30代女性の為の肌あれ対策!食べ物や飲み物で自然に治す!

スポンサードリンク

※このサイトの読者様から、投稿を頂きました〜!
美容やダイエットに詳しい女性です♪

肌あれも、身体と同様、30代になるってくると、

10代や20代の頃の肌あれとは変化していきます。

私の姉はよく、

「25歳~肌は変わってくるよ!」

なんて言ってましたが、聞き流してました。

「そんな事関係ないも~ん」

と余裕こいて笑ってましたね。

しかし自分が30代突入してから、

肌は変わっていくのが身に染みて分かりました。

まず最初に感じたのは、

肌あれが即効で出るという事です。

暴飲暴食後だったり、睡眠不足だったりすると、

翌日に肌の質が急に落ちるというか・・・

まさに肌あれです。

カサカサになったり、

まぶたの上のアイラインが、

20代の頃は確実ににスーッと引くことが出来たのに‥

いちいちつっかえる感じで、

お化粧に掛ける時間は、20代の頃よりも倍になりました。

スポンサードリンク

自然に肌あれを治す!食べ物で解決しよう!

悩んでいても仕方ない!

とにかく化粧品を見直そうと、

デパートのコスメ売場で物色しては、

「こちらは肌あれを防止し、

より美しくなる成分が‥○×▽◇…」

と、店員さんと長話して、なかなか納得出来ず、

ただ塗って治るものではいのではないか?

自然・ナチュラルに、

自分の体内に取り込んで治していく、

改善していく方法はあるはず!

と思い立ちました。

となるとやっぱり、

肌あれは体内に取り込む食べ物、飲み物で大きく左右される。

そこに注目しました。

自分の身体に入った物・入れた物は、

自分自身に一番反映されやすい事です。

まずは食べ物。

私が注目したのは、

お肌に良いとされる代表的なビタミンAですね。

サプリメントも、手軽といえば手軽ですが、

なるべく私は自然に摂取し、改善を心がけています。

ビタミンAの多く含まれる食品は、カボチャです。

カボチャはカロテンが含まれているのですが、

体内に入るとビタミンAに変身します。

皮膚に対して抵抗力を高めてくれて、

肌あれを防止してくれます。

そして人参も同じ事が言えます。

人参といえば、カロテンを多く含んでいる野菜として有名。

人参も体内に摂取すると、カロテン→ビタミンAに変換され、

お肌の健康維持や髪の毛にもつやが出たり、

粘膜や皮膚トラブルに欠かせない食材です。

私は冷蔵庫に常備するくらい人参の効果は大きいです。

そしてもう一つおすすめな食材は、玄米

肌あれで悩んでいる人で、いつも白米を食べているのであれば

是非玄米に変更して下さい!

有名人の中でも自然派食品がお好みで、

玄米派に吉瀬美智子さんや真鍋かをりさんがいらっしゃいます。

玄米は、肌を作ってくれる栄養素が豊富に含まれていて、

アンチエイジング効果もあります。

玄米には、植物性タンパク質が白米よりも多く含まれています。

お肌というのは、タンパク質でできているため、

肌をきれいに作るためには、タンパク質。

タンパク質をお肌に変える栄養(ビタミンやミネラル)が

玄米には多いのです!

肌をきれいに保つビタミンEは、

白米の約12倍も玄米には含まれています。

是非是非!肌あれに悩んでいる、美しい肌を維持したい人は

白米から玄米に切り替えてみて下さい。

肌あれにおすすめな飲み物はこれ!


はと麦茶

肌荒れにきく食べ物に続くべく、

飲み物もご紹介しておきます。

個人的な経験でいうと、ハト麦茶がオススメ!

ハト麦茶には、カリウムやビタミンB1、

ビタミンB2やリンといった、質の良いタンパク質が含まれていて、

穀類の中でも、とっても栄養価が高いのです。

他にも、新陳代謝を高める機能をもち合わせているので、

肌あれはもちろん、むくみにもよく効きます。

肌あれ対策のために避けるべき食べ物と飲み物


ハートのコーヒー

肌あれの原因ともなるべく大敵な飲み物は、

コーヒー・紅茶・お酒ですね。

朝のコーヒー‥

ブレイクタイムのコーヒー‥

残業後の美味しいお酒だったりと、

コーヒーもお酒も好きな方は沢山いると思うのですが、

脱肌あれ組には禁物です!

要はカフェインだったり、

アルコールは胃に強い刺激を与えます。

なので肌あれを悪化させてしまう可能性が高いのです。

更にカフェインで言うと、

ねる前に飲むと目がさめてしまう傾向が高く、

睡眠時間が減る原因にもなります。

睡眠時間をきちんととる事は、

お肌にとーっても大事です。

お肌も身体と同様、おやすみをするのです。

良い睡眠がお肌の再生につながります。

そして食べ物は基本的に、

こってりした油の多い物は禁物です。

油物って‥‥美味しいですよね(笑)

けれども油分が多い料理は、肌あれの元です。

どうしても油を使って食べたいという時は、

油をエクストラバージンオリーブオイルに変えて

調理しましょう。

オリーブオイルには、ビタミンA、E、ポリフェノールなどの

有効成分が含まれており、

肌の老化をふせぐ、まさにアンチエイジング!

肌あれ対策にいい食品です。

秋野陽子さんは毎朝スプーン1杯、

オリーブオイルを飲んでいるそうです。

肌あれ対策・改善の大事な掟


肌荒れをきにする女性

肌あれ改善・対策に1番簡単で1番大事な掟があります。

週に1日はすっぴん、お化粧をしない事です。

働く女性は特に毎日お化粧は欠かせません。

身だしなみの1つですもの。仕方ないです。

だけど、お休みの日、週休2日ならば

1日はお化粧をしないで過ごして下さい!

毎日のお化粧は、肌に大きな負担をかけている事は間違いないです。

ふたをしてしまう事と同じことなので、

肌も呼吸をさせてあげる・休ませてあげる事が重要です。

そしてたっぷりの睡眠ですね。

身体の内臓も整えることは肌あれ対策にも良いし、

健康にもつながります。

サプリメントなどに頼らずに、

自然派で肌あれ改善は出来ます!

是非実践してみて下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です