派遣社員のメリットとは?立場を最大限に利用しよう!

スポンサードリンク

派遣とバイトの違いとは?給料や福利厚生などの待遇は?では、
派遣社員いの雇用形態や待遇を調べてみました。

では今回は、派遣社員ならではのメリット!

この部分にスポットを当てて調べてみましょう。

雇用期間や就業時間、就業場所を選べる

派遣社員として働いている人たちの意見で、
一番はじめに上げられるメリット。

それは、雇用期間就業時間
就業場所を選べるということ。

今の景気だと、正社員や契約、
内定をもらった企業に行くしかありません。

アルバイトは、自分で条件を選べるとは言っても、
もともとの設定が、長く働ける条件にはなっていません。

そうすると、辞めるという判断をするまで、
雇用期間は決まってしまいます。

自分の意志に関係なく、
就業時間や就業場所も決まってしまいます。

その点、派遣社員だと。

雇用の契約期間は短いですが、
仕事をこなしていれば、ふつうは契約延長となります。

自分が納得出来なければ、契約打ち切りをすることも出来ますし。

契約終了前に、派遣会社に次の職場を斡旋してもらうことが出来るというのも、
大きなメリットですね。

就業時間や就業場所も、
ある程度は自分で選んで受けることが出来ます。

あなたの能力次第では、派遣会社の担当者が、
就業時間の交渉をしてくれることもあります。

子供がいる方の場合、子供を保育所にあずけてから出勤し、
迎えに行くために少し早めに帰宅という方も多いですよ。

時間や場所の縛りが、直接雇用よりも少ないというメリット。

あなた自身の生活の充実をさせられる、
大きく言うなら、人生設計でさえも、組み立てやすくなります。

正社員や契約社員の場合だと、
サービス残業をしなければ行けなかったり、
就業時間外の会議への出席することも多い。

急な国内外の出張も、発生するかもしれません。

派遣社員だと、
空いている時間に技術や資格などのスキルアップも可能ですし、
趣味に時間を費やしても良いでしょう。

就業時間外の業務は断ることも出来ますし、
働いたとしても、確実に給料に反映することが出来ます。

この、時間や場所の有効活用が出来ることは、
人生の先々を考えたとき、大きなメリットと言えるでしょう。

スポンサードリンク

いろいろな職場や業務体験は宝物

派遣社員だと、いろいろな会社で働くことが出来ます。

たとえば、同じ業種の仕事でも会社が違えば、
仕事のやり方や考え方はまったく違います。

何千人規模の大企業と、10人ほどの小さな会社。

業界や職種が同じでも、
間違いなく仕事の進め方は違います。

大企業の場合、仕事は分業制。

派遣社員も、一つのことに集中し、
その仕事を、より深掘りしていけるでしょう。

それに対して、小さな会社の場合、
分業制にするような余裕はありません。

掃除やコピーなどの雑用から、
本当に重要な仕事まで、出来る可能性が有ります。

どちらが良いかは分かりませんが、
派遣社員の場合、契約期間は短いので、
試しにどちらも経験してみることも出来ます。

色々な経験が出来ることは、
仕事や自分の引き出しを増やすことになります。

対応力が広がるので、
少々のトラブルでは動じない心も養われるでしょう(笑)

派遣社員の契約期間が短いというメリット。

最大限発揮して、色々な職場体験をすることも、
人生経験としては面白いですね。

自分に合った仕事や会社を選べる



正社員や契約社員の場合。

もし会社の雰囲気や人間関係に馴染めなかったら、

  • ひたすらガマンをするか?
  • 会社を辞めるか?

この二つの方法しかありません。

アルバイトだと、辞めることは簡単ですが、
次の仕事も自分で探さなければいけませんし、
面接での説明(言い訳?)も考えなければいけません。

派遣社員の場合、
もし会社の人間関係や雰囲気に合わずに
職場を変えたくなったとしても。

派遣会社の担当者が、もっと適した環境を探してくれます。

自分にあった会社を探すことが出来るんです。

仕事の悩みや人間関係の相談にも乗ってくれますし、
次の会社用に、面接の練習やアドバイス、
実際に面接に立ち会ってくれてのフォローもしてくれます。

これらのメリットは、直接雇用やアルバイトには無い、
大きなメリットと言えますね。

実際に、わたしが働いている会社の派遣さんたちは、
このメリットをうまく利用しています。

資格を取ったり、英語の勉強をしたり、
スキルアップをどんどんしてますし。

趣味や遊び、旅行などで、人生を謳歌しています(笑)

これらの、直接雇用には無いメリットは、
最大限、利用するべきですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加