本当に身体に良いの?黒砂糖のカロリー比較!

スポンサードリンク

数ある砂糖の中でも、

注目の『黒砂糖』。

沖縄旅行のお土産に頂いたりしますよね。

温めたミルクに入れると美味しいんですよ~

寝つきも良いような…

でも、やっぱりカロリーは気になります。

おいしいし、身体に良いと評判の“黒砂糖”。

カロリーの壁は越えられるんでしょうかっ?

スポンサードリンク

なぜ身体に良い?黒砂糖の栄養や効果って?

❖「黒砂糖」と「白砂糖」の違いは?

見た目はまったく異なりますが、

どちらも同じ砂糖です。

甘味成分は「ショ糖」という名の糖類。

ショ糖を成分とする砂糖は主に

  • サトウキビ
  • サトウダイコン

この2種類から作られます。

サトウダイコンは、あまり知られていないませんが、

テンサイやシュガービートとも呼ばれ、

その根からショ糖が得られます。

白砂糖と黒砂糖の違いは、

原料の違いから生じるわけではありません。

白砂糖も黒砂糖も、

同じサトウキビのカンショ糖が、主成分になっていいます。

では、製造工程はどうでしょう。

収穫したサトウキビから汁を搾り取ります。

この「粗糖液」から不純物を取り除いたものを

加熱すると、砂糖の結晶ができます。

これには「糖蜜」という成分が含まれています。

次に遠心分離器で、糖蜜を分離させます。

こうして砂糖の結晶だけにしたものを

「分蜜糖」といいます。

これを精製して、さらに不純物を取り除いたものが

白砂糖なんです。

一方の黒砂糖は、

サトウキビから汁を搾り取った「粗糖液」から

不純物を取り除き、

煮詰めて結晶として固めただけのものなんです。

黒砂糖には、

白砂糖からは完全に取り除かれている糖蜜が、

そのまま入っています。

そのため黒砂糖は、

カリウムや各種ミネラルが豊富に含まれていて

独特の甘みとコクがある味わいになっているんです。

製造工程の違いから、

「黒砂糖は身体に良い!」

と言われているんですね。

黒砂糖のカロリー、白砂糖とのカロリー比較!

◆100gあたりのカロリーの量(cal)

  • グラニュー糖…387
  • 白ザラ糖…387
  • 中ザラ糖…387
  • 角砂糖…387
  • 氷砂糖…387
  • コーヒーシュガー…387
  • 粉糖…386
  • 上白糖…384
  • 和三盆糖…383
  • 三温糖…382
  • 黒砂糖…354
  • 水あめ…328
  • はちみつ…294
  • メープルシロップ…257

◆「黒砂糖」は、砂糖の中でもGI値が低めです。

GI値とは

グリセミック・インデックスの略で、

炭水化物が体内で、糖の最小単位であるブドウ糖に分解されてから、

血糖値が上昇するスピードを計ったものです。

ブドウ糖そのものを摂取した際の

血糖値の上昇率を100として、相対的に表します。

このGI値が低い程、血糖値の上昇が緩やかになり

血糖値を下げるため膵臓から分泌されるインスリン分泌も

抑えられます。

❖主な糖類のGI値です。

血糖値が高めの方は意識してみましょう。

  • 黒砂糖…99
  • 上白糖…109
  • グラニュー糖…110
  • 三温糖…108
  • ハチミツ…88
  • メープルシロップ…73

上白糖やグラニュー糖を活用していた方は、

黒糖に変えるなどの工夫をしてみるのも

良いかもしれませんね!

黒砂糖の栄養で健康効果を高めよう

生姜には、良い効能がたくさんある事が、

一般的に知られています。

その中でも、特にありがたいのは

体を温める効果でしょう!

そして、生姜の効果をさらに何倍にも引き出すには、

黒糖と一緒に摂取すると良いんですよ!

◆砂糖の種類…こんなにあるんです!

❖白砂糖

上白糖とも呼ばれます。

最も一般的なお砂糖です。

ソフトな風味なので、

お料理やお菓子、飲み物など

何にでも使えます。

どの家庭にもありますよね。

❖グラニュー糖

上白糖より結晶が大きくて、

サラサラとした感じのお砂糖です。

淡白な甘さで、コーヒーや紅茶、お菓子と

幅広く使われます。

スティックシュガーは便利です。

グラニュー糖を四角に固めたお砂糖が

“角砂糖”です。

グラニュー糖を粉砕して作る、

粒子の細かいお砂糖が“粉砂糖”です。

フルーツにかけたり、

ケーキなどのデコレーションに最適です。

❖白ザラ糖

結晶が、グラニュー糖よりも大きくて無色透明。

光沢があって、高純度のお砂糖です。

一般家庭では果実酒に使われます。

高級菓子や、ゼリーにも使われています。

❖中ザラ糖

純度が高い黄褐色のお砂糖です。

結晶の大きさも、白ザラ糖とほぼ同じ。

まろやかな風味で、漬物や煮物などに使われます。

❖三温糖

甘味が強くて、独特の風味を持っている、

黄褐色のお砂糖です。

煮物や佃煮などに使うと、甘さとコクがしっかり出ます。

❖氷砂糖

氷のような大きな結晶が特徴のお砂糖です。

溶けるのに時間がかかるため、

果実酒づくりに最も適しています。

そのまま食べられますが・・・甘い!!

❖顆粒状糖(フロストシュガー)

冷たい水にも溶けやすいので、

アイスコーヒーなどに入れたり、

プレーンヨーグルトにも、一緒についてきます。

顆粒の中に空気を含んでいるので、

生クリームの練りこみなど、

お菓子作りにおススメのお砂糖です。

❖黒砂糖

さとうきびの絞り汁をそのまま煮詰めたお砂糖です。

独特の強い風味と、濃厚な甘さがあります。

そのまま食べたり、かりんとう作りにも使われます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です