ほとんどの人は出来てない!クレンジングジェルの正しい使い方

スポンサードリンク

クレンジングジェルで優しくメイクオフしましょう

クレンジングには、

  • オイル
  • クリーム
  • ローション
  • ジェル

など、色々な種類があるので、

どれを使おうか悩みますよね。

  • 「しっかりメークか?」
  • 「薄いメークか?」

など、メークの状態や、

お風呂場や部屋など使う場所に合わせて、

使いやすいタイプを選ぶようにしましょう。

ここでは、

クレンジングジェルについてまとめてみました。

スポンサードリンク

クレンジングジェルの肌に優しい種類の見分け方

クレンジングジェルは肌あたりがみずみずしく、

さっぱりとした洗い上がりです。

クレンジングの中でも使いやすく、

どんな肌質の方にも向きますが、

特にクレンジングのときの肌への負担が

気になる方におすすめです。

そんなクレンジングジェルにも

種類があることを知っていましたか?

水性のものと油性のものがあり、

水性のものにも、オイルが入っているものと、

入っていないものがあります。

オイルが入っている水性のタイプは、

肌への負担が気になるけど、

普段のナチュラルメークをしっかり落としたい人に

向いています。

多くの商品が市販されているので、

たくさんの中から好みのものを選ぶことができます。

オイルが入っていない水性のタイプは、

マツエクをしていて、

肌への優しさを求める人に向いています。

メークの落ちは

オイルが入っているものに比べると劣っています。

また、洗い上がりはさっぱりしています。

油性のタイプは

しっかりメークだけど、

肌への負担は少なくしたい人に向いています。

クレンジングオイルよりも

摩擦による肌の刺激が少ないけれど、

ウォータープルーフのマスカラや

リキッドファンデーションもちゃんと落ちてくれます。

クレンジングジェルの使い方

なんとなく・・・で、

クレンジングジェルを使っていませんか。

使い方を間違えると、メークが落ちなかったり、

肌へ刺激を与えてしまったりします。

ここでは、正しいクレンジングのやり方を紹介します。

使うジェルの量は、さくらんぼ1コ分。

ジェルを顔の上にのばしてみて

指がらくに肌の上をすべるくらいの量です。

乾いた手の上にジェルを出し、

オイルフリーのもの以外は、少し手のひらで温めます。

次に両手の中指と薬指で、

内側から外側に円を描くように

顔全体にジェルをのばしてください。

顔全体をマッサージするようにゆっくりとのばして、

汚れをジェルに馴染ませましょう。

あごや小鼻なども忘れずに。

すると、のばし始めと

ジェルの感触が変わってくると思います。

変わってきたら、汚れとなじんだ合図です。

ぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。

注意することは、適量を守ることです。

少ないと指の摩擦が加わってしまい、

肌への負担になってしまいます。

逆に多いとぬるぬるして洗い流しにくくなり、

洗い残しがでてしまいます。

肌に負担の少ないクレンジングで、

きれいな素肌を手に入れてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です