歳を取ったら大きく差が出る!化粧落としは洗顔が超重要!

スポンサードリンク

女性は、毎日お化粧を落とさなきゃいけないので

大変ですよね〜。

仕事などで帰宅後、フラフラ~の状態で、

そのままベッドへ入っていませんか?

もしくは、

「適当でいいや~」

って、コットンだけで済ませていませんか?

デリケートなお肌です。

どんなに面倒くさいシチュエーションでも、

化粧を落とすための洗顔が重要なのです。

きちんとしたお手入れをしてください。

スポンサードリンク

洗顔方法で美肌が変わる!

外の空気に舞っているホコリや汚れが、

肌に付いています。

そして、自分自身から出た汗や皮脂などの汚れが

肌に出ます。

その老廃物が、長時間にわたり顔についていると思うと、

丁寧にきれいに洗顔しなくてはと思いますよね。

そしてひどい汚れは、洗顔料をたっぷりつけて、

ゴシゴシ洗えば取れそうですよね。

と思ったらそれは大間違いなので、ご注意ください!

いくら頑固な汚れでも、顔は食器ではありません。

たっぷりな洗顔料はNGです。

そしてゴシゴシももちろんNGなのです。

まず、クレンジングした後は

ぬるま湯で顔をゆすいでください。

その後に、キメ細かくしっかりと泡立てた洗顔料を

優しく肌にのせて洗っていきましょう。

「丁寧に洗うために」

と、長時間も顔の上に泡をのせて洗ってはいませんか?

ここでも注意です。

肌への刺激が強いと、トラブルの元になるので、

長時間の洗顔はダメなのです。

実は、目安として1分もいりません。

だいたい30秒前後がベストな洗顔時間なのです。

意外ですよね。

洗う順番は、皮脂が多いTゾーンを中心に

目元や口元を洗っていきましょう。

最後に、洗い残しがないように、

ぬるま湯でゆすいでください。

きれいに洗った仕上げには、

タオルで優しく、そっと押さえるように

水分を拭き取ってください。

ここでもゴシゴシは絶対に禁物ですよ。

吸水性のあるタオルがいいかもしれませんね。

洗顔のおすすめ市販品の選び方

洗顔料には、

パウダーのものや石鹸タイプや洗顔フォームなど、

いろんな種類がたくさんありますよね。

「高いブランドがやっぱりいいのか」

「きちんと知られている、評判のいい薬品会社ものがいいのか」

悩んでしまいますよね。

どちらも不正解です。

結局、メーカーや評判は関係ないのです。

自分の肌に合ったものが一番いいということですね。

わかりづらいかもしれませんが、

たとえば、油性肌タイプの人は、

洗浄力が強いタイプの洗顔料を目安にすると良いでしょう。

逆に、乾燥肌タイプの人は

弱酸性の優しい洗顔料がおススメなのではないでしょうか。

中には、敏感肌タイプの人もいるでしょう。

そんな時は弱酸性に加えて、

きちんと敏感肌用とかいてある洗顔料を選ぶといいでしょう。

洗顔するにあたっても、

洗顔料を選ぶにあたっても。

一番大切なのは、

現在の自分の肌の状態を知ることが必要なのです。

毎日のお化粧や洗顔は大変ですが、

大切な体の自分の一部です。

きちんと自分の肌質を知って、

ケアして綺麗になりましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加