跡が残っちゃう…生理前のニキビは薬の影響も!?

スポンサードリンク

イライラしたり、落ち込んだり・・・

毎月の生理前って、

情緒不安定になってしまいますよね〜。

さらにはニキビが、口回りやおでこに出来てしまって、

お肌がボロボロでお化粧のりも悪い・・・。

私の友人も、友達や彼氏によく八つ当たりをしては

「生理前だから」

と言い訳をしていました(笑)

そんなメンタル的にもお肌にも悪い、

この憎き生理前現象をどうにかしたい!

と悩む女性は多いはずです。

でも自分で予防やケアをきちんとすることで、

生理前ニキビの悩みは解決できるんです。

スポンサードリンク

生理前ニキビが出来やすい原因とは?

そもそも生理前に、ニキビはどうしてできるのでしょう。

それは、女性ホルモンが関係しているんです。

女性ホルモンが崩れたら、お肌の調子も崩れる、

というのは、よく耳にする言葉ですよね。

生理前になると、

エストロゲンという卵胞ホルモンが減り、

プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌量が増えます。

エストロゲンは、増えることで

肌の保水力の機能が上がります。

しかし生理前には、このエストロゲンが減ってしまうため

肌が乾燥してしまいます。

その一方、プロゲステロンは皮脂量を促すホルモンなので、

このプロゲステロンが増えてしまうと、

毛穴が詰まってしまうんです。

そして詰まった毛穴にアクネ菌が増殖して、

生理前ニキビになってしまう、という仕組みなんですね。

生理前のニキビを予防するには?

ニキビ薬や、ニキビ用の化粧品は

市販のものでもたくさんありますよね。

でも、

「いろいろ買って試すものの、結局治らない!」

ということありませんか?

肌に合わない薬の使用や、そのストレスで起こる悩み・・・

これらもまた、ニキビが増える原因になってしまいます。

きちんと、自分の体質や肌質を理解したうえで

薬は選びましょう。

いつもよりも丁寧に洗顔をして

きちんと汚れを落とすことは基本!

ですが、洗顔のあとはたっぷり保湿をしましょう。

だからといって、

保湿力がある、とても高い化粧品を使っていませんか?

「高い化粧品なら、とうぜん効果も高いはずだ!」

と思われがちですが、

たっぷり保湿というのは、質ではなく量なんです。

高い化粧品だからといって、少しずつ使うよりも、

きちんと肌に合った化粧品を、たっぷりと使うことで

十分な保湿効果はあるんです。

あとは、あなたのお肌との相性も大切ですよね。

つづいて、お肌に必要な栄養素も

たくさんとりましょう。

アンバランスな食生活は、

生理前ニキビや、お肌トラブルの

大きな原因の一つです。

美肌効果もあるビタミンは、

どんどんたくさんとりましょう。

特に生理前に必要なのは、

ビタミンCやビタミンEです。

まとめ

毎日の生活習慣にも大切なことですが、

しっかりと睡眠をとって、

毎日をリラックスするように心がけてくださいね。

ビタミンを取ることを意識すると、

「じゃあ食後のスイーツも控えようかな」

と思うようになって、同時にダイエットにも

なるかもしれませんよ(笑)

ただ、ニキビと戦うための努力は、

決して無理をしないようにすること!

これが一番大事です。

毎月の女の子DAYを、ストレスなく過ごしましょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です