臭う前に対策を!洗濯槽の掃除にはクエン酸や重曹が効果的!

スポンサードリンク

CMでもおなじみですが、

「きちんと洗濯しているはずなのに、

なんだか衣類にいや~なニオイが…。」

もしかしたら、洗濯槽の汚れが原因かもしれません(笑)

「でも毎回毎回、洗濯槽用の洗剤を買ってくるのも面倒くさい!」

そんなあなたに、手軽にできる洗濯槽の掃除方法を

お話ししましょう!

スポンサードリンク

こんなニオイがしたら要チェック!洗濯槽の臭いの原因!

洗濯槽のニオイの原因は、「硫黄化合物」と呼ばれる物質。

洗濯物に、なんだか生ごみの腐ったような、

籠ったニオイがうつっていたら、

洗濯槽の汚れが原因かも!

実はこのニオイの原因、最近わかった事なんですが、

カビではなく、菌が原因だったんです!

菌はカビに比べて増殖するスピードが速いため、

洗濯槽クリーナーなどで掃除をしていても、

衣類についてしまう可能性があります。

特に、梅雨時期や、

洗濯機が湿度の高い場所に置かれている家庭は要注意です。

洗濯槽の掃除にはクエン酸と重曹を使う!

クエン酸と重曹を使ったお掃除術はよく耳にしますが、

それぞれにどんな特性があるのか見つつ、

お掃除方法をご紹介していきたいと思います。

【重曹】

性質:弱アルカリ性

有効:油汚れ、手垢

特徴:油の分解をしてくれたり、研磨作用があるため、

キッチン周りなどのお掃除に適しています。

アルミに使うと黒く変色するので、注意!

※:消臭効果もあり。

重曹を使って黒カビを掃除しよう!

手順としては、以下のようになります。

① 洗濯機に水を最大水位まで入れる

※ななめドラム式の場合入れる水の量は、

「ドアを開けても水がこぼれない水位」にしてください。

この時、水ではなく、40〜45度のお湯を使うと、

汚れがより落ちやすくなります。

② 重曹を入れる

重曹を1カップ(200cc)入れます。

③ 洗濯機を回す

「洗い」で通常運転させます。

終わったら、5~6時間ほど放置して、

つけ置きしておきます。

④ 浮いてきた汚れをすくう

そのまま排水してしまうと、汚れがつまってしまい、

故障の原因になってしまいます。

ですので必ず、浮いてきた汚れを

掬い取るようにしてください。

⑤ 洗濯機を回す

「洗い」で通常運転させます。

さらに汚れが浮いてきたら、これも掬い取ります。

この①〜⑤の工程を、

汚れが出てこなくなるまで繰り返します。

目安としては、

すすぎ→脱水

を2~3回行って、汚れが出てこなくなれば完了です。

【クエン酸】

性質:弱酸性

有効:水垢、石鹸垢

特徴:水回り、シンクの汚れなどをきれいにしてくれます。

アンモニア臭の軽減作用と除菌効果もあります。

手順は以下の通り。

① 酸素系漂白剤で洗う

いきなりクエン酸を入れて洗浄してしまうと、

洗濯槽の石鹸カスと結合して、

酸性石鹸と言う新たな汚れを生成してしまいます。

なので、まずは漂白剤を投入して洗浄することで、

この酸性石鹸ができないようにします。

この時、漂白したい洗濯物を

一緒に漂白してしまえば、一石二鳥です♪

② 槽洗浄コースを選ぶ

洗濯中の物があれば、

これを取り除いて「槽洗濯」コースをスタートします。

③ クエン酸を入れる

クエン酸1カップを投入。

④ 洗濯機を回す

3分ほど洗濯機を回し、1晩放置。

翌日一通り運転して完了!

日々の手入れが重要!洗濯槽の掃除の頻度は?

菌やカビは湿ったところが大好き!

なので、洗濯物をすぐに干さずに放っておくと、

あっという間に繁殖します。

洗濯後はすぐに干すことはもちろんのこと、

蓋は閉めずにしっかり喚起しておくことが大切です。

また、洗剤の使い過ぎにより、すすぎ残しが発生し、

結果それが汚れとなり、カビの発生原因に

なることもあります…。

多ければ多いほど良い!

というわけではないんですね…。

洗剤などの用法・容量はきちんと守るようにしましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加