。

スポンサードリンク

どうやって使い分ける?簡単な覚え方

この4つの言葉。

どうやって、簡単に覚えたらいいのでしょう。

まずは、シンプルにまとめてみました。

自分の会社に対して使う言葉

  • 弊社:社外の人に対して使う
  • 当社:社内での会話で使う

相手の会社に対して使う言葉

  • 御社:話し言葉(会話で使う)
  • 貴社:書き言葉(文章で使う)

弊社と当社は、
自分が会社に勤めているときに使う言葉。

大学生では使うことはありません。

ですので、就活のときには、
除外してしまっても良いでしょう。

ただ、インターンの時なんかでは、
電話に出る事もあるでしょう。

せっかくの機会。
そんな時には、積極的に使ってみて下さい

これだけじゃあよく分からない!

なんて人のためにっ! m9っ`Д´)

それぞれの言葉を、もう少し解説してみましょう。

それぞれの言葉の使い方って?


商談

弊社は「社外の人に使う言葉」と説明しました。

使うシチュエーションとしては、
取引先との商談や、電話の時。

少し、相手に対してへりくだった表現になっています。

「山田さんのお宅でしょうか?」

「弊社は、・・・商事と申します。」

間違い電話のシチュエーション(笑)

それに対して、
当社は「自分の会社の人に対して使う言葉」

同僚や部下に対して言う事はありませんが、
社内でのプレゼンや、会議。

そんな時には、当社を使います。

自分の上司や、社長に対して。

「当社の今後の方向性を考えた結果・・・」

といったような使い方。

次は、「御社」と「貴社」。

「話す時か?書く時か?」というだけの違いなので、
そんなに難しくは無いでしょう。

取引先との商談をする時には、

「御社の新製品のスマートフォンの名称は、
アイポンで宜しかったでしょうか?」

メールの文章を作る時には、

「貴社益々ご隆盛の由、衷心よりお喜び申し上げます。」

なんとなくでも、分かって頂けましたか??

自然に使えるようになる為には、
やっぱり自分で使ってみるしかありません。

ぜひぜひ、どんどん使って、
どんどん間違ってみて下さいね!

ちなみに小ネタですが、
「貴社」は、もともとは話し言葉としても
使われていました。

ただ、「帰社」や「汽車」、「記者」なんかと
聞き間違ってしまう事も多かったので。

「御社」という言葉が生まれた、
と言われています。

ですので、厳密にいうと、
話し言葉で、「貴社」を使っても問題ありません。

メールの場合でも、「御社」を使っても
まったく失礼には当たりませんよ。

大学生、新社会人の人たちだと、
今まで使ったことがありません。

はじめは、

「難しい!」

と感じるでしょう。

でも、社会に出て使っていくうちになじんでいくので、
安心して下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加