扇子の伝統は舞だけじゃない!投扇興ってご存知ですか?

スポンサードリンク

粋でお洒落な着物を誂えたら、

合わせた扇子を持たなくちゃ!

って事で前回、浅草での扇子の名入れ

お話をしました。

今回は、扇子を使った昔からの遊びを

ご紹介します。

スポンサードリンク

投扇興(とうせんきょう)ってご存知ですか?

日本の伝統的対戦型ゲーム!?

と言って良いと思います(笑)

桐箱の台の上に立てられた、

「蝶」と呼ばれる“的”に向かって、扇を投げます。

その「扇」「蝶」「枕」の3つによって作られる形を、

源氏物語や百人一首になぞられた、

“点式”にそって採点して、その得点を競うわけです。

投扇興の起こりは、

江戸時代の中期の頃の京都だとされています。

中国伝来の投壺(とうこ)という遊びを

誰でも手軽に遊べるものにアレンジしたのが、投扇興。

一時は庶民の間で大流行したそうです。

その後、衰退していった投扇興は、

戦後になって復古されました。

現在は、大小のさまざまな団体が、

それぞれ独自のルールや形式を用いて、活動しています。

またマスメディアによって、度々取り上げられて、

認知度もかなり上がってきています。

テレビとかで観たことがある人も、多いと思います。

一見すると優雅そう・・・

ですが、いざやってみると絶対“熱く”なりますよね!

投扇興を知ってみよう

587c0859751faf0392936d2c5a931958_s

❖蝶

的のこと。

イチョウの葉の形で、布張りの、

両脇に鈴を垂らした的が一般的。

下には五円玉数枚を入れた錘(おもり)がついている。

9×9cm程度。

❖枕

的を乗せる台のこと。

主に桐材。

17.5×9×9cm程度

❖扇

投扇興専用の規格で作られたものを

用いることが多い。

老舗の扇屋さんである、宮脇賣扇庵の扇や、

其扇流と、その支流でもちいる扇は、

閉じた時の長さが約25cm、

開くと幅が約40cmほどの、

8本の骨の扇を用いています。

これに対して、戸羽流や御扇流は、

骨10本か、あるいは12本の扇を用いています。

流派としては、

  • 其扇流(きせんりゅう)
  • 御扇流(みせんりゅう)
  • 都御流(みやこおんりゅう)
  • 戸羽流(とわりゅう)

が有名で、その数は数十はあるらしいです。

まとめ

1759ca333dede0610ecb6268f55c68d8_s

貴族の遊びかと思ったら、

実は庶民の遊びだったんですね〜

今やっても、楽しい事は間違いないでしょう。

「投扇興って知ってる?」

話のネタにも、面白いかもしれません。

ゼヒ一度、やってみたいですよね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加