手の甲にまで!?湿疹やかゆみの様々な原因や予防法

スポンサードリンク

学生時代、

スーパーのお弁当やお寿司を作っているコーナーで

アルバイトをしていた時。

手の甲、特に指の間に湿疹ができ、

授業に集中できなくなったことがありました。。。

今思うと調理器具などを洗う洗剤が

原因だと思うのですが、、、

当時、病院に行って事なきを得たのですが、

そう簡単に治るものでもなく、

テスト期間中でなかったことが幸いでした^^;

スポンサードリンク

手の湿疹の原因や症状

肌の組織は、身体の外側から

  • 「表皮」
  • 「真皮」
  • 「皮下組織」

の3層からなります。

厚さ約0.2mmといわれる表皮は、外側から

  • 「角層(角質層)」
  • 「顆粒層」
  • 「有棘層(ゆうきょくそう)」
  • 「基底層」

の4層になっています。

手指の皮膚は、皮脂腺から分泌された皮脂と

汗腺から分泌された水分が、乳化(エマルジョン)して

クリーム状になり、皮脂膜として保護しています。

水仕事などによって、この皮脂膜が剥がされると、

その下の角層の水分が蒸発してしまって、

乾燥してカサカサになります。

また、手を洗う回数が過剰になると、

回復しかけた皮脂膜が、再び剥がれてしまいます。

手には汗腺が多いため汗も多く出ますが、

手のひらは毛穴がないため、皮脂はほとんど出ません。

そのため、一度乾燥するとなかなか回復せず、

刺激を受けやすい状態にあります。

このような状態やアレルギーによって、

手のひらや指の皮膚に炎症を起こした状態を、手湿疹といいます。

主婦=水仕事というイメージからか、

主婦に生じた場合を「主婦湿疹」と呼ぶこともあります。

主な症状としては、

手首から先が赤みを帯びて乾燥し、

角質が皮膚から剥がれ落ちる状態。

これが進行すると、指の腹がひび割れて痛んだり、

皮膚が薄くなって、指紋が消えたりします。

ただこの時点では、まだ痒みがありません。

赤いブツブツが手指にできるタイプもあり、

この場合は、痒みを伴います。

この手荒れの状態は、家事を担当する人だけじゃなく、

  • 調理師
  • 理容師
  • 美容師

など、水仕事を頻繁に行う人に多く見られます。

水に手をさらす機会が多くて、洗剤などで更に皮脂が失われ、

角層が現れたところへさらに機械的・科学的な刺激が加わり

症状が現れます。

私のように、アトピー体質の方の場合は、

もともと皮膚が乾燥しやすいため、

症状が現れやすい傾向にあります。

手湿疹の症状としては、

  • 慢性湿疹
  • 異汗性湿疹(汗疱、かんぽう)
  • アレルギー性接触皮膚炎

があります。

また、手湿疹と区別するべき疾患は、

  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
  • 手白癬(てはくせん)

です。

掌蹠膿疱症は、掌や足裏に

小さな水ぶくれから膿疱(膿を持った発疹)に変化し、

やがてかさぶたとなって角層が剥がれ落ち、

症状を作り出します。

手白癬は、

水虫、たむしなどの皮膚糸状菌(一種のカビ)に

感染した状態です。

手白癬は、片手だけ症状が出ることが多く、

だんだん角質が硬くなって、

そのうちひび割れてボロボロ剥がれ落ちます。

痒みは軽度で、小さな水疱を伴うこともあります。

これは、一緒に住んでいる家族がいたら

移らないか心配になりますね。

治療方法

乾燥だけであれば、水仕事の後や寝る前に、

ハンドクリームやワセリンで保湿すると良いでしょう。

ただ、すでに湿疹や痒み、赤みなどの

炎症が起きている場合。

ステロイドなどのような、

皮膚の炎症を抑える成分の軟膏を塗ると良いです。

ただ、市販薬のステロイド軟膏には、

  • ステロイド+ステロイド以外の痒み止め
  • ステロイド+抗生物質

など、他の成分が配合されている場合も多いので、

必ず、お医者さんや薬剤師さんに相談してくださいね。

湿疹を予防したい!

手湿疹は乾燥から始まりますので、

保湿を意識することが大事になってきます。

・一日に数回の保湿

・水仕事ではゴム手袋を使うなどして水に触れる時間を短くする

できれば綿の手袋をした上に、

ゴム手袋をする(ゴムの刺激から守る)。

あらかじめ汚れを拭き取ったり、付け置きをして、

汚れ落ちをよくしておきます。

・水仕事で使うお湯は体温よりやや低い程度にする

温度が高いと角質や皮脂を落とし過ぎてしまいます。

・手袋をする

通気性がよく、皮膚を保護してくれる木綿の手袋は、

水回り以外の家事をしている間はもちろん、

就寝前に、木綿の手袋をすると保湿剤の浸透がよくなります。

肌寒い日や乾燥している日の外出には手袋も忘れずに。

・手に触れるものは低刺激のものを選ぶ

保湿のために尿素配合のハンドクリームを使う場合ですが、

尿素には、角質溶解作用といって、

角質の硬い部分を除去する作用があります。

厚くなってしまった角質には効果がありますが、

傷口があったり、元から角質が薄い敏感肌や、

若者の中でも、特に幼児には刺激が強いので、

避けたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です