自分で気づいていないかも?口臭が酷い原因は胃の対策が重要

スポンサードリンク

口臭、気になりませんか?

30歳を超えてくると、仕方がないとは思ってはいても、

やっぱりショック!

しかも自分で気になるって事は、

周囲の人にもバレているはず。。。

特に朝目覚めた時。

ぐっすりと眠った朝の目覚めは、

スッキリと始まるのが普通ですけど、

目覚めの始めに感じるのが自分の口臭なんて、

一日の始まりとしては最悪です。

夜寝る前にはしっかりと、かなり念入りに歯磨きをしても、

朝起きた時の口臭って、まったく消えてくれません。

毎朝が憂鬱になってしまいます。

今回は、口臭の原因や予防法について、

お話ししましょう!

スポンサードリンク

まずは一般的な口臭の原因を知って対策をしよう

念入りに歯磨きをしても、

「自分でも分かるくらい、口臭がきつい!」

これは何か、身体に原因があるんでしょうか?

口臭は、

  • 歯槽膿漏
  • 虫歯
  • 歯石
  • 歯垢

を放置している事が、一番多い原因です。

ただし、口ではなく、

臭いの元が胃からという場合もあります。

そんな時は、いくら丁寧に口のメンテナンスをしても、

口臭を治す事は出来ません。

もし胃腸炎を持っている場合には、

食生活や、その他の生活習慣を見直してみてください。

暴飲暴食を控えて、身体を休める事で、

口臭も治まってきます。

その他には、ストレス、喫煙、飲酒なども、

口臭の原因にもなります。

いつも胃の粘膜が疲れている状態になって、

口臭として、症状が現れる事もあります。

口臭は、生活の乱れや体内の乱れを表す

指標にもなっているんですね!

胃潰瘍の場合にも、口臭として表れる場合もあります。

胃潰瘍になると、胃酸が必要以上に出てしまいます。

胃の粘膜や表面がただれて、

かなり胃がダメージを受けてしまうので、

口臭が発生してしまうんです。

口臭の原因が胃腸なの?その仕組みを知ろう

胃が口臭の原因になることはありますが、

食堂と気管は、体内の構造が全く違っているので、

ゲップなどのように、胃から直接出るもの以外に

臭いはありません。

ゲップが多い、気になると言う場合には、

「呑気症(どんきしょう)」の可能性が高いかも知れません。

呑気症

食事中等に必要以上に空気を飲んでしまう事。

食事後や会話中に胃に溜まって、ゲップとして排出されます。

呑気症は、ガムや炭酸飲料も大きな影響があります。

その他にも、急性胃腸炎や胃潰瘍も、

口臭の原因になってきます。

急性胃腸炎

嗜好品として激辛な物や、強い薬等を使用した場合に

起こる場合があります。

また、過度なストレスで起こる事もあります。

胃潰瘍

こちらもストレスが主な原因となります。

他にも、喫煙、飲酒、特に胃の中にピロリ菌を持っている事も、

大きな原因といわれています。

口の中が原因じゃなく、ストレスもあまり感じていない場合には、

一度、消化器内科でピロリ菌検査をしてみてくださいね。

まとめ

口臭に付いては、口の中に問題がある場合だったり、

内臓に問題があったりと、いろいろな事が原因になっています。

老若男女、どんな人でも多かれ少なかれ、

口臭はあるので、必要以上に気にする事はありません。

ですが、周りの人に感じられるほど、

ましてや自分自身でも気になるほどの

酷い臭いの場合には要注意!

日常の生活をおくるにも、

かなり支障が出てきてしまいます。

人と話をしている時にも、あまり口を開けられなかったり、

自分で気づいていないとしても、

相手に不快感を与えている場合も・・・

口臭予防、早めにしましょうね〜!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です