ビタミンCの過剰摂取に要注意!摂取量の上限はあるの?

スポンサードリンク

※このサイトの読者様から、投稿を頂きました〜!
美容やダイエットに詳しい女性です♪

お肌に良いと言われるビタミンCって、

一体1日にどれ位摂取すべきなの?

と正直思う所です。

摂ればとる程、いいものなのか?

それとも、摂りすぎても逆効果なのか?

等々を調べてみました。

まずは摂取量と上限です。

大体の目安ですが、

18歳~29歳の男女共に1日100㎎が基準・上限

とされています。

女性の場合で、

妊婦さんは、100㎎+10mg、

授乳中のママであれば、100㎎+50㎎

となります。

スポンサードリンク

摂取の仕方・食べ方や組合せ

お肌にもいいと言われるビタミンCですが、

ビタミンCは水に溶けやすく、熱にも弱い。

なので、摂取量・上限を知っても、

効率よく効果を狙うことが大切です。

食べ物で補う場合は、

火を通さずに、なるべく生で摂取できる方法を

取るようにしましょう。

例えば野菜ならば、

  • 赤ピーマン(170㎎)
  • パセリ(120㎎)
  • さつまいも(23㎎)
  • じゃがいも(21㎎)

なのですが、どれもサラダにして摂取できます。

芋類は、薄くスライスしても‥ちょっと生は‥という方。

火で焼いたり、茹でたり、ではなく、

調理法は出来るだけ蒸す、蒸して食べる様にしましょう。

成分がなるべく逃げない様にする調理法は、蒸す事です。

そして、食後にもビタミンCを摂取しましょう。

フルーツには、沢山ビタミンCが含まれています。

しかも生で最も食べやすい食品ではないでしょうか。

例えば苺には62㎎、みかんは30㎎、キウイフルーツ69㎎と、

豊富にビタミンCが詰まっています。

食事中は、ビタミンCをメインにサラダを摂取。

食後は、フルーツでビタミンCを摂取。

このパターンを毎食取り入れる事が、

良い組合せでもあるし、効果も大きいです。

ただ毎食摂りいれるのは結構難しいし、

面倒だな~、と思う方は、

手軽に摂れるアセロラジュース(120㎎)や、

サプリメントで補うのも1つの手ですね。

ビタミンCの体への影響


綺麗なボディーライン

ビタミンCは、体の細胞と細胞の間を結ぶ、

誰でも良く知っている、コラーゲンというたんぱく質を作るのに

超大事な成分なのです。

これにより、皮膚、粘膜の健康維持を作ってくれるのですね。

更に、風邪などの病気や、

ストレスへの抵抗・免疫力を強めてくれたり。

鉄の吸収を高めてくれる作用もあります。

ビタミンCは、

ストレスの多い人ほどきちんと摂る必要がある、

と言われている位です。

ここで言うストレスとは、

疲労や苦痛、心痛、睡眠不足など、

メンタル面・物理的な面のストレスを指します。

ビタミンCが不足すると、

寒さや細菌に対する抵抗力が下がったり、

免疫力も下がり、風邪をひきやすくなります。

また、骨の発育も不十分になります。

ビタミンCの欠乏症で壊血病

これは、コラーゲンが作られない為に、

細胞の結合が緩む事で起こる病。

血管や間接が弱くなる、歯茎など体内の各所で出血したり、

間接が痛む、といった症状を引き起こします。

ビタミンCの過剰摂取の要注意!


考える女の子

普通に食事をするのであれば、

ビタミンCでの過剰摂取は、あまり気にしなくても良いでしょう。

ビタミンCは水溶性。

体内に摂取しても、2~3時間で尿として排泄されてしまいます。

サプリメントで補うという方法も1つの手ではありますが、

サプリメントがいいからといって、

そればかりを過剰に摂取する事は危険です。

過剰摂取しすぎると、腎臓に負担がかかったり、

下痢をしたりといった副作用もあります。

個人差はありますが・・・

用法容量をきちんと守って、摂取する様にして下さい。

まとめ


喜ぶ女の子

ビタミンCは、自ら酸化させる事により、

活性酸素が細胞膜を酸化させて、

細胞に傷をつけたりする事を防いでくれたり、

守ってくれる、抗酸化作用も持っています。

細胞の老化や、心筋梗塞・動脈硬化・狭心症・ガン・白内障等は、

抗酸化ビタミンの摂取が、これらの症状には予防効果があります。

そして何より、

お肌の活性化、シミ・しわを防いでくれる大切な栄養素です。

口すっぱく記述してますが、

ビタミンCは水に溶けやすい、体内の潜伏期間が短いです。

1日3食の中で毎食、

サラダ・ジュース・フルーツなどを摂る事を意識し、

継続していけば、ビタミンCを蓄積させる事が出来ます。

「ちょっと面倒くさいな~」

なんて思っても、美容のために、健康のために、

実践・継続化していきましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です