急な結婚式!?男性出席者が気をつける服装とは?

スポンサードリンク

初めて、友人の結婚式に呼ばれると。
服装に困ってしまいます。

  • スーツの色や柄はどうしよう・・・
  • ブラックスーツじゃないとダメ??
  • 流行のシルエットでも良いの?
  • 上司も来るし、失礼が無いようにしないと・・・

そうなんです。

二次会や三次会とは違い、
結婚式や披露宴には、年配の方もたくさん出席しています。

もし、基本的なマナーを知らなかったりしたら、
新郎新婦にも申し訳が立たないですよね・・・

こんな時の為に、
結婚式や披露宴に参列する時の服装マナーを調べてみました。

結婚式や披露宴に出席する時の服装

出席する立場で意識する服装

結婚式の主役は、やはり新郎と新婦。

出席者は、この主役であるお二人の事を考えて、
服装を意識しなければいけません。

とは言っても、そんなに難しい事ではなく、
失礼の無いようにオシャレを楽しもうという事。

では、3つの立場で考えてみましょう!!

スポンサードリンク

新郎新婦の友人、知人として出席の場合

基本はやはり、ブラックスーツにシルバータイやホワイトタイ

タイとは、ネクタイの事。

最近では、ブルーやピンクなどのカラーシャツやネクタイにする人も増えています

新郎新婦の親族に対して、
少し、オシャレで華やかな友人関係を演出する事が出来ます。

夫婦で出席する場合

装飾など、部分的に色を合わせる
品が良く落ちついて見えます。

そして、夫婦で格式は合わせるようにしましょう。

どうしても、男性はスーツを着用するので、
奥様の方も、あるていどは見栄えがするドレスを着用する必要があります。

わたしの以前の妻は、一度びっくりする服装で来た事があります。

結婚式場前で待ち合わせをしたのですが、

「今から会社に行くのか?」

というような、ドレスとは言えない綿のワンピース、
その上に、1,000円くらいの安物ネックレスを付けただけ。

慌てて、近くのお店に無理矢理連れて行って、
着替えてもらいました・・・

新郎新婦の上司、先輩として出席の場合

上司や先輩として出席する場合は、
新郎新婦の親族からは、会社としての品格を見られてしまいます。

ですので、正装で出席しなければいけません

特に、スピーチを頼まれた場合は、
必ず準礼装であるブラックスーツを着用しましょう。

&nbsp

年代別、服装の傾向



一昔前であれば、ブラックスーツじゃなければ

「なんだ!あのチャラチャラした服装は!!」

なんて事になっていましたが。

そのチャラチャラした世代の年齢が上がってくるにつれて、
最近では色々な服装が受け入れられるようになりました。

傾向としては、だいたい40歳が境目になっています。

10代~30代だと、カラーシャツやカラーネクタイを取り入れたり、
ポケットチーフなどでオシャレ感を出している人も多いです。

スーツも、チャコールグレーや濃紺などの、
ダークスーツを選ぶ方も増えてきています。

40代以降の方だと、やはりブラックスーツに白、グレーのネクタイ。

50代を超えてくると、ダブルのブラックスーツの方もいらっしゃいますね。

ちなみにわたしは、その『チャラチャラした世代』の30代中盤です。

結婚式や披露宴、服装の注意点

始めに話したように、結婚式や披露宴には、年配の方もたくさん出席しています。

ですので、あまりカジュアルなスーツや色は、避けた方が無難でしょう。

グレーのスーツや茶系のスーツだと、
どうしてもビジネススーツのイメージがあります。

教会や結婚式場などのような場には、
やはり似つかわしくはありません。

このような色や服装は、レストランウエディングのような
カジュアルな結婚式だけにしておきましょう。

小物で品良くオシャレ感を演出しよう

年齢問わず受け入れられる、さりげない小物を使った演出はオススメです。

最近では、ポケットチーフを使う人も増えてきました。

ここからもう一歩、他の人とは違うオシャレを意識するには。

ポケットチーフを、少し人とは違う折り方をしてみては如何でしょうか?

色々な折り方がありますので、↓ こちら ↓ をご参考下さいね。

⇒ 男を上げる ~これが出来れば上級者 チーフの使い方~

あとは、カフリンクス使い
カフスピンとも言います。

カフリンクスを止められるシャツを購入しなければいけませんが、
カフリンクスを使っているオシャレな人は、
まだまだ少ないのでオススメです。

カフスを折り返して、二重になる「フレンチカフス」というシャツだと、
さりげないゴージャス感とオシャレ感で、
他の参加者とは一線を画す事が出来ます。

少し恥ずかしければ、折り返しが無い一重のカフスでも、
まったく問題ありません。

「シャツもカフリンクスも、買うのは高いな・・」

と思ったあなたには、こちらがオススメ。

⇒ メーカーズシャツ鎌倉

高品質の日本製が、安い値段で購入する事が出来ますよ。

セレクトショップで買うよりも品質が良いと、
アパレル業界でも有名ですね。

豆知識



ブラックスーツとは?

ブラックスーツとは、黒色で無地のスーツの総称

そして、冠婚葬祭の礼装用に仕立てられたスーツの事を言います。

ブラックスーツは略礼服、昼夜問わず着用する事が出来る、
汎用性の高い服装です。

欧米ほど服装に厳しくない日本では、
年齢問わず、このブラックスーツを着用すれば、
間違いは無いでしょう。

ちなみに、ダークスーツとは、
濃紺やダークグレーのスーツの事。

濃色ピンストライプや、シャドウストライプのような、
目立たないくらいの柄であれば、問題ありません。

格式は、日本であれば、ブラックスーツでもダークスーツでも同等です。

ただし地方では、ダークスーツを礼装とはみなしてくれないお年寄りも
まだまだいらっしゃいます。

やはり、ブラックスーツを着用すれば
どのような場でも失礼にはあたらないでしょう。

「参列」と「出席」の違い

結婚式には、「参列」と「出席」、
どちらを使うのが正しいのでしょうか?

答えは「出席」です。

出席は、招待状などを出して、ある程度の人数が確定し、
座席やお土産などの準備が出来る催し物に対して使います。

参列とは、人数が確定していない催し物に対して使う言葉。

お葬式には、参列を使います。

そして参列には、少ーし、へりくだった意味が入っています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加