父の日の準備!定番プレゼント&ちょっと小洒落たプレゼント♪

スポンサードリンク

毎年6月の第3日曜日が父の日という事を、あなたは知っていますか??

母の日と比べ、ちょっと地味なイメージがしてしまう父の日(笑)

ですがお父さんも、家族の為、あなたの為、日々社会と戦って、
頭を下げて、涙を拭きながら頑張ってくれています!

あまり報われる事の無いお父さんに、せめてこの日だけは!!

感謝の気持ちを形にしてみてはどうでしょうか?

定番プレゼント

母の日にはカーネーションが定番。

ですが父の日には、定番のプレゼントはないのでしょうか?

いえ、あります。
それは、「バラの花束」です!

バレンタインみたいですね(笑)

父の日の由来

その由来はアメリカです。

妻を亡くし、6人の子供を男手一つで育てた男性。

その男性は、戦後の大変な時代、再婚もせずに一生懸命働き、
子育てをし、6人が成人してから他界してしまいました。

末っ子が、その父への思いを「父の日」として提唱したのが始まりです。

バラの花束は、提唱者である女性が、
父親の墓前に白いバラの花束をお供えした事から始まりました。

花の色ですが、存命中は赤、亡くなられて以降は白というのが、
現在の定番となっています。

スポンサードリンク

その他のプレゼント

母の日と同様、お花以外にもちょっとした料亭でのお食事や、
デザイナーズブランドのポロシャツなども喜ばれますよ。

アパレル業界で働いているから特に思うのですが、
良い物作りをしているブランドの洋服は型くずれしないので
長く愛用出来ます。

私のお勧めとしては、ラルフローレンのポロシャツですね。

Made in USAで米綿を使っており、クオリティは高いわりにお値段も買いやすいです。

洋服だと、毎年色違いでプレゼントという事も出来ますので、
来年はプレゼントに悩まずに済みますよ(笑)

ちょっと小洒落たプレゼント

名前入りの扇子なんかもお勧めです。

父の日を過ぎると初夏、暑くなってきます。

絶対喜んで使ってもらえます!
会社で自慢されたり、恥ずかしい思いもしますけど(笑)

Yahoo!知恵袋で、電報を贈ったという小洒落たコメントも見かけました。

私は今年、電報を贈ってみようと思います。

父がどんな反応をするか、ちょっと楽しみです(笑)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加