危険な病気が隠れてる?腰痛での足のしびれはストレッチで解消!

スポンサードリンク

私は、20代の頃から

デスクワークが多い仕事をしているんですが、

30代に突入した頃です。

「さぁ~キャリアアップの為に、

もっともっとバリバリ仕事するぞ~!」

と思っていた矢先に、私は腰痛に悩まされる様になりました。

最初は気づかずに、どんどんジワジワと、

ゆっくりやってきた痛みです。

デスクを前にして椅子に座るっていても、

いつしかじっと座ってられない、何度も足も組み替える、

腰の位置をとにかく小刻みにずらしていました。

そして足のしびれも感じる様になってしまいました・・・

更に椅子から立ち上がる時や、椅子に座っている時以外にも

痛みは出る様になってしまいました。

特に気になったのは、寝ている時にも痛みを感じる事。

そして知らず知らず、常に腰をさすっている自分に気づき、

「これはまずいな〜」

と、まずは内科に行きました。

もしかしたら内臓のどこかが悪くて腰が痛み、

足がしびれるといった症状が出ているのでは?

と、血液検査をしてもらったのですが・・・

血液検査に問題は全くなく、

「いつもデスクワーク」と、日々の生活の説明をした所、

内科医の先生に勧められたのは、整形外科へ行くという事でした。

スポンサードリンク

腰痛・足の痺れの原因は坐骨神経痛!

当時の私は、同じ態勢でいる事が5分と持たない位にまで、

症状は悪化していました。

少し同じ態勢でいると、

足に電流が走るしびれが起こってしまい、

しばらくはじんじんしている感覚ですね。

整形外科の先生に上記を訴えると、

片足のしびれが足全体に広がる、そして腰痛、症状としては、

坐骨神経痛だと思われますとの診断。

原因としては、腰椎椎間板ヘルニアや、

腰部脊柱管の狭窄(きょうさく:脊髄の中の神経の通り道が狭まる症状)により、

坐骨神経が圧迫されて起こる様です。

しかし、人によっては

  • 骨盤の腫瘍
  • 脊柱カリエス
  • 骨盤の変形
  • 前立線ガン

だったりと原因は様々ですので、

ただの神経痛だと思わずに専門医へ早期受診が大切です。

他にも腰椎ずり症も怖いですね。

腰椎ずり症とは、

腰椎のずれにより、神経が圧迫されて、

  • 痛み
  • しびれ

が起こる症状。

重傷になると、

  • 歩行困難
  • 排尿
  • 排便

にまで障害が出てしまう程です。

腰椎は、命に関わる重病の場合も時としてあります。

ですので、とにかく自己判断はせずに、

腰痛、足のしびれといった症状が出たら、

早急に病院へ行って、専門医に診断してもらう事が懸命です。

腰痛からの足のしびれ改善効果があるストレッチ法!

坐骨神経痛の治療の一環として、

まず先生に指導して頂いたのは、

簡単なストレッチ法でした。

ストレッチをする事で血流が良くなり、

緊張していた筋肉のバランスも良くなり、

坐骨神経痛が改善され治るというものです。

簡単ストレッチ法

1.片膝を立てて横になります。

2.立てた膝に、もう一方の足の

アキレス腱辺りから引っ掛けます。

3.両手を左図の様に組んで、

1で立てた方の足膝を、胸に近づける様に引き寄せます。

※ここではゆっくり息を吐きながら、

手を使って引き付けるのがポイントです。

息を止める事なく、リラックスした状態で胸に引き寄せましょう。

この3つを、左右交互に行います。

最初は正直、腿の付け根がかなり痛いです。

でも続ける事で痛みも慣れてきて、

むしろ、効いてる~って感じる位になります。

私は、朝と夜寝る前にこのストレッチを必ず、

左右交互3回行っています。

このストレッチ法で大分腰痛はやわらぎました。

是非お試ししてみて下さいね〜!

まとめ

デスクワークや、体を普段あまり動かさない中で

日々生活をしている人の場合。

20代まではいいけれど、

30代に突入すると身体は正直に訴えかけてきます。

デスクワークの人は、

出来るだけ意識して姿勢も良くするように、

背筋を伸ばし、足を組まない様にする事もポイントです。

そしてお昼休みなどにプチストレッチ、

腕を空に向けて突き上げるような態勢を何度かして下さい。

深呼吸を意識しながらです。

毎日のストレッチを必ず続ける事で、着実に良くなりますよ〜。

後は、

  • 出来るだけ身体を動かす
  • 室内にいても率先して掃除をする
  • 階段を使う

などといった事も簡単に出来ますので、

取り入れてみて下さいね。

でも、何度も言いますが、自己判断で絶対に決めない事!

まずは腰痛・足のしびれの症状を感じたら、

見て見ぬふりはせずに、

すぐに専門医、病院に行ってください。

お医者さんに受診・診断してもらって、

改善法を教わる事が本当に大事です。

診断後はストレッチ以外にも、

ツボやアロママッサージ、お灸などと、

自分のメニューも先生に提案しつつ、

改善治療を付け加えたりと工夫も出来ます。

是非専門医への受診をまず第一に行って下さいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です