意外な真実!?子供に話す節分の恵方巻きの由来とは?

スポンサードリンク

節分の行事というと、何を思い出しますか?

ここ数年では「豆まき」よりも、

「恵方巻きを食べる」、と答える人の方が

数%上回ってきているそうですよ〜。

恵方巻きを食べるという行事は、

もともとは関西圏の風習。

でも関西圏だけでなく、

日本全国規模の行事として定着してきていますよね。

招福巻、幸運巻、開運巻き寿司、太巻き丸かぶり、

などと表現されることもあり、

縁起を担いだ食べ物です。

今回は、そんな恵方巻きの由来をお話しましょう。

スポンサードリンク

恵方巻きの由来、子どもへの説明方法

あまり歴史の古い風習ではありませんが、

一体いつから始まったんでしょう?

はっきりした事実は不明なのですが、

大正時代の後半に大阪の花街で、

新香巻き(この時期に漬けあがる香の物)を海苔巻きにして、

切らずに食べたのが始まりではないか?

と言われています。

縁が切れないように、一本丸々を、

恵方を向いてそのまま食べた事が発端とか?

その後、商業的なイベントの販売促進として

どんどん活性化してきました。

全国規模で普及させたのは、

セブンイレブンという話は有名ですよね。

このように地域限定イベントが、

全国的な風習として定着していくのは、

興味深いものがありますよね。

太巻きの具材は、7種類を使うとされています。

その7の由来は、

商売繁盛や無病息災を願った七福神

に因んで(ちなんで)います。

我が家では、豆まきが主たる行事のため、

恵方巻きはいわば「ついで」!

毎年細巻きです。(笑)

昨年などは、稲荷ずしをスティック状にした細巻きでした!

縁起とは無縁だったことに、今気が付きました^^;

それにしても、7種類もの具の入った太巻きを、

恵方を向いて一言もしゃべらずに・・・

お醤油も付けず、もくもくと食べるのって、

異様な光景ですよね〜?

完食するのに、けっこうな時間もかかると思うんですが、

その間無言でひたすら食べ続ける?

笑うと負けよ、あっぷっぷ。

ってにらめっこ状態ですね。

だから、招福開運になるのでしょうか?

恵方巻きの食べ方はどんなルール?食べやすいコツは?

その1. その年の恵方を向く。(2016年の恵方は南南東)

その2. よそ見をしない。(恵方に居られる神様に向う)

その3. 目を閉じて。(閉じなくとも良いという説もあります)

その4. 黙ってたべる。(願い事を心で唱えながら)

その5. 一気にたべる。(切らないもの、1本を)

その6. 飲み物禁止。

その7. 節分の夜たべる。

と、概ねこんなところです。

ただし、1本の長さに決まりはないので、

短めの1本ならば、さほどツラくないかもしれません。

カロリー的に考えても、短めにした方が良さそうですね(笑)

具材がたくさん入っているため、崩れやすいので

両手でしっかり持ってください。

ご自宅で作る場合は少しきつめに巻きましょう。

お子さん用には、あの太さは厳しいので、

縦に7種類を入れるのはいかがでしょう?

(3種類+4種類を縦に並べて巻く!)

その分細くなりますが、ダメでしょうか?

まとめ

もっと詳しく調べてみますと、

「願い事を唱え終えたら、数あるルールはそこで終了とし、

後は食べやすく切ったり、お醤油をつけたり、

飲み物も自由に頂きましょう。」

と書かれている物もありました。

福を巻き込もうという願いを込めた恵方巻き。

家族皆で笑顔で頂くことが、何よりかもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加