花粉症が喘息を誘発させる!?咳で苦しい時の対策方法とは?

スポンサードリンク

いよいよやってくる花粉症の季節!

花粉症になると、咳が止まらなくてツラいし、

周りにも迷惑だし・・・

どうしたら予防できるのか悩みますよね〜。

そもそも、この咳は花粉症が原因なのか?

それすらも分からないくらいツラいので、

喘息のことも視野にいれて、予防していきたいと思っています。

スポンサードリンク

花粉症で咳が出る原因って?

花粉症で咳が出る原因として考えられるのは、

花粉が喉に付着してアレルギー反応を起こしてしまう事。

喉は異物を感じると、外に出そうとします。

その方法が咳。

他には、鼻が詰まってしまって口呼吸をすると、

唾液を少なくなり、喉が乾燥してしまい・・・

そのせいで咳が出ることも考えられます。

これが原因での咳って、意外と多いんですよ!

一度、意識してみてください。

また、鼻水が出る人は、喉の方にも流れ込んでしまい、

痰の原因にもなって、咳が出ることがあります。

花粉症の症状は風邪にも似ているので、

「熱があるかないか?」

とか、

「目がかゆいかどうか?」

といった症状で、風邪と区別してみてください。

咳が止まらない時どうしたら良いの?


咳が出て、止まらなくてツラい時。

咳の止め方を知っていれば、少しは楽になります。

喉が乾燥していることが原因なら、

マスクをつけるのが手っ取り早いです。

そして、喉を潤すために水分を取るか、のどあめをなめる。

これが一番オーソドックスな方法かと思います。

あとは、水分補給をする時も、

冷たいものより、温かい飲み物の方が、

蒸気もあるので喉をうるおしてくれます。

わたしは以前は、「炎症を抑えるため」と思って、

冷たい飲み物を飲んでしまっていました。。。

逆だったんですね〜^^;

そして屋内にいるなら、加湿器は必需品

とにかく乾燥を防ぐ努力を自分でしていかないと、

辛い咳が始まってしまいます。

加湿器は、空気中に舞っている花粉を

下に落とす効果もあります。

花粉症が原因での咳や喘息だけじゃなく、

花粉症でのくしゃみなども、抑えてくれますよ。

空気清浄機機能があれば、完璧ですね!

それと、咳は出来るだけ頑張って抑える事

重要です。

なぜかと言うと、咳を強くしてしまい、喉を痛めてしまうと

かえって症状が悪化してしまうからなんです。

腹筋がかなり疲れますけど、頑張って〜(笑)

殺菌作用のある蜂蜜を舐めるとか、

ハチミツレモン水を飲むとかも、咳止めの効果があります。

咳の予防でできる事


まず、咳の出はじめとかに、

なるべく炎症が酷くならないようにしたいです。

意外と簡単な方法として、

1日に10回以上うがいをすること。

かなりの効果があるし、いつでも、誰でもできますよね。

そしてやっぱり、定期的に喉を潤すことが重要!

薬を飲むことも1つの手ですが、咳止めの一般薬の他に、

漢方薬の小青竜湯とか、葛根湯なども効果が期待できます。

薬は、薬剤師さんやお医者さんに相談してから、

薬局で、症状に合ったものを購入しましょう。

まとめ


それと、気をつけないといけないこと。

アレルギーがある人は、喘息になりやすいです。

なので、咳があまりにも長引いた場合には、

早めに呼吸器科を受診して、治療をしてください。

花粉症だからと甘く見ていては、

辛い日々を送ることになってしまいます!

下手をすると、数ヶ月にも渡って咳が止まらない、

なんて事も・・・

辛い日々を送らないためにも、

乾燥を極力防ぎ、ひどい場合は病院へ行きましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加