もしかして危険?!妊娠初期の風邪薬!赤ちゃんへの影響とは!

スポンサードリンク

妊娠していることが分かって、

幸せいっぱいですよね〜っ!

でも、特に不安もたくさんあるのが、

妊娠初期ではないでしょうか?

その心配事の一つは、妊娠初期の風邪!

今回は、

  • もしも妊娠初期に風邪をひいてしまったら?
  • 薬を服用して良いのか?
  • 薬を服用するときの注意点は?< /li>

などをお話ししますね〜。

スポンサードリンク

妊娠中の風邪薬の影響

『赤ちゃんへの影響があるから、風邪薬はダメ!』

なんて思っている方も、

たくさんいるんじゃないでしょうか?

確かに、赤ちゃんに影響がある薬もあります。

でも実際のところ、薬が原因で赤ちゃんに影響があり、

奇形児などが生まれる可能性は、

1万人に1人程度と言われています。

なので、薬を飲むこと自体が、

一概に赤ちゃんに影響を与えるとは言えません。

逆に、体調が悪いのにも関わらず、

薬を服用せずに苦しんでいる方が、

赤ちゃんへ影響を与えてしまう場合もあります。

ただ、どの薬が安全なのか?は、

やっぱり素人では分かりません。

ですので、お医者さんや薬剤師さんに相談する事

が大切ですよ。

妊娠初期の風邪薬 ~私の実体験~


すごく悩む

妊娠中でも、特に妊娠初期の妊娠4週〜15週目までは、

赤ちゃんのいろいろな器官ができあがる時期。

なので、より神経質になってしまう気持ちも分かります。

でも、

「妊娠していることに気づく前に、

薬を服用してしまっていた…」

なんて場合も少なくないでしょう。

私もその一人でした。

まだ生理予定日前後で、

まさか自分が妊娠しているとは思わず・・・

頭痛がひどかったので2、3日、

市販の薬を服用していました。

その後2週間ほどで妊娠が発覚し、

私自身、だいぶ焦りました ^^;

なんとなくの知識で、

「薬は赤ちゃんによくないもの!」

と思っていたからです。

でも、最初にも記した通り、

風邪薬の赤ちゃんへ影響する確率はかなり低いです。

それでもやっぱり心配で、

病院でも先生に確認したりしました。

でも先生にも、

『妊娠がわかる前の服用なら、赤ちゃんへの影響は少ない』

と言われ、安心したのをよく覚えています。

妊娠初期から不安なことはありましたが、

私の息子は無事に出産をすることができました。

今では4歳になり、元気に成長しています。

薬を服用する際の注意点


厳重注意

先ほどから、

「風邪薬の服用は赤ちゃんへの影響は少ない」

と紹介していますが、

影響が出る可能性が全くのゼロとは言えません

市販の薬の場合は、

『妊娠中、授乳中の方は服用を控えてください』

と書いてあるものは、避けた方が無難でしょう。

また、病院で処方される薬の場合は、必ず医師に、

『妊娠の可能性があること、妊娠していること』

を伝えましょう。

特に持病がある方の服用する薬は、市販の薬よりも、

赤ちゃんへ影響を与える可能性が上がることがあります。

なので、妊娠を希望しているときから、

主治医にその旨を伝えること。

薬の種類や量を変える等、調整してもらいましょう。

まとめ


妊娠初期

いかがでしたでしょうか?

私の実体験からも、

妊娠初期の風邪薬の服用による赤ちゃんへの影響は、

少ないと思われます。

でも、

「薬の服用が赤ちゃんへ影響が全くない」

とは言えません。

薬を服用したい場合には、

医師にしっかり確認を取ってから、服用するようにしましょうね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です