日傘のUVカットはスプレーで!それでも不足?!日傘の使い方!

スポンサードリンク

見た目を選ぶか、機能性重視か。

女性ならば、一度はこういったことで

悩んだ経験があるのではないでしょうか?

見た目がお気に入りのものを、

自分で機能性が上げる事が出来れば、嬉しいですよね~。

そしてそれは、日傘にも言えます。

日傘・・・と言えば、「日光をカットすれば良い」

なんて思っていませんか??

実は日傘は、陽射しを遮るだけでは、

日焼けに対しては、あまり意味は無いんです。

スポンサードリンク

お気に入りの日傘のUVカット率

夏に向けて、

「日傘を探しに買い物に行こう!」

と、予定を立てている人も多いのではないでしょうか。

また、お気に入りの日傘を見付けたけれど、

UVカット率が低くて、買おうかどうか、悩んでいる人もいるはずです。

日傘に何を求めるかによって、選び方は変わってきます。

日焼け防止に使うのか?

日除けとして使うのか??

でもせっかくであれば、紫外線も予防できて、

しかも日焼け防止にも、効果が高い方が、

嬉しいですよね~。

お肌の為にも、出来るだけUVカット機能が高い方が、

良いに決まっています。

当然ですが、UVカット率が高い日傘ほど、

紫外線を防いでくれて、日焼けしにくい。

でもどうしても、お気に入りの日傘がUVカット率が低い場合。

UVカットスプレーを使ってみましょう!

UVカットスプレーを使う


UVカットスプレー

どうしてもお気に入りの日傘を使いたい。

そんなときには、日傘に直接、

紫外線をカットするスプレーを振りかけてしまいましょう!

ただ、こちらの記事でお話しているような、

お肌に使うUVカットスプレーじゃないですよ。

ちゃんと、衣類にも使える色あせのしないスプレーもあるので、

そのスプレー使うこと!

これで、お気に入りの日傘を手に入れることが出来ますね~っ!

日傘にUVカットスプレーを吹き付けると、

よほど薄い生地でない限り!!

日傘の紫外線カット率は、90~96%にUPするんです。

もし、元々のUVカット率高い場合には、

UVカットスプレーを更に施すことにより、

限りなく100%に近いUVカット率にする事も出来るんです。

ただし!

日傘を使って、上からの紫外線を予防しても!

忘れてはいけないのが、地面からの照り返しの紫外線。

内側にシルバーでコーティングしてある日傘だと、

地面からの照り返しの紫外線を、

顔に集めているようなもの。

モデルさんの撮影みたいな感じかな(笑)

ですので、日傘は表だけ見ないで、

ちゃんと裏面を見ること。

これ、意外と重要ですよ。

そして素材も、天然素材である棉や麻、絹などを選ぶこと。

価格が安い日傘の場合、

ポリエステルなどの、化学繊維が使われている場合が多い。

想像したら分かるかと思いますが、

もうまさに、ビニールハウス状態ですよね ^^;

棉などの天然素材だと、

太陽からの熱線を繊維の内側に蓄えてくれますので、

裏まで熱を通しません。

安いものには、訳がある・・・って事ですね。

日傘での日焼け防止


日傘の和服美人

せっかくの日傘ですから、

ちゃんと紫外線を予防したいですよね。

でもやっぱり、日傘で全身をカバーする事は出来ません。

キャミソールだったり、スカートをはいていたりすると、

腕や足は、照り返しなどで、

どうしても紫外線にさらされてしまいます。

日傘は、出来るだけ短く持って、

顔の近くに持つこと。

そしてやっぱり、日焼け止めを使うこと。

併用する事で、日焼けを予防することが出来ます。

日焼けをすると、若い時ならまだしも、

30歳を超えた辺りから、シミになりやすいと言われています。

出来るだけシミを作らない、キレイな肌を目指しましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加