もしかして?!グリセリン化粧水には重大な副作用があるの?

スポンサードリンク

寒くなってきて、

だんだんと、お肌の乾燥が

気になる季節がやってきましたね。

保湿性の高い化粧水を使うと、

モチモチ感が続いて良かったりするのですが、

知人から

「市販の化粧品に入っている『グリセリン』が

肌に良くないらしいよ」

と聞いて、少し不安になってしまいました…

化粧品に含まれている「グリセリン」ってなんだろう?

  • どんな物質なのか?
  • 本当に体に悪いものか?

気になったので、色々と調べてみました!

スポンサードリンク

グリセリンとは?

「グリセリン」は、

油脂から得られるアルコールの一種で、

無色透明の甘みがある物質。

粘り気があって、保湿性・吸湿性に優れているので、

医療品や化粧品などに使われることが多いです。

あと、グリセリンの特性を活かして、

「食品添加物」として、

普段口にするものにも含まれています。

グリセリンの生成方法は、大きく分けて、

  • ヤシなどの天然油脂由来のもの
  • 石油などから合成されるもの

があります。

「油脂を加工して脂肪酸と分解された時」

に、グリセリンが得られるのですが、

逆に人間の体内では、

脂肪酸と結合して「中性脂肪」として存在しています。

化粧品に使われるものは、

天然由来のものが多いんですね。

グリセリン化粧水の効果?肌への影響は?

なぜ化粧品などに、

グリセリンがよく使われるのでしょうか?

グリセリンは水に溶けやすく、

「高い保湿性・吸水性」

を持っている物質。

水分を引き寄せる効果があるので、

混ぜることによって、

「保湿性の高い」アイテムが作れます。

化粧水だけではなく、

乳液やクリームにも使われています。

化粧品に混ぜることによって

  • 肌を保湿させる
  • 肌を柔らかくさせる
  • 肌をモチモチしっとりとさせる

などといった効果が期待できます。

これからの乾燥が気になる季節には、

特に活用したい成分ですね♪

グリセリン化粧水には副作用があるの?

グリセリン自体は、もともと体内にも

「中性脂肪」として存在しています。

なので、そもそも危険性は高くない物質。

ただし!

「水分を吸収する」性質を持っているため、

原液、水分と混ぜていたとしても!

濃い濃度のものだと、

皮膚上の水分を持っていかれてしまうので、

肌トラブルの原因となります。

…が、通常使う化粧品には

そこまで濃い濃度で含まれていることはないので、

そこまで心配することはありません。

「手作り化粧水」を作る時に、

グリセリンが使われます。

でもその場合には、

「混ぜる量に気をつける&必要以上に入れない」

という事を意識すれば、大丈夫でしょう。

グリセリンは、

「軽い刺激性がある」とも言われますが、

きっとこのあたりが原因なのでしょうね。

もし、それでも肌トラブルとか出る場合。

化粧品に含まれている、

他の物質が原因になっている可能性が高いです。

グリセリン化粧水の使い方や注意点とは?

グリセリンの特性である「水分を吸収する」

という事を考えると、

いくら保湿性が高い化粧水だからといって、

「化粧水だけ」しか使わないのは考えものです。

化粧水だけだと、

含まれた水分が奪われてしまう

せっかくのぷりぷりお肌が乾燥してしまう

ので、乳液やクリームなど、

「油分」を含んだ化粧品を併せて使って、

水分の蒸発を防ぎましょう。

乳液やクリームを使うことを「肌に蓋をする」と言いますが、

水分と交わらない、油分の性質を活かした

スキンケアになるんですね。

あと、先ほどもあげた、

「手作り化粧水」を使用するときの注意点。

グリセリンを混ぜる量に気をつけること以外に、

防腐剤を混ぜていない化粧水は

「保存状態に気をつける」

ことと

「早めに使い切る」

ことが大事です。

グリセリンそのものより、

「含まれた水分が劣化してしまう」

という事を注意しましょう。

漠然と「グリセリンは危ないもの!」と考えず、

ちゃんと知った上で使えば、

肌にとって高い効果が得られるものです。

上手に活用して、

これからの季節を乗り越えていきましょうね♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です