安産するには必須かも!臨月に運動する重要性や注意点とは?

スポンサードリンク

待望の赤ちゃんに恵まれた友人から、

臨月間近になって相談されました。

「どうやって運動をした方がいいのか・・・?」

「そもそも、運動しても良いのかな〜・・・?」

ですよねー。

運動と言われても、走れるわけでもなし。

「何をしたら良いの?」

って人、私の周りにもけっこういます。

ですので、調べちゃいました。

スポンサードリンク

臨月の時に運動する必要性

見た目から重たそうな臨月の妊婦さんですが、

「出来るだけ運動するように」

と、お医者さんから言われます。

運動で子宮口を開きやすくして、

股関節を柔らかくする事。

と、出産のため、産後のための

体力をつけておく必要があるからです。

妊娠初期などは運動をしないよう言われますが、

産む日が近づけば、次に待ってるのは子育てですからね〜。

かなり体力を使いますから、

やはり軽くでも、運動はしといた方が良いんですね。

それに子宮口が開きやすいってことは安産につながるし、

妊娠中は、血流とかが悪くなってむくみやすい事も、

運動をすることで解消されるんですね〜。

どんな運動をすれば良いの?


運動と言われても、

「赤ちゃんのためによい運動とか?」

「やってはいけない事とか?」

ちゃんと調べておかないとですよね。

基本的には、普段の生活で

億劫になりがちな動きをすることが、

運動につながっています。

たとえば、近距離なら車を使わずに、

歩いて買物に行くとか。

雑巾がけとか、階段の上り下りとかです。

ただ、階段の上り下りは注意してください!

足元が見えないのでゆっくり、慎重に・・・

歩いて買い物も、ちゃんと実践すれば、

けっこう良い運動になります。

普段は見ない景色を見ることは、

気分転換にもなりますよね〜♪

マタニティスイミングとか、

マタニティヨガなんかもあります。

有酸素運動が身体には良いので、

手軽に取り入れてみるのも1つの手です。

ウォーキングも、有酸素運動ですね。

運動することで安産体質になれば、助かりますよね。

運動する時に注意することって?


妊娠前から、習慣的に身体を動かしている人は

大丈夫なんですけど、

「実は、妊娠前から運動不足でした」

という人は、特に気をつけないとですね。

「運動した方が良い」と言われても、

過度な運動、危険な運動は厳禁です。

ジャンプすること、

たとえば縄跳びとかは絶対にダメです。

また、転倒などの恐れがあるサイクリングや、

ボールが当たってしまうバレーボールなどもNGです。

よく考えればわかることですが、

以前やってたから慣れてるしと言っても危険なので、

絶対にやらないでくださいね!

あとは、運動する時の季節にもよりますが、

真夏は熱中症の危険があります。

真冬は冷え過ぎて赤ちゃんに影響が出ることもあります。

ですので、環境を整えることも必要です。

まとめ


夏は朝の涼しい時間、冬は昼間の温かい時間、など、

自分でコントロールして運動しましょう。

散歩だけでも、重たい身体にとっては

けっこうな運動量になります。

無理のない範囲で、疲れが出ないように。

赤ちゃんに負担がかからないように

運動することが大切です。

臨月の重たい身体でも、軽い運動をして

安産を目指しましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加