事前の対策してますか?財布を紛失してしまう前に重要な事!

スポンサードリンク

歓迎会やお花見などなど。
春は色々な集まりも多くて楽しい季節。

そして夏に向けて、人の気持ちも開放的になっていきます。

暑くなってくると、海に!山に!!
遊びに出かける人もたくさんいるでしょう。

一夏のアバンチュールを楽しむ人も
いるんではないでしょうか?(古いかな ^^;)

でも、家に帰って翌日準備をしていると、

財布がない!
どこに落としたんだろう?

と焦って不安になった経験がある人も
少なくないのでは?

財布はやっぱり、大切なお金を入れているもの。

そして、現金よりも大切なものも
たくさん入っています。

&nbsp

スポーツジムやスーパーの会員券・・・

じゃなく、クレジットカードやキャッシュカード、
運転免許証などなど・・・

人によっては、パスポートなんかも一緒に入れている人も
いるかもしれません。

現金だと、その瞬間は悲しいです。

ですが、クレジットカードや免許証などは
再発行するのに、お金も時間も、労力もかかってしまいます。

財布を紛失した時のために!
前もってちゃんと、対策をしておきましょう。

財布を紛失したときの為の対策方法とは?

スポンサードリンク

財布を紛失してしまう前に、

事前に対策を取っておく事は非常に大切。

自分は大丈夫なんて思っていませんか?

どんな人でも、財布を紛失してしまう可能性はあります。

もしかしたら、スリにあってしまうかもしれません。

そんなことにならないように、

必用な物を全て、体に紐で繋いでおきたい気分。

でも、そういう訳にもいきませんよね ^^;

紛失してしまった時の対策方法としては、

財布には自分の名刺を2枚以上入れておくのも有効です。

よく財布を紛失する場合は、

免許証やカードなどを持っていくのはちょっと危険。

けれど、財布の持ち主が分かるものを入れておきたい。

名刺であれば会社に連絡をくれる可能性が高くなります。

また、一人暮らしをしている場合は、

現金を少し家の中に用意しておく事も大切です。

財布がなくても会社に行かなければなりません。

定期ごと紛失してしまっては困ります。

少し現金があればとりあえずは安心できますよね。

また飲み会に行く際には、

リュックや斜めがけのカバンにして
身体から離さないようにしておく事も

有効な対策になるのではないでしょうか。

置忘れや盗難後の事前対策!


スマホの置き忘れ

大切なお財布。

お店や交番に届いていれば良いですが

盗難されていては困りますよね。

盗難防止対策をしておく事も大切です。

キャッシュカードの暗証番号を

誕生日にしているのは危険です。

出来るだけ分かりにくい暗証番号にしておいて下さい。

また、番号の使いまわしも出来るだけやめておきましょう。

定期的に、暗証番号を変更するのがベスト!

ただやっぱりメンドクサイので、

せめて使い回しをやめるだけでもしておきましょう。

また、スマートフォンやWiFiルーターなども

財布とともに紛失しやすいアイテムの一つ。

GPS機能や、セキュリティ管理できるアプリを

ダウンロードしておくのも有効です。

iPhone の場合だと、もともとGPS機能が搭載されているので、

その機能をオンにしておきましょう。

「iPhoneを探す」という、そのままのネーミングです(笑)

危険!飲み会でも紛失の恐れあり!


オシャレな居酒屋

財布を無くしてしまう事が多い機会としては、

会社などでの飲み会。

特に、歓迎会や送別会など、

あなたが主役となる時には危険です。

飲み会などで記憶をなくすことを、

  • ブラックアウト現象
  • アルコール性記憶障害
  • アルコール性健忘症

などと言います。

たま~に飲みすぎるならまだしも、

頻繁に記憶をなくしてしまう、深刻な場合は、

お酒の量を減らしたり、完全に断酒してしまう必要があります。

なんども記憶を無くしてしまっていると、

脳にも影響、甚大なダメージを及ぼしてしまいます。

過度なアルコールには、

「短期記憶」を蓄える前頭前野の機能を低下させてしまいます。

「長期記憶」を司る側頭連合野は

アルコールの影響を受けにくい。

これが、「無意識のうちに家に帰ることが出来た!」

という現象。

酔っ払っても、家に変える道順や、

歯磨きなどの毎日の習慣化していることは

この長期記憶が働いているからです。

飲み会でお会計の時に、財布を出してお金を払い、

その財布をどこにしまったか憶えてない!

などといった、習慣化されていない短期記憶は

記憶に残らないんです。

対策方法としては、飲み過ぎない事!

事前に、下戸と言ってしまったり、

アレルギーを持っている、と牽制しておくのも一つの手です。

私なんかは、

「健康診断で引っかかってしまって、お医者さんに止められている」

って言って、10年くらい逃げ切ってます(笑)

せっかくの楽しい旅行や飲み会。

翌日が仕事でも休みでも、

楽しかった思い出のみで過ごしたいですよね。

お財布をなくさないように。

もし無くしてしまっても、最小限の被害で済むように。

普段から、事前の対策をしたうえで生活しましょうね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です