彼岸花は本当に恐怖の花?花言葉や由来、真実とは!

スポンサードリンク

真っ赤な花が印象的な彼岸花。

学生の頃、お散歩ついでに摘み取って持ち帰ろうとしたら、

「ダメッ!!!彼岸花なんて持ち帰ったら不幸になるよ。」

と、友人に注意されてしまいました。

その時は「キレイなお花なのに何で?」

と、疑問に思ったのですが、

今ほどネットも普及していなかったので、

たいして調べもせず…放ったらかしにしていました。

そんな話を先日ふと思い出し、

折角だから調べてみよう!とネットをウロウロしたところ、

興味深い話が色々とでてきました。

そこで、今回はそんな疑問を持っているかもしれないあなたに!

彼岸花についてお話してみたいと思います。

スポンサードリンク

彼岸花って?

中秋の頃に多く目にする彼岸花。

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草です。

30~50cmの茎が1本スッと伸び、

その先に袋に包まれた花序(花の配列状態のこと)を

一つ付けます。

やがて、その袋が破けると、5~7個ほどの花が姿を見せます。

その大きく反り返り、放射状に開花した姿が

学名 ridiataの由来となっていると言われています。

開花までに要する時間は1週間ほど。

この状態では葉はありません。

この時葉は球根の中で眠っていて、

花が枯れた後に姿を現します。

そして、次のシーズンに向けて球根に養分を蓄え、

役を終えた葉は春先には枯れてしまいます。

養分を蓄えられた球根は、地中で分かれ、

新しい命をはぐくみ、秋に再び花を咲かせるのです。

彼岸花といえば赤というイメージがありますが、

実は、白をはじめとして数種のカラーもあるんです。

恐怖イメージの強い彼岸花ですが、花言葉は

  • 情熱
  • 独立
  • 再開
  • あきらめ
  • 悲しい思い出
  • 想う人はあなた一人
  • また会う日を楽しみに

イメージとは裏腹な、前向きなものが多いんですね〜。

きれいな花には○○がある


怖い彼岸花

実は、この彼岸花には毒があるんです。

彼岸花の球根の中に、

リコリンという有毒成分が入っているんです。

データによると、

球根1つに含まれるリコリンは15mg。

これは、ネズミ1500匹分の致死量に相当するそうです。

その数を聞いただけでも、

恐怖を感じてしまいますよね。

主には球根に含まれるのですが、

茎にも含まれているようなので、こ

れが持ち帰ることを嫌煙される原因かもしれませんね。

こちらの動画では、身近な有毒植物が紹介されていて、

その中に彼岸花も含まれていました。

意外と知らない物もあったので、参考にしてみてください。


しかし、有毒でありながらも、飢餓に苦しんだ大昔には、

食用とされていたこともあったようです。

球根は漢方としても、重宝されていたこともあったとか。

近年、それを再現実験したメディアもあったようですが、

もちろん専門家指導があってのもの。

決して真似をしないようにしましょう。

彼岸花にまつわるブラックなウワサ


白い彼岸花

世間では、彼岸花に対して、

何故こんなにも悪いイメージを抱いてしまうのでしょう?

いくつかの視点で考えてみました。

①数多い異名がきっかけ

彼岸花は多くの異名を持つ花です。

比較的聞いたことがあるものでは「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」。

聞くだけでも不吉な香りがしてくる異名で、

  • 死人花(シビトバナ)
  • 幽霊花(ユウレイバナ)
  • 地獄花(ジゴクバナ)

なんて言うものもあります。

また、開花時に葉がないことから、

「葉見ず花見ず」と言われることも。

全て探ってみると、

実に1000種ほどの異名があると言われています。

こんな異名が彼岸花を、

敬遠するきっかけになっているのかもしれないですね。

②毒の存在がきっかけ

先ほど紹介したように、彼岸花には毒があります。

「彼岸花を触ると手が腐る」と、

説明されていた方もいるのかもしれません。

これはきっと小さな子どもに、

毒の存在をわかりやすく伝えるためのもの、

だったのかもしれません。

ただそれが、理由を曖昧にしたまま、

噂として伝わっているという事もあるのかもしれませんね。

③単純なイメージがきっかけ

この彼岸花の毒は、

土葬時代に遺体をモグラやネズミから守るため、

墓地に埋められていたそうです。

その流れで、今でも霊園などでも多く目にしますよね。

秋のお彼岸の頃最盛期を迎えることが、和名の由来となっており、

「お彼岸」=「お墓参り」=「死」というイメージが強い、

というものもあるのではないでしょうか?

また、開花した花のイメージが炎を連想させることから、

「持ち帰ると火事が起きる」

と言われていたこともあったようです。

まとめ


夕焼けの彼岸花

日本では嫌煙しがちな彼岸花。

ですが海外では、品種改良されて

観賞用としても重宝しているんだとか。

日本でも「リコリス」として、

球根が園芸店で取り扱われています。

それに園芸番組でも、その育て方が取り上げられたことも。

彼岸花について詳しくなったところで、

育ててみてはいかがですか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です