クリスマスソングといえば!洋楽10選でパーティ用アルバム作成!

スポンサードリンク

11月に入ってしばらくすると、

街はクリスマス準備が始まります。

10年ほど前までは、

12月に入ってから・・・って感じだったんですけど^^;

寒い季節の始まりですけど、

いくつになってもクリスマスって

ワクワクしますよね♪

流れてくるBGMも、

クリスマス気分を盛り上げてくれます。

そんなクリスマス。

家でおしゃれなパーティーを企画するなら、

やっぱり洋楽は必須でしょう。

ってことで、パーティにピッタリ♪

おすすめ洋楽クリスマスソング、

トップ10をご紹介しましょう!

スポンサードリンク

絶対外さない!クリスマスソングの洋楽ランキング!

⑩ラスト・クリスマス:テイラー スウィフト

今の歌姫の一人である、テイラー・スウィフトによる、

ワム!のカバーソング。

オリジナルが素晴らしいですが、

負けないほどのレベルで歌い上げているところは、

さすがというところか・・・

⑨ ラスト・クリスマス:ワム!

いろいろなアーティストにカバーされている、

定番中の定番クシルマスソング。

1984年のクリスマスに合わせて発売されました。

ちなみに、失恋をテーマにしているんです^^;

⑧ 恋人たちのクリスマス:マライア・キャリー

日本で「マライア・キャリーと言えば!」と言われるほど、

マライアを有名にした曲。

1994年に発売されたんですが、

クリスマスになると、いまだに上位に食い込む凄い曲。

⑦ ザ・クリスマス・ソング:ナット・キング・コール

かなり古い曲がランクインしました。

初めての録音は、1944 年ですが、

1961年に、一気に世間に知れ渡った曲です。

⑥ クリスマス・タイム:ブライアン・アダムス

1985年にリリース。

クリスマスソングの隠れた名曲とも言われている曲です。

アルバムには未収録なので、シングルにはプレミア価格が付いているという。。。

⑤ライフ・イン・ア・ノーザン・タウン:ドリーム・アカデミー

イギリスのバンド、ドリーム・アカデミーが

1986年に発売した曲。

クリスマスソングではありませんが、

まったりとした、独特な曲調は、

大人のクリスマスソングにはピッタリでしょう。

④ ワンダフル・クリスマスタイム:ポール・マッカートニー

ご存知、大御所のポール・マッカートニーの

クリスマスソング。

1979年と、意外と古い!

でも、誰もが聞いたことあることは、

間違いないでしょう。

③ドライヴィング・ホーム・フォー・クリスマス:クリス・レア

日本では、あまり知られていないクリス・レア。

ですがこの曲だけは、聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

テレビやラジオで、常にどこかで流れています。

②ホワイト・クリスマス:ビング・クロスビー

なんと1941年発表という、

非常に古い曲。

でも、子供から大人まで、

みんなが聞いたことがあるはずの名曲でしょう。

子供は眠くなってしまうかも・・・?^^;

① ハッピー・クリスマス(戦争は終った):ジョン・レノン & ヨーコ・オノ

ジョンとヨーコの、

1971年に発表されたクリスマスソング。

クリスマスソングですが、

「争い」や「戦争」に対して、

強烈なメッセージを打ち出しているという・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

下位には最近の曲、

上位には、昔ながらの名曲が入りました。

知らない曲も、けっこうあったんじゃないでしょうか??

今の曲から昔の曲まで、

年代全てを網羅しています。

これらの曲をシャッフルで流しても良いかもしれませんね♪

楽しいクリスマスパーティを♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加