結婚式のシャツの色は?どんなデザインは良い?男性の礼装マナーとは?

スポンサードリンク

気にしない人からすると、どんなシャツでも同じに見えてしまう・・

が、おしゃれな人が着ていると、何かが違う。

それにはちゃんと、理由があります。

女性の洋服だと、デザインやシルエットが様々なので、
一目で違いが分かる事は多い。

男性用の洋服は、パッと見ただけじゃ、そんなに違いが分からない。

が、細かな部分が色々と違う

この少しの違いがおしゃれというもの。

その中でも、スーツなどに合わせるシャツは、
中に着用するものなので、あまり違いが分からない。

ちらりと見える部分で違いを出す。

シャツの色、どんなマナーがあるの?

結婚式では、フォーマルな服装が基本です。

フォーマルの基本は、やっぱり白。
ですので、白のシャツを着用するようにしましょう。

披露宴も、結婚式からそのまま出席する事が多いので、
白シャツ着用が基本です。

結婚式や披露宴には出席しないで、
二次会以降から出席

この場合は、カラーシャツを着用しても問題ありません

ただし、淡い色合いのシャツを選ぶようにしましょう。
激しい色のシャツはやめましょう。

イレギュラーとして、カフェを貸し切っての披露宴のような、
カジュアルな場合のみ、カラーシャツを着用する事は許されます。

スポンサードリンク

柄入りのシャツは着用して良いの?

基本的には、白の無地。

ですが、近くで見てみないと分からないような、
同系色での織柄の生地なら、非常におしゃれ

↓ これ ↓ は、私のシャツの柄です。

織り柄のストライプ。

ダイヤ柄なんかも、オシャレで気品があって、
女性には好感度が高いですよ。

見た目は無地、分かる人には分かるというさりげないおしゃれは、
出席している独身女性はチェックしていますよ。

実は衿にもデザインが!!

シャツのおしゃれで一番のポイントと言えば、
衿のデザインです。

基本はレギュラーカラー。

結婚式であれば、レギュラーカラーを選んでおけば、
まず間違いは無いでしょう。

このデザインは、ビジネスからフォーマルまで、
どんなシーンでも着用が出来ます。

ここ数年、人気が上がっているデザインは、
ワイドカラーです。

このデザインは、羽衿の開きが、レギュラーカラーよりも広いので、
首回りがスッキリと見えます。

スーツの堅苦しい印象が、少しやわらぐので、
20代くらいの若い人には人気のデザインです。

そして、タキシードにはやはり、ウイングカラーです。

このデザインは、普段は着用しませんね。

完全にフォーマル用なので、チャレンジすれば
周囲の注目を集められるかもしれません。

カフスのデザインで差をつけよう!

急な結婚式!?男性出席者が気をつける服装とは?でも話しましたが、
日本ではまだまだ意識されていないカフスのおしゃれ。

普通は、こんなカフスの人が多いと思います。

それを、こんなカフスに変えてみて下さい。

これだけで、オシャレになりますね。

写真のカフリンクスは、ゴールドの色ですが、
結婚式では、白の石が入ったカフリンクスにして下さい。

まず、普通の結婚式では、
他の人とかぶる事は無いでしょう

私は仕事柄、アパレル系の友人が多く、
アパレル系の人が集まる結婚式に出席する機会が多い。

去年結婚した友人は、日本でも有数のスーツの会社で働いています。

その結婚式でも、カフリンクスを着用してきた人は
スーツ業界でも有名な二人の方だけでした。

私のおすすめ、是非チャレンジしてみて下さいね。

如何でしょうか?

一言でシャツと言っても、結婚式や披露宴に来ていくシャツは、
会社に来ていくようなビジネスシャツとは違います。

この事を分かっているかどうかで、
結婚式での服装マナーを理解しているかどうか、
周囲の人から見られています。

特に一番してはいけない事は、清潔感を感じられないシャツでの出席。

  • アイロンが出来ておらず、シワでヨレてしまっている
  • 糊付けされておらず、ハリが無い
  • 衿や袖口の汚れ
  • ボタンが取れかかっている

これらの事は、当たり前のようですが、
直前まで放置しがちな事。

周囲からあなたへの印象は、清潔感で大きく変わってきます。
この基本的な事だけでも、必ず準備をしてから出席するようにして下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です