妊娠時の運動不足は危険!マタニティヨガなら自宅でも出来る

スポンサードリンク

妊娠5ヶ月。

妊娠当初のひどいつわりもマシになっても、

なかなかやる気が起きない事だけは、

なかなかマシになりませんよね〜^^;

家事を済ませて、買い物に出掛け、お昼寝をし…、

何もしない内に夕食の支度の時間になってしまう。

もしかして、運動不足が原因かも!

ということで今回は、自宅で出来るマタニティヨガについて

お話ししたいと思います。

スポンサードリンク

マタニティヨガは安産に効果的!

妊娠してから、家事以外には

ほとんど運動していないんじゃないですか?

お医者さんからも、定期検診の時に

運動を勧められていませんか??

運動しないと、体重が必要以上に増えてしまって、

お産のときに大変になってしまいます。

妊娠するだけで、運動不足や体調不良、

ストレスなどの悩みが多くなりがちですよね…。

妊婦さん独特の悩みの解消法としてオススメなのが、

マタニティヨガ。

マタニティヨガの安産効果をアップするには?

  • 産前産後の体調不良の防止
  • 妊娠中の体重の増加防止
  • リラックス効果
  • 安全な出産
  • 産後の肥満防止

などの効果が認められています。

マタニティヨガをする事で、

妊娠してからは、あまり動かさなくなっている身体が

柔軟に動くようになって、運動不足も解消されます。

妊娠中ってストレスもたまりやすくなりますよね。

妊娠前は気にならなかった旦那さんの行動や発言・・・(笑)

マタニティヨガをすると、少し気が楽になって、

解消してくれる効果があるんです。

妊婦さんの身体には、かなり負担が掛かるので、

貧血や、不自然な姿勢になりがち。

腰痛や腹痛、むくみを感じる人も多いです。

マタニティヨガを、毎日少しで良いので続ける事で、

体調不良や姿勢の改善にもつながります。

妊娠中には、

「二人分食べないと!」

と思って、食べ過ぎてしまう事もあります。

適度な運動をする事で、必要以上の食欲もコントロール

正常な体重を維持する事が出来ます。

マタニティヨガをすると、

赤ちゃんの胎動も感じやすくなるので、

ママとしての感覚も目覚めてきますよね。

マタニティヨガを継続すると、柔軟な身体になり、

出産時には骨盤が開きやすくなり、

楽なお産が期待できます。

また、出産後にも、通常より早く、

正常な骨盤に戻りやすいと言われているんですよ。

骨盤だけじゃなく、身体の基礎代謝を高めてくれるので、

妊娠前の体型にも、早く戻りやすいんです。

注意する点は…、

マタニティヨガを始めようと思ったら、

まずは主治医の先生と相談してください。

安定期を過ぎて、体調を見ながら始めて下さいね。

その他に、

  • 妊娠初期
  • 貧血時
  • お腹の張りを感じた時

にはお休みする事。

そして、必ずヨガマットを敷いてから始めて下さいね。

マタニティヨガはいつからいつまで出来るの?

始める時期は、

妊娠前の運動量など個人差があるので、

一概には言えないんですけど…、

だいたい妊娠5ヶ月が目安です。

つわりがマシになってくるので、

少し活動しやすくなってくる時期ですね。

妊娠中期に入ると、

徐々に身体が思う様に動けなくなってきます。

意識をしないと、どうしても運動量が

少なくなってきてしまいます。

妊娠中期に無理のないマタニティヨガを始めて、

妊娠後期になると、毎日のお散歩の量を増やすようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です