恐怖!自分では気付かない買い物依存症!その治療方法?

スポンサードリンク

※このサイトの読者様から、投稿を頂きました〜!
美容やダイエットに詳しい女性です♪

私は今、現在30代半ばです。

30才になりたての頃ですかね‥‥

まさに、タイトルにもあります「買い物依存症」でした。

とにかく毎日、買い物していました。

仕事の提示終了時間に1度会社を出て、

デパート直行当たり前、みたいな感じです。

一旦買い物してから、

また職場に戻り遅くまで仕事したりしていました。

何の為の買い物なんだか、と今思い返すとぞっとします。

でもそれは自分では気づいていなかった、

ストレス解消の為の買い物だったのです。

と言いますのも、とにかく仕事が大好き、

仕事一筋でした(当時)。

本当に1日中デスクにかじりついて、

9時から18時が就労定時でしたが、18時以降はフレックス。

残業したい人はして下さいといった感じの職場でしたので、

夕食を済ませた後に戻ってくる人もいれば、

スポーツクラブに1時間程度行って戻ってくる人もいる。

そんな環境でした。

スポンサードリンク

しかし、大好きな仕事をやり過ぎ、

気づいてみると抱え込んでいる仕事の許容量が、

私の器をはるかに超えていました。

それでも挑戦的に(負けず嫌いです…)取り組んで、

なんとか自分でだけでやってみる!

とやる気満々。

そんな生活でしたので、

30才で男女の友人と遊んだり、飲みに行ったり等、

あの頃はほとんどなかったです。

仕事以外のメール、電話もそっちのけ。

仕事をしつつ、20時までにデパートに行かないと閉店してしまうので、

間に合う様に、タクシーまで使う事もありました。

今考えると、意味不明ですね。。。

そして買い物すると、満足感で店を去り、

会社に戻って買った物をみる事すらせずに、

深夜まで仕事をして帰宅してベットに倒れ込む感じです。

買い物依存症の症状に気づかされた時


びっくりする女性

1人暮らしの私の家に、母が唯一の休日、

日曜日に遊ぶに行きたいという事で、

久々に会う事になりました。

基本、私はきれい好きなので、掃除はささっと済ませ、

とりあえず午後のティーセットのお菓子を買いに、

またまたデパートです。

ケーキやら、和菓子やら買い込んで、

おまけにプレゼントの靴下や、小物も買い込んで家で待機しました。

やがて母はやって来て、

久々に会うだけに嬉しそうな顔をしたのですが、

家に入るなり豹変…驚きを隠せないという様子でした。

まず…

靴棚は備え付けのものでは全然足りなくなっていたので

(30足は入る物でしたが…)、

別にオーダーをした靴棚を取り付けて玄関に並べていました。

その数は100足以上は軽くありました。

3LDKだった各10畳の2部屋は、

衣装部屋とバック部屋に分かれており、

クローゼットと状態だったのですが、

その2部屋を見て、更に母は、私に言い放ちました。

「あなた、買い物依存症、病気だよ。

これ、まずい、買い過ぎだよ。」

その後も「やばいよ、やばいよ。」の連呼です

ちゃんと整理してある事が余計、

物をどれだけ買ってるか分かりやすすぎたのでしょう。

確かに、バックもほとんど高級ブランド物で、

数も100個くらい。

時計も鍵付きのショーケースにばばーっと並んでいたり、

洋服やスカーフといった物も、とにかくここは店か!

というってもおかしくない状態でした。

母曰く、買い物依存症だと思った決定的な事は、

・まず色違いで同じものを買い揃えている。

・日用品のストックもありすぎ。

(飲み物だったりトイレットペーパー、

シャンプー、トリートメント等)

部屋が…広いから…なんて通用はしません。

確かに、当時はお給料も固定+歩合で、とてもよかったです。

本当に安価な物から高価な物まで、

目に入っていいなと思えば、値段も見ないでばんばん買ってました。

ひどい時は、包装を開けないで1週間そのまま…なんて時もありました。

そして、常に寝る前にベットに横たわりながら、

スマホでネットサーフィンして、欲しいものをチェックしてました。

確かに、これは異常だ…

母にこっぴどく叱られ、

これではダメだと自分でも初めて気づいたのです。

買い物依存症からの離脱!治療法!


発狂する女性

さて、ここからが戦いです。

家族全員に私の買い物依存症は知り渡り、

とにかくすぐに買い物依存を離脱すべく、

母始め姉からのアドバイスを元に実践です。

これがなかなか辛いものなのですが。

私は以下の目標を立てました↓↓↓

・ストックは買わない。使い切る直前に買いに行く。

・仕事や日常生活のなかでストレスはないか?

買い物をする前に、見直す、考える。

・お金をお財布に沢山入れない。

・カードも1枚にまとめる。

カードも持っていますが、現金で全て買ってました。

私はお金が常にお財布に30万くらい入ってないと不安、

という事態にまで陥っていました。

しかも、カード4枚所持、たいして使用する事はないのに、

全てゴールドカードで、無駄な年会費を考えると意味がないです。

3枚は全て解約して、ポイントが貯まる、

マイレージが貯まる物だけ残しました。

これが1番大事。乗り越えて断捨離しましょう


洋服の断捨離

買いまくった物の中には絶対に、

使ってないもの、使わないものがあります。

分別して残す物は最小限に選別しましょう。

使わないものはリサイクルショップや人に譲ったりと、

効率よく断捨離しましょう。

これはかなり辛く、勇気のある行動ですが、

物への執着を捨てる努力です。

部屋もすっきりすると同時に心もスッキリします。

お金のかからない、かかってもジムだったり、

ヨガ、書道だったりの月会費制の趣味を作りましょう。

買い物依存とおさらばするのにいい方法として、

買い物以外の趣味・好きな事を探す、作る事です。

特に体や神経・精神が集中できるものがいいですよ!

その後の買い物依存症から離脱した私は…


快適な生活

笑っちゃうくらい節約家になりました。

いかにシンプルに生きる事が楽しくて、満足感が得られるか。

私は母の叱咤と断捨離、そして仕事は大幅に量を減らし、

規則正しい生活と趣味にウォーキングを取り入れ、

買い物依存症の治療、そして改善されました。

ストレスはなかなか自分では気づかないものです。

(※特に1人暮らしの場合は)

親族や、友人と時間を使って会う事も、

自分では気づかない事を気づかさせてくれますし、

家族なら遠慮なくがんがん指摘してくれるので、自分に響きます。

幸い、私は借金を抱えたりなどはしていませんが、

中にはカードを使いまくってローンが溜まって払いきれなくなる、

なんて方もいらっしゃいます。

そうなってしまう前に、

まずは心を落ち着かせて、よく自分の部屋や周りを見て下さい。

買い物依存症が改善されると、通帳を開く事が楽しみになりますよ!

今までの無駄は貯金となります!

是非、思い当たる方は治療法を実践して下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加