大病の予兆!?全身の湿疹によるかゆみはストレスだけじゃない?

スポンサードリンク

春になると、背中に広がった痒みを伴う湿疹・・・

毎年恒例の、花粉によるアレルギーかと思い、

アレルギーの薬を飲み、塗り薬も塗っても、

なかなか治ってくれません。

そういえばここ一年、

引っ越しや転職など、環境の変化や、

プライベートで非常にストレスに感じることがありました。

もしかして!

ストレスが影響してるのかも・・・?

スポンサードリンク

ストレスによる肌荒れやかゆみ

肌が受けるストレスには、精神的なものだけではなく、

  • 紫外線
  • 空気の乾燥
  • ほこり
  • たばこの煙
  • 摩擦

などの外的ストレスと、

  • 疲労
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 人間関係

などの精神的なストレス

大きく2通りあります。

○活性酸素による肌のダメージ

活性酸素とは、

酸素を利用してエネルギー代謝を行う過程でできるもので、

通常の酸素と比べて、酸化する力が強いです。

通常、体内に侵入したウイルスや細菌を退治する

という役割がありますが、

必要以上に増えてしまうと、

細胞を酸化させて老化を加速させるほか、

細胞の炎症を引き起こす、

といわれています。

紫外線などの外的ストレスも同様ですが、

ストレスは、過剰な活性酸素の引き金になる、

といわれています。

○自律神経の乱れ

自律神経系は、

身体の免疫系や内分泌系(ホルモンなど)と

大きく関わっています。

ストレスによって自律神経が乱れると、血行が悪くなって、

肌に酸素や栄養があまり行き渡らなくなったり、

ホルモンバランスにも悪影響を与えてしまいます。

そして、肌の水分と油分のバランスを崩してしまい、

肌のバリア機能が低下することで、

ニキビや湿疹を引き起こすことがあります。

全身にでる湿疹の原因

蕁麻疹(じんましん)

一種のアレルギー反応で、通常は半日以内に収まります。

主な症状は、

突然の強い痒みと、身体の各所に赤い発疹が出ます。

疥癬(かいせん)

ヒゼンダニ(疥癬虫(かいせんちゅう)

と呼ばれるダニによる感染症で

肌と肌が直に触れることで感染します。

腋周辺や腹部、陰部などにブツブツができ、

特に夜に痒みが増強します。

体部白癬(たいぶはくせん)/ゼニたむし

手足や股部を除いた箇所の皮膚が、

カビの一種である白癬菌(はくせんきん)に感染して起こります。

  • 足白癬の影響
  • 不潔
  • 多汗
  • 肥満
  • 寝たきり

なども関係しています。

症状として、

  • 紅班(こうはん・赤いブツブツ)
  • 丘疹(きゅうしん・皮膚の盛り上がり)
  • 水疱(すいほう・中に水をもった湿疹)

が見られます。

アトピー性皮膚炎

大人の場合は、

日常生活で受ける刺激(肌の乾燥、汗や衣服との摩擦など)や

ダニやほこり、花粉などに対するアレルギーなどが

原因のことが多いです。

全身の乾燥に加えて、

四肢や背部、首、胸に、鳥肌のような丘疹が硬くなって

ざらざらになり、慢性化すると厚くなります。

顔には赤班が見られ、時にじくじくと湿るなど、

特に上半身に症状が現れ、いずれも強い痒みを伴います。

接触皮膚炎

皮膚に接触した物質からの刺激と、

アレルギーによるものがあります。

弱い刺激は、触れた部分だけ角質が剥がれ、

そこに強い刺激が加わると、痒みを伴った

  • 発赤
  • 丘疹
  • 水疱

などが現れます。

アレルギー性は、アレルギーに触れて12時間前後から

局所の痒みに始まり、

  • 丘疹
  • 紅班
  • 水疱

などが現れたあと、次第に落ち着きます。

慢性的に繰り返すと、次第に厚い紅班になり、

掻き傷やかさぶたが見られるようになります。

貨幣状皮膚炎

強い痒みを伴う10円硬貨程の湿疹がいくつもできます。

主な原因は皮膚の乾燥ですが、

  • 金属アレルギー
  • 扁桃腺炎
  • 歯周病

などの細菌感染が、原因になることもあります。

乾皮症、皮脂減少性皮膚炎

皮脂の減少による乾皮症と、皮脂減少性皮膚炎は

皮膚炎に痒みが加わった状態です。

下肢を始めとした皮膚が乾燥して、

粉を吹いたようになり、やがて

  • 丘疹
  • 掻き傷

などの皮膚炎が生じます。

水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいてんぽうそう)

痒みを伴う紅班と、その中に大きな水疱が出てくる、

お年寄りに多い病気。

体内のグロブリンというたんぱく質の一部が

本来戦うべきウイルスや、

ばい菌じゃない、自分の皮膚と闘うために起こります。

扁平苔癬(へんぺいたいせん)

四肢の関節や、陰部に痒みを伴った紫紅色で、

平らに盛り上がった湿疹ができます。

原因は不明なのですが、

「ある種のリンパ球が皮膚の細胞を攻撃しているのでは?」

と考えられています。

薬物性肝障害

病気を治すために飲んだ薬の副作用。

通常は肝臓で代謝(解毒)されて、

胆道あるいは腎臓から排出されますが、

肝臓の代謝能力を上回る量の薬物を服用した場合や、

肝臓で代謝された後に自分の体内にない異物と認識されて

アレルギー反応を起こす場合があります。

初期症状としては、

  • 発熱
  • 発疹
  • 発赤
  • 痒み
  • 黄疸

などがあります。

ウイルス性肝炎でも、同じような症状を認める場合があり、

非常に見分けが難しいです。

日常生活でできる湿疹対策

ストレスを持たないことは、

簡単にできることではないですよね。

ですので、ストレスと上手く付き合っていく方法を

考えてみましょう。

まずは食事ですが、

抗酸化作用が高いといわれるポリフェノール

(緑茶、ブルーベリー、マンゴー等)

や、

ビタミンE(アーモンドやほうれん草など)

を積極的に摂りいれた、バランスの良い食事を心がけましょう。

そして、身体の回復させるために、

質の良い睡眠をとるようにしましょう。

  • 寝る前の2時間前には食事を終わらせる
  • 難しい場合は30分前までに消化に良い物を摂る
  • 寝る前に画面を見る時間を減らす
  • 良い眠りに着くために毎朝運動をする

など、規則正しい生活習慣が大切ですね。

良い睡眠にも繋がると思いますが、

ゆっくりとぬるめのお湯(40℃くらい)に、

  • 10~15分くらいゆっくりつかる
  • 背筋を伸ばして深呼吸をする

という事をすると、気持ちも良いですよ。

ちなみに深呼吸では、

最初に息を吐ききらないと、新しい空気は行き渡りません。

他には、

  • 好きな音楽を聴いてリラックスする
  • 絵を描く
  • ドライブや旅行に行く

など、自分なりのリラックス法を探してみましょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です