結婚式はポケットチーフでオシャレ度UPを!!

スポンサードリンク

男性の数少ないおしゃれの方法の一つとして、
ポケットチーフ使いはオススメです。

ポケットチーフとは、スーツの胸ポケットに入れたハンカチが、
ちらりと見えるようにコーディネートする事。

このポケットチーフを入れる事で、
品位が高くて上品な男性という事を演出する事が出来ます。

ポケットチーフの素材、何がオススメ?

一言にポケットチーフとは言っても、
色々あります。

その一つは素材。

チーフとは言っても、このポケットチーフで
手を拭くわけではありませんので、
ファッションとして素材を選べば良いでしょう。

フォーマルマナーとして、

「この素材じゃなければいけない」

という決まりはありません。

エレガントに見えるので、
シルクのポケットチーフの方が多いのですが、
スーツやあなたのイメージ次第では、
綿や麻でも良いかと思います。

結婚式が開催される時間で決めても良いでしょう。

日が出ている時間であれば、
綿や麻が、爽やかで好印象。

逆に、光沢が強いシルクを選んでしまうと、
ギラギラとして、夜の男性のイメージになってしまうので
注意が必要です。

シルクを選ぶ場合は、
光沢が控えめで上品な素材を選ぶようにしましょう。

光沢が控えめなチーフであれば、
朝から夜まで使えるので、使いまわしがしやすいです。

また、綿や麻の素材だと、たたむと平面的になって型崩れがしにくい、
シルクだと、型崩れはしやすいですが、立体的に仕上げる事が出来ます。

スポンサードリンク

ポケットチーフの色や柄、派手でもOK?

セレクトショップのスーツコーナーに行けば、
いろいろな柄やカラフルな色のチーフが溢れています。

では、結婚式にふさわしいチーフの色は、
何色でしょうか?

それはやはり、白色です。

若い人だと、白系のシルバーなら許されますが、
出来るだけ白を選ぶようにした方が良いでしょう。

柄に関しては、避けるようにした方が良いですね。

靴下のように、ちら見せアイテムであれば
同色の柄物であれば許されます。

ポケットチーフは、そのもの自体がおしゃれとして全面に出ています。

そのアイテムに柄を入れてしまうと、
より目立ってしまいます。

簡単に言うと、粋ではなくなります。

日本人は、粋を大切にしましょう。

ポケットチーフは、折り方や挿し方が重要

ポケットチーフには、色々な折り方や挿し方がありますが、
この見せ方で、その人のセンスが試されます。

一般的なのは、スクエアと呼ばれる折り方ですが、
これはビジネスシーンでよく使われる折り方。

そのため、フォーマルな場面ではふさわしくは無いでしょう。

フォーマルな場面にふさわしい正装の折り方は、
スリーピークスと呼ばれる折り方。

スクエアと比べると、華やかさが前面に出てきますね。

チーフは、様々な折り方があります。

フォーマルにあった折り方も色々とありますので、
あなた好みの折り方を探してみるのも
面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です