結婚式の挨拶は失敗が命取り!手土産を渡すタイミングは?

スポンサードリンク

人と会う時の第一印象って、とても大切なものですよね。

特に結婚。

妻となる方のご両親への印象は、

第一印象で決まると言っても、過言ではありません!

結婚を決めると、まずは彼女のご両親宅(実家)に訪問します。

当然、手土産を持参して。

でも、その手土産って、いつ渡すべきなんでしょう?

そして、何か言葉を添えるべきなのか?

贈る品物の向きは?

どんな人も、人生の中で、最初で最後の経験。(たぶん ^^;)

しかも緊張感タップリですから、

失敗をしがちです。

でも、事前に基本的なマナーを学習しておくことで

落ち着いて、失敗を最小限に抑えることができるでしょう!

今回は、こうした場面での基本的なマナーをご紹介しましょう。

スポンサードリンク

誠実な人柄を表現する

私も、とりあえず一度、経験したことですが、

初めて彼女のご両親宅を訪問する時ほど、

緊張するものはありません。

それこそ、就職試験での面接なんて、

比較にならないほどの緊張感です。

もうだいぶ前のことなので、すっかり忘れてしまいましたが、

訪問が終わるまではずっと、

緊張でガチガチだった事だけは、

はっきりと記憶にあります ^^;

でも心配はご無用!

緊張はしていても、

ちゃんとあなたの誠実な人柄さえ表現できればOKです。

特にお父さんは、人柄を見ています。

将来性があるのか?

考えがしっかりしているのか?

なども判断材料にはされますが、

誠実さは、何よりも武器となります。

あとは、最低限のマナーを知って、実行して下さいね。

手土産の選び方や相場は?


風呂敷で包んだ手土産

手土産の相場は、

3,000~5,000円の予算で選ぶのがベストです。

一般的なお菓子類(和菓子・洋菓子)、その他を

事前のリサーチを踏まえて選びましょう。

あなたのセンスで選んだ、

真心をこめた品物を贈ります。

注意しなければいけないことは、

訪問する相手宅の近くで購入したりと、

手抜きバレバレはしないこと!

気持ちがこもらないだけじゃなく、

大変な事になっていまいます。

手土産は、風呂敷に包むか、あるいは紙袋に入れた状態。

そのいずれかです。

風呂敷で包む場合には、

蝶結びなどのように結んでしまうのではなく、

ふくさを包む時のように、折り重ねて包み込みます。

しかも、和服の衿合わせと同じように右側を上に重ねるんです。

手渡すタイミングはいつが良い?


手土産を手渡す男性

手土産を渡すタイミングは、

玄関先ではありません。

部屋に通されて、挨拶が終わった時がベストです。

渡す際には、

「おいしいと評判なので召し上がって下さい」

「お好きとうかがいましたので」

など、率直な言い方が良いでしょう。

始めから大げさに言ってしまうと、

あとでつじつまが合わなくなってしまいます。

それに、誠意にかけますからね(笑)

少し格式張ったお宅の場合は

「ささやかなものですが」

といった表現が、ベターではないでしょうか。

一昔前までの日本では、

「つまらないものですが…」

という枕ことばが多用されました。

ですがこれは、消極的な表現なので、

最近は好まれません。

こうした言い回しは、避けられる傾向にあります。

・相手のご両親はよく観察しています

贈り物の向きは、

パッケージの正面側を相手側に向けて

渡して下さい。

そして、手土産を入れてきた風呂敷や紙包みは、

手早く自分のカバンなどの中に隠しましょう。

時折見受けられる光景ですが、

「紙袋に入れたまま手土産を渡すのは失礼」

にあたります。

気をつけましょう。

相手のご両親、特に女親というのは、

そうしたあなたの行動を、よく観察しているものです。

常識的な礼儀や作法は、

いつでも実行出来るようにしておく事が大切です。

そして物事は、第一印象が肝要です。

末永いお付き合いも、

第一印象で左右されてしまうことが多いものです。

まずは第一印象、頑張ってみて下さいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です