うつるとツラいウイルス性の胃腸炎!感染経路とは!

スポンサードリンク

ご家族がウイルス性胃腸炎と診断されました。

あなたならどうしますか??

ウイルス性胃腸炎になるのは、滅多なことではありません。

でも、

「いつ?」

「どんな人がかかるか??」

それは誰にも分かりません。

もし身内でウイルス性胃腸炎に誰かがなってしまったら。。。

ウイルス性と言うからには、

近くで生活をしていると、うつってしまうのか?

万が一、感染者が出た場合、

どのように対処すればうつらないのか?

ウイルス性胃腸炎の感染の事を中心に、

基本的なことをお話ししましょう!

スポンサードリンク

主な感染経路は口からばかり!

胃腸炎を起こすウイルスには、

  • ロタウイルス
  • アデノウイルス
  • アストロウイルス
  • ノロウイルス

あたりが代表的なところでしょうか。

ロタウイルスと、アデノウイルスは、

幼児に感染者が多いウイルス。

そして、よくニュースなどでも登場するノロウイルスは、

全世代共通で感染者が出る場合が多いウイルスです。

とは言っても、やはり抵抗力が弱い、

子供やお年寄りがかかってしまいやすいんですよね・・・

冬場に高齢者施設でノロウイルスが集団感染・・・

というニュースも、頻繁に報じられています。

こうしたウイルスの感染は、

どうやって起きる(うつる)のかというと?

どのウイルスも経口感染と言い、

口から入ったウイルスが、

十二指腸から小腸の粘膜上皮に感染することにより、

発病するんです。

感染した人の便や嘔吐物は要注意!


吐きそうな男性

感染してしまうと、腸管はむくんで水っぽくなり、

嘔吐や腹痛、下痢、発熱を引き起こします。

しかも、激烈な痛さや症状の激しさに襲われます。

実は私も以前、職場でウイルス性胃腸炎になってしまい、

それまで経験したこともないような激痛と耐え難さに、

生きた心地もしませんでした ^^;

それほどの、激しい症状を伴う場合がほとんど。

もちろん、ウイルスの種類や個人差もあるようですが・・・。

ご家族に、こうしたウイルス性胃腸炎に感染した方が出た場合、

どのように予防したら良いのか?というと。

一般的には、罹患(りかん)した人の便や嘔吐物に、

ウイルスが含まれています。

そこから他の人にも感染してしまいます。

しかも、感染力が強いウイルスの場合、

汚染された場所(スペース)などの一部などに触れただけ

他の人に感染するケースもあります。

ふだんから免疫力を高めて予防!


健康的な和食

ですから、ご家族に感染者が出た場合は、

便や嘔吐物に触れずに、マスクや手袋を必ず着用しましょう!

ちゃんと定期的に手洗いやうがいをすることも大切です。

手洗いの時には、消毒は必須!

うがい薬も重要ですね。

そしてやっぱり健康的な生活習慣

早寝早起きや、睡眠時間をしっかり取ること。

野菜がたくさんの、栄養バランスが取れている食事をしたり、

定期的なスポーツで、体を鍛えること。

これだけで、全然違ってきますよ!

わたしも、ウイルス性胃腸炎にかかった後に、

生活習慣を見直しました。

今までは夜型だった生活習慣を、

4時や5時に起きるという朝方に切り替えて。

コンビニ弁当がメインだった食生活を、

ちゃんと自炊するようにして ^^;

電車をやめて、自転車通勤!

ウイルス性胃腸炎どころか、

今までは一年に数回はひいていた風邪も、

もう数年、かかっていません。

まとめ


腹痛で苦しむ女性

ウイルスが「うつる」「うつらない」には、

個人の免疫力が意外に関係していると言います。

つまり、免疫力が高い人ほど、

うつる確率は低いんです。

よく、高齢者施設で集団感染が騒がれるのは、

高齢者の免疫力が弱かったり、ふだんから疲労がたまっているから、

と推測されています。

ウイルス性胃腸炎から身を守るためのポイントは、4つ。

  1. ふだんから体力、健康維持に努め、疲れをためない。
  2. 常日頃より手洗いの習慣を身に付け、徹底する。
  3. 下痢症状が出ている家族とはタオルその他を共用しない。
  4. 万が一、身近な人や同じ住居・施設内で感染者が出たら、
    マスク着用、汚物・食品などに触れる場合は手袋着用

基本的なことばかりですが、

こうした基本を守って生活をすることが、

健康の秘訣でもあります。

始めは難しいかもしれませんが、

慣れると、健康的な生活の方が心地良いですよ〜♪

頑張ってみてくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です