意外と短い制限時間!?神戸マラソンを時間内に完走するには!

スポンサードリンク

一時期から、急激に注目されだしたマラソン。

「ここ最近、運動不足だし、

思い切ってマラソン大会に挑戦してみよう!」

なんて少し考えているあなた!

「でも、いきなり参加するのも怖いし。。。」

「完走なんて、とてもとても。。。」

不安ですよね〜

今回は、そんなマラソン大会の中から

「神戸マラソン大会」についてご紹介しちゃいます!

スポンサードリンク

制限時間って意外と短い!?

ちなみに、神戸マラソンの制限時間はこちらになります。

  • フルマラソン(42.195㎞)…7時間
  • クォーターマラソン(10.6㎞)…1.5時間

これだけ見ると、

けっこう時間に余裕があるように感じますが…

気になる完走率は?(2014年データ)

  • フルマラソン…97.8%
  • クォーター…97.9%

おお!完走率は高いですね!

もちろん、

きちんとしたトレーニングは必要になりますが、

頑張れば完走できそうな気がしてきます!(笑)

時間配分はどうしたらいいの?


何と言っても、

ペース配分命!

になるわけですが、これが結構難しい…。

特に、マラソン初挑戦だと、

見当もつかないですよね?

ですが、神戸マラソンでは、

紙で出来たリストバンドがもらえます。

このリストバンドには、

kmと目標を書き込めるようになっています。

タイム表を見ながら、

だいたいの目標を書き込んで腕に巻けば!

ある程度のタイムテーブルを把握することができますね。

開始前にぜひ!書き込むようにしてみてくださいね〜

安心して参加ができる理由の一つですね^^

制限時間内に完走するコツ!


とっても簡単ではありますが、

4つのコツをご紹介します。

  1. 上下運動は極力しない
  2. ~だけ走りはしない
  3. 水分・エネルギー補給は充分に
  4. 心で負けない

まず、1. についてですが、

足への負担を極力減らすためにも、

上下運動はなるべくしないように気を付けましょう。

2. の~だけ走りとは、

「腕だけ」「足だけ」を使って走らないことを

指しています。

足、腰、腕全てを一体として、

体全体で走るようにします。

3. 水分・エネルギー補給は

時間のロスになるからと言って、おざなりにすると

後で痛い目にあいます。

水分はしっかりと摂るようにしてください。

4. 心で負けないですが、

走る距離も長く、疲労感も半端ではありません。

気持ちで負けてしまうと、

一気に走れなくなってしまいます。

なので、

「絶対に完走するぞ!」という気持ち

常に持ち続けるようにしましょう!

日常からできるトレーニング


とにかく焦らず、じっくり準備することが大切です。

初心者で運動不足が気になる方は、

思い切って1年くらいかけて準備するのがベスト!

体を壊さないためにも、

コツコツとじっくり準備しましょう。

まずは、日常生活で歩く習慣を作ることが大切です。

いきなり走ることを考えるのではなく、

体を慣れさせるところから初めていきましょう。

また、体を痛めないようにするためにも、

走るときには、必ず、

  • 専用のシューズ
  • ウェア
  • 靴下

を着用するようにしてください。

特にウェアは、

季節に合ったものをセレクトすることが大切です。

一歩間違えたら、脱水症状などで倒れてしまうので、

気を付けましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

完走できるような気持ちになってきませんか?

しっかりと、事前に準備をしておけば、

絶対に完走できます。

もしかしたら、すごい記録を残せるかもしれません(笑)

頑張ってくださいね〜!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です