初心者でも分かる着物の基本!種類や見分け方とは?

スポンサードリンク

今から、30年から40年位前までは、嫁入り支度と言って、

箪笥に着物、布団等々、

娘が一生困らないようにと親は大変でした。

結婚が決まると婚礼箪笥3点セット

ビッシリと衣装や小物を入れ、

親戚やご近所に見てもらっていたんです。

着物も礼装用、喪服、普段着用、羽織にコートと

それぞれのシーンに合わせて用意をします。

今は、そこまでの支度をする家は少ないでしょうが、

機会が有ればゼヒ着物を着て欲しいな~と思います。

友達の結婚式では特におススメ!

皆、同じようなドレスなので、

着物で出席すると目立つし、場が華やぐので喜ばれますよ!

着物って決して難しくないんです!

近頃、入学式や卒業式でも着物の方が増えてきてますよね!

スポンサードリンク

女性の着物は大きく分けると、どうなるの?

❖フォーマルシーンの着物

素材は主に絹で、

織り上げた白生地に柄付けをする「後染めの着物

または「染めの着物」と呼ばれる着物です。

柄付けの違いや、を入れるか入れないか、

また、紋の数によっても格が変わります。

『黒留袖』、『色留袖』、『振袖』、

『訪問着』、『付け下げ』、『色無地』

などが挙げられます。

❖フォーマルシーンの着物には袋帯

長さが約4m20㎝以上あります。

二重太鼓に結びます。

また、振袖の時には、

華やかな飾り結び(変わり結び)にもできます。

◎カジュアルシーンの着物

カジュアルシーンには

小紋』と呼ばれる柄付けをした着物が一般的。

素材はです。

他には、一般的に糸を染めてから反物に織りあげる

紬(先染めの着物)」があります。

『大島紬』や『結城紬』が有名。

値段は、数百万円する物もあります。

他には、木綿や近頃はデニムといった素材の着物が

カジュアルシーンの着物です。

お洒落ですよ!

◎カジュアルシーンの着物には名古屋帯

長さは約3m65㎝で、

一重太鼓に結ぶのが一般的。

金糸、銀糸、金箔、銀箔が使われている帯は、

『色無地』や『付け下げ』に合わせてもOKです!

セミフォーマルとして着る事ができます。

◆フォーマルにも季節がある

*7~8月は薄い夏物で絽・紗・麻…薄くて透ける素材の着物

*6月と9月は単衣(ひとえ)…裏地がついていない着物

*それ以外は袷せ(あわせ)…裏地のついた着物

今は、昔に比べて空調が効いているので

夏物をわざわざ用意するのは、勿体ないような気がします。

汗もかきますし、長襦袢も夏物にしなければいけません。

夏にフォーマルな着物を着るシーンが有れば

レンタルがおススメです。

私の妹は、同じ会社の後輩が9月に式を挙げた時、

思い切って単衣の『色無地』で出席しました!

その時に着ていなければ、

一生箪笥の肥やしになっていたでしょう。

それぞれの着物の種類の紹介をします。


着物の種類

『留袖』…既婚女性の第一礼装です。

腰から下にしか柄が無く上半身に家紋が入ります。

地色が黒い「黒留袖」、それ以外は「色留袖」。

黒留袖は五つ紋、色留袖は一つ、三つ、五つ紋があります。

『振袖』…未婚女性の第一礼装です。

袖の長さによって本振袖、中振袖、小振袖があります。

『訪問着』…広げた時に一枚の絵のような柄あわせになっています。

「絵羽」と呼ばれます。生地を裁って仮縫いにしてから柄を付けます

『付け下げ』…着た時に模様が上を向くように柄が付けられています。

『色無地』…柄のない色だけの着物です。

生地に地紋があるものもあります。

紋を付ければ礼装として着られます。

『小紋』…二尺(約60㎝)間隔で同じ柄の繰り返しです。

遠目に見ると無地に見えるような、江戸小紋もあり、

これも紋を入れれば礼装をして着られます。

私は、江戸小紋の中でも“鮫小紋”が大好きです。

❖機会があれば、箪笥で眠っている「着物」を着てみてください!
身も心も引き締まりますよ。

初心者や中級者にオススメの着物は?

私が、「初めて着物を着てみようかな」という人におススメしたいのが

紬(つむぎ)”です。

生地が柔らかすぎずにピシっと決まります。

“木綿”の着物も素敵です。

紬や木綿は着物自体が軽く、扱いやすい事、

少々の着付けの粗さ?もごまかせる点で、

初心者向けかなと思います。

帯はどちらも名古屋帯。

手持ちが無い場合ですが、お母様の着物を借りるという手もあります。

ただ、体型が似ているという条件付きです!

中級者向けは“小紋”です。

柄も豊富で楽しめますよ。

小紋も帯は名古屋帯です。

できれば、夏の花火大会に自分で“浴衣”を着て行きましょう!

浴衣は、暑い季節だからこそキチッと着付けて欲しいと思います。

その方が涼しげに見えます。

段々と上手く着付けられるようになると、

ハマってしまうのが“着物”の世界!

近頃は、新品同様の着物を扱っているリサイクルショップとか、

若い子が似合うような着物を、

手頃な値段で扱っているショップも多くて、

ついつい覗いてしまします。

“デニム”は私も悩みました~。

無地の着物は半衿や帯留めなんかで遊び心をくすぐられます。

近頃は、着物で行くと特典があるような

観光地とかも増えてます。

とにかく着物は回数を重ねて、着慣れる事が一番ですよ!

お友達と“着物”でお茶しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加