本当にその向きで大丈夫?正月の神棚の正しい飾り方

スポンサードリンク

お正月。・・・直前・・・

家に神棚があるけど、

どうお祀りしていいかわからない…

誰に聞いたらいいかもわからないし、困った!

そんな時のために!

神棚の祀り方、まとめてみましたよ〜♪

スポンサードリンク

神棚の祀り方は?

神棚は、目の高さ以上の高いところで、

南向き、あるいは東向きに設けられてあります。

また、上に部屋などがあり、神棚の上を歩くことがある場合、

「上には何もありませんよ」

という意味合いを込めた「雲」という字を

白い紙(奉書紙など)に書いて神棚の天井に貼ります。

神棚の設置場所として向かない場所

トイレと背中合わせになっている場所、

人が出入りするドアの上。

また、仏壇と同じ空間に設置しても問題ありませんが、

向かい合わせにするのは良くありません。

お正月神棚Q & A



Q.

いつ飾り付けしたらいいの?

A.

12月13日のすす払いが終わってからであれば

問題ありません。

ただ一般的には、クリスマス後の26日以降に飾るご家庭が

多いようです。

また、12月29日と31日を除いた吉日

掃除をして飾り付けましょう。

29日は「苦」につながるので、縁起が悪く、

31日は一夜飾りとされ、失礼に当たるとされているからです。

また、片づけるのは1月7日の

松の内が明けてからで大丈夫です。

Q.

お札は毎年変える?

A.

毎年変えるのが好ましいです。

古いお札はどんと焼きや、

お焚き上げしてもらうのが一般的です。

Q.

しめ縄はどこに飾るの?

A.

神棚の最上部に飾ります。

Q.

そもそも、しめ縄にはどんな意味があるの?

A.

「しめ」とは、神聖な場所と下界とを区切る結界

としての意味があります。

しめ縄は、神様をお迎えする正常な場所である、

という印でもあります。

また、しめ縄にも種類があり、

  • 大根注連(だいこんじめ)」
  • 少し細めの「ごぼうじめ」
  • 小さ目の「荒神」

などがあります。

Q.

しめ縄以外には何を飾ったらいい?

A.

普段お供えしているもののほかに、

  • お餅(鏡餅など)
  • お神酒
  • 灯明

などを備えるのが一般的です。

また、これらは一家の主人が務めるのが慣わしです。

まとめ



いかがでしたでしょうか?

お話しした神棚の飾り方は、

ごくごく一般的なもの。

地域によっても風習はかなり差があるので、

きちんとお祀りしたい場合は、

家の氏神様をお祀りしている神社で聞くと、

より地域に根ざしたお祀りの方法がわかるかと思います。

ただ、お祀りするのはあくまでも、

神様に喜んでいただくため。

なので、無理はしなくても、

「日ごろの感謝の気持ちが伝わればOK」

という考え方もあります。

もちろん作法も大切ですが、

ぜひ、日ごろの感謝の気持ちを込めて、

鏡餅やお花などをお供えしてみてはいかがでしょうか♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加