1週間で4kg痩せる!?健康的に早く痩せる秘密の方法!

スポンサードリンク

暑くなってくると、半袖になるというだけでも、

春までは隠していた腕の太さとかが、

気になってしまいますよね〜。。。

そんな時に、急に友達から海水浴に誘われた!

意中の人も、参加するらしい!

緊急事態!

冬から春に蓄えた体型は見せられません!

夏にいつでも海、やプールに誘われても良いように、

カッコよく水着を着こなせる体系を手に入れましょう!

スポンサードリンク

即効性のあるダイエット

やっぱり出来れば時間をかけて、

無理せず痩せていきたいところ・・・

でも、そんなに時間をかけていられない!

そんな時、まずは1週間頑張ってみよう!

というダイエットがあります。

「オーバーナイトダイエット」

アメリカの医師が考えたダイエットで、

おおよその方が、初めの1週間で4kg落ちた

という実績があります。

筋肉は新陳代謝を高めるためにも、

健康でいるためにも重要なもの。

たんぱく質をちゃんと摂取することで、

痩せるために必要な筋肉を落とさないようにする。

だから、寝ている間もカロリー消費ができる

というダイエット方法です。

やり方としては、1週間の初日の食事を3食、

プロテインやスキムミルクなどのたんぱく質に、

果物や野菜などを組み合わせたスムージーにします。

また、スムージーを食べる曜日は、

毎週同じ曜日に設定します。

残りの6日間は、肉や魚をメインとして、

卵や乳製品、大豆系などの高たんぱくの食品を

取り入れた食事を食べるようにします。

食事の他には、ダイエットを目的とした運動は特に必要なく、

あとは約8時間ほどたっぷり寝れば良いだけ。

寝ている時に、食事で補充した筋肉が、

余分なカロリーを消費。

筋肉を減らさずに、きれいに痩せることが出来る、

というわけです。

なによりも重要なのは睡眠

睡眠が足りないと、食欲を刺激するホルモンが高まったり、

夜更かしをしてしまうと、若返りホルモンが

抑制されることがあります。

無理なダイエットが起こす問題


体調が悪い女性

厚生労働省や農林水産省では、

無理なダイエットによる問題としています。

急激に体重を減らしたり、必要以上に痩せすぎたりすると、

血液の糖が不足して、ミネラルなどのバランスが崩れます。

すると、脳や心臓の動きが悪くなることがあります。

鉄分不足や、それに伴う貧血は、

だるさや、身体が疲れやすくなったり、

といった自覚症状や、発育障害などももたらします。

月経のある20~40代の女性では、鉄は1日に10.5mg取ると、

不足のリスクが少なくなると考えられています。

ですが実際には、ほとんどの女性が不足していて、

月経がなくなると骨密度が低下して、

骨折しやすくなることもあります。

また、痩せ願望が深刻化すると、

神経性食欲不振症(拒食症)や過食症など、

摂食障害になってしまう恐れがあります。

摂食障害が慢性化してしまうと、無月経、低血圧や不整脈、

その他にも、多くの健康障害が出てきてしまいます。

適切な体重を理解して、

間違った痩せ願望を持たないようにしましょう!

減量のプロのダイエット論


指差し女性

ネット検索をしていると、プロボクサーの亀田興毅さんの、

「誰でもわかるダイエット講座」

という記事を見つけました。

ちょっと分かりにくいので、かい摘んで話しますね ^^;

ダイエットをするのであれば、

運動と、カロリー計算された食事制限をしながら、

長い目でやっていく必要がある。

日本人は体重を気にしがちだが、

無理に体重を落とすと健康的によくないので、

見た目をきれいにするカラダづくりを考える。

それには、筋肉をつけることと、カロリーコントロールが大切。

筋肉がつくと体重が増えるが、

筋肉をつけて運動していけば、脂肪が落ちて、

身体のラインがきれいになる。

筋肉を作るのは「高たんぱく、低カロリー」な食事。

  • 高たんぱく…鶏のささみ、大豆、はんぺん、マグロの赤身など。
  • 低カロリー…一番は野菜、栄養があってカロリーが少ない。

それから、納豆がおススメ。

人は1日何もしなくても、成人男性で1,400~1,500、

女性で1,100~1,300のエネルギーを消費している。

筋肉をつけることで、この基礎代謝をさらに上げる効果がある。

例えば、1,500キロカロリーの基礎代謝があれば、

1,500キロカロリーの食事を摂っても太らないということ。

基本的には、活動する朝と昼はガッツリ。

寝るだけの夜は控えめ

朝しっかり食べることで、脳も働き元気も出る。

1日何も口にしなければ、確かに脂肪は減ります。

ですが見た目をきれいにするカラダ作りのためには、

食べて、あまり無理しない程度の運動を続けていくことが一番。

ダイエットに欠かせない有酸素運動。

その中で推奨したいのは ジャンプ。

跳ぶたびに左右の手を交互に上に突き上げて、

背筋とお腹を伸ばす。

その時、ピーンと伸ばす動きがミソ。

これを3分間×2回で、十分な運動になる。

筋肉をしっかりと付けて、きちんと運動をして。

健康的になって、カロリーコントロールをしながら

しっかり食べること。

これが、正しいダイエットの基本。

美しいカラダ作りには、ある程度の時間が必要なので、

3か月とか半年とか期間を設定して、

明確な目標があると頑張れると思う。

他にも具体的に数字を上げて解説されていました。

正しいダイエットを志す方は、

いちど読んでみても面白いと思いますよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加