えっ?!今更聞けない冠婚葬祭!冠や祭の本当の意味とは?

スポンサードリンク

就活をしている時に見つけた求人の事業内容で、

「冠婚・葬祭の引き受け業務及びこれに付帯する物品の

販売と斡旋業務」

と書かれている会社がありました。

婚礼や葬儀に関するサービスを提供しているのかな〜

とは想像がつきますが、

「冠婚葬祭の冠に関するサービスって、

どんなことなのかな?」

と、思いませんか?

そして、「冠婚葬祭」。

「婚」と「葬」は分かりますが、

「冠」?「祭」??

って人も多いはず!

そんな疑問に応えるべく!

調べてみましたよ〜。

スポンサードリンク

冠婚葬祭っていったい何?

冠婚葬祭が、婚礼や葬儀をさしていることは

大人なら誰でもご存知のはず。

本来は、

  • 「冠」:元服
  • 「婚」:婚礼
  • 「葬」:葬儀
  • 「祭」:祖先の祭礼

という日本古来の四つの儀式のことを

指しています。

元服といわれても、武士でもあるまいし・・・

あまりピンときませんよね。

元服とは現代でいうと、成人式のことです。

現代では成人式の他に、七五三や就職祝いなど、

人生の節目のお祝いごと全般が含まれるようになりました。

そして、「祭」の祖先の祭礼とは、

先祖の霊をまつること全般を表し、

お盆など四季折々にある年中行事も含まれます。

冠=元服とは?



元服とは、奈良時代以降、男子が成人になったことを示す儀式。

武家や公家において12歳前後、11~16歳の頃に、

髪を結い、服を改め、冠または烏帽子を着用しました。

江戸時代になると、貴族以外は簡略化し、

前髪を切り落とす(さかやき(月代)をそる)くらいになりました。

また元服を機に、幼名を廃して烏帽子名を名乗りました。

烏帽子名とは、烏帽子親の名前から1字もらってつける名のこと。

武家社会では、元服の儀式を行う際に

烏帽子を被せる役を務めた人を烏帽子親と言います。

仮の親子関係を結ぶ習わしがあったそうです。

烏帽子親は、初めは本家筋に頼んだそうですが、

次第に、社会的に有力な人に頼むことが多くなっていきました。

このような人生の一つの段階から、

別の段階へ移る重要な時期に行われる儀礼を

「通過儀礼」と呼ばれます。

女性の場合は、裳着(もぎ)と呼ばれる通過儀礼があった、

と言われています。

公家などの、特に身分の高い女子が成人した印として、

初めて裳と呼ばれる腰下の着物をつける儀式でした。

年齢は定まっておらず、だいたい12~14歳ぐらい、

配偶者の決まった時や、見込みがあるときに行われることが多かったそうです。

この通過儀礼を過ぎると、

結婚の資格を得ることが出来ました。

また、裳の腰を結ぶ腰結(こしゆい)の役、

紙を結い上げる結髻(けつけい)・理髪の役があり、

腰結の役は、元服の烏帽子親同様に、特に重要視されていました。

尊属(自分よりも先の世代に属する直系および傍系の血族)、

または徳が高く人々から慕われている、高貴な人を人選していたそうです。

裳着以降は、眉をそり、お化粧する時に眉を描くことが許されました。

元服も裳着も、上流階級の通過儀礼でしたが、

一般大衆には、褌祝(ふんどしいわい・へこいわい)という、

男子には褌を、女子には腰巻を褌親(へこおや)を、

という仮親が贈るお祝いがありました。

また色々と調べてみると、

江戸時代に結婚した女性が歯を黒く染め、

丸まげを結い、眉を剃ったというのもたくさん見かけました。

祭は何を指してるの?


夏祭り

調べてみると、「祭」が一番表現しにくいです。

先祖の霊を奉る(まつる)ことというと、

法事などの他に、お彼岸やお盆など、

季節の行事が思い浮かびます。

日本の季節の行事の多くは、先祖を偲び、神を祀る日でした。

この行事全体のことを「祭」と呼ばれていたんですね。

現在では、お正月から大晦日までの年中行事を「祭」として、

広くとらえていますし、

日本の古来の行事と、外国から渡来した行事とも、

混在して「祭」に区分されています。

日本古来の行事や外国から渡来した行事についても、

また調べて記事にしますね!

まとめ


元服

今までは、冠婚葬祭と言えば、

結婚式やお葬式くらいしかイメージが湧かない!

なんて人も、たくさんいるでしょう。

私のように ^^;

入学式とか就職とか、いままで冠婚葬祭だと思わず、

ただ単にお祝いだと思って過ごして来た行事も、

沢山あるでしょう。

特に祭に関しては、祖先の祭礼や年中行事と、

かなり広い範囲が該当しています。

しっかりと時間をかけて、

「祭」=季節の行事一つ一つをご紹介していきますね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です