本当にその電報で大丈夫?お悔やみの電報マナーとは?

スポンサードリンク

大切な方や、大切な方の身内に不幸があった時。

弔問に行けない代わりに、弔電を送ることもあるかと思います。

亡くなった方が生前働いていた会社や、

喪主や親族の勤務先などから、

弔電が届くこともありますよね。

最近はインターネットでも申し込みが出来るようになりましたが、

申し込みをして、どれくらいの時間で届けてくれるのか知っていますか?

今回は、弔電を送る際の注意点やマナーには、

どのような事があるのか?

を、調べてみました。

スポンサードリンク

弔電を送るのに必要な情報

最初に、葬儀の日程を確認します。

通夜・葬儀・告別式のいずれに送っても良いのですが、

葬儀・告別式で弔電の読み上げがされますので、

告別式の前までに届くように手配します。

弔電は、本来、通夜・葬儀に参列できない代わりに

お悔やみを届けるためのもの。

ですので、式に間に合わない場合には、

弔電は送らずに後日お宅に訪問するか?

お悔やみと、参列できなかったことに対する

お詫びの手紙を送る方が良いでしょう。

送り先は、通夜・葬儀・告別式が営まれる場所へ送ります。

セレモニーホールなどを利用される家庭も多いと思いますので、

住所や電話番号は間違いがないようにしましょう。

お悔やみの言葉、表現にも注意しましょう。

仏教では使う言葉でも、キリスト教では使わない言葉など、

宗教や宗派によって、多少異なることがあります。

宗教や宗派を確認することは大切ですよ!

そして、弔電の受取人は、

一般的には喪主となります。

出来ればフルネームで確認されると良いと思います。

喪主以外のかたに送りたい場合には、

  • 「<喪主名>様方 <お送りしたいかたの名>様」

のようにします。

万が一、喪主の名前が確認できなかった場合には、

  • 「<喪主名>様方 <お送りしたいかたの名>様」

などとします。

社葬の場合の受取人は、

葬儀責任者や主催者であるのが一般的。

ですが、弔電の送り先と合わせて確認はした方が良いでしょう。

お悔やみの文面


手を合わせる男性

日程や受取人など送り先が確認できたところで、

文面を考えましょう。

実は裏技として、タウンページにも例文があるんで、

一度参考にしてみてくださいね。

ただ、先ほどちらっと話したように、

宗教によっては使われない言葉もありますので、

注意点をあげていきます。

弔文中では、喪主と故人との続柄を、

  • ご尊父様=父
  • ご母堂様=母
  • ご主人様
  • ご令室様=妻

などの敬称を用います。

詳しくはこちらの外部サイトに書かれているので、

参考にしてみてください。

また、弔電に使わない言葉としてはこちらがあります。

  • 死亡、死去などの直接的な言葉
  • 悪いことを連想させる言葉「とんでもないこと、とんだこと」など
  • 不幸が続くことを連想させる言葉「しばしば、度々、重ね重ね、次々、ますます」など
  • 亡くなったかたの不幸を思わせる言葉「九、苦しむ、迷う、浮かばれない」など

それから、

  • お悔やみ
  • ご愁傷様
  • 供養
  • 成仏
  • 弔う
  • 冥福

など、仏教では使いますが、

キリスト教では使われません。

他にも色々と、細かいところはありますので、注意はしておきましょう。

弔文を、すべてオリジナルで考えるのはどうしても難しいと思います。

なにより失礼があるといけません

NTTの電報の文例番号を検索できるサイトがありますので、

こちらも参考にしてみてください。

「ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、

心からご冥福をお祈りいたします。」

などの定型文に、故人との思い出などを付け足すのはどうでしょう?

メッセージの最後に、受け取る側が、

「どんな関係の誰から届いた電報か?」

が分かるように、差出人の情報を入れます。

会社関係の場合には、会社名はもちろんのこと、

住所や部署名なども合わせて記入すると分かりやすくなりますよ。

電報はどのくらい時間がかかる?


悩む女性

電報といえば115番のイメージです。

年中無休ではありますが、

受付時間は8:00~22:00まで、19時までに申し込むと

当日配達してくれます。

そして便利なインターネット電報の「D-MAIL」では、

24時間申込みが可能!

同じく19時までに申し込むと、当日配達をしてくれます。

D-MAILのホームページを見てみると、

弔電の他に、プリザーブドフラワーやお線香がついてくるものなど、

いろいろな種類が用意されています。

お花やお線香が付いてくるものは、

ご自宅に送る場合はよいと思うのですが、

ご自宅以外のセレモニーホールとなると、

ちょっと調べてから送った方が良いかもしれません。

ある葬儀屋さんのお話ですが、

弔電は葬儀社のスタッフが受取り、弔電は弔電でまとめられ、

お花などとは分かれてしまいます。

そして、お花などには名前が書かれておらず、

後でどなたから頂いたものか分からなくなってしまう・・・

なんてケースがあるそうです。

また、漆塗りなどの高価な台紙で送っても、

遺族のかたが弔電を保管する際には、

台紙から弔文が書かれた部分を外してしまうだろうから、

高価な台紙よりも、弔文のほうが大事になってくるのではないか?

とのことでした。

まとめ


手紙を書く手

某テレビ番組が終わってしまったので、

電報というと、少し古臭い感じがする若い人もいらっしゃるかもしれません。

でも電報は、手軽(笑)のわりに、受け取った人に気持ちが伝わる贈り物。

「困った時には電報を!」

と覚えておいてください。

きっと、役に立つ事でしょう!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加