最近話題の新卒派遣とは?

スポンサードリンク

日本の経済は、バブル崩壊でぼろぼろになりました。

現在の経済状況、新卒の就職活動では、
希望する企業に新卒で入る事は・・・

まず難しいでしょう。

なのにここ数年、安定志向の学生が増えているのか?

大企業への就職希望者がどんどん増えています。

わたしが勤めている会社、大きな会社の子会社ですが、
名前だけは有名で・・・

5名の枠に1万人の希望者が来ると、
人事担当者に聞きました・・・

1万人の希望者の中で、5人に残るなんて考えられますか?

断言出来ますが、わたしは無理(笑)

では、わたしは今の会社にどのように入社したかというと。

中途採用です!

_|\○_ヒャッ ε= \_○ノ ホーウ!!

小さな会社で2社ほど働き、
あるていどの実力を付けてからの転職。

こうしなければ、今の会社に入る事は
不可能だったでしょう。

わたしの例は、少し遠回り。

他の同僚だと、
派遣社員から正社員になったという例が多いです。

スポンサードリンク

新卒派遣という働き方

毎年、けっこうな人数が就職浪人してしまい、
第二新卒として就職活動をしています。

ですが第二新卒では、現実はなかなか決まりません。

そりゃそうです。

企業としても、次の春の新卒に目を向け始めます。

同じ雇うなら、第二新卒よりも、
即戦力となる中途採用の方が良い

この一つの対策として、
最近注目されているのが新卒派遣という道。

新卒派遣の仕組みを説明しますと、

  • 新卒の学生が派遣会社に登録
  • 学生に対して、派遣会社が研修を行う
  • 企業に派遣(紹介予定派遣、特定派遣)

こういう流れになります。

派遣会社で、ビジネスマナーやスキルなど、
いろいろな研修を受ける事が出来ますので、
始めからあるていどは即戦力になれるという事。

第二新卒で就職を目指すよりも、
社会に出る間口は広がります。

新卒派遣で社員にはなれるのか?

では、新卒派遣で社員を目指す事は出来るのか?

ここで注目して欲しいのが、
先ほど少し書いた「紹介予定派遣」「特定派遣」です。

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣とは。

派遣先に直接雇用されることを前提にした派遣の方法。

一定の期間、派遣スタッフとして働いて、
派遣期間が終わったら社員採用してもらうというシステムです。

当然、企業と本人の意見が一致した場合の採用となります。

会社の雰囲気や業務内容、人間関係を見る事が出来るので、
普通に面接を受けて入社するよりは、
リスクが少ないですね。

特定派遣とは?

特定派遣とは、
派遣会社がスタッフを正社員として雇い、
その正社員を企業へ派遣するという方法。

普通の派遣は一般派遣と言いますが、
一般派遣は派遣されている期間だけ給料が発生します。

それに比べて特定派遣は、派遣されている期間以外にも、
給料が発生します。

ボーナスや福利厚生、研修など。

普通の企業で正社員として働く待遇を、
そのまま受ける事が出来ます。

新卒派遣のメリットやデメリットは?



紹介予定派遣だと、さきほど話した通り、
企業の内情があるていど分かった上で入る事が出来ます。

企業としても、あなたの人間性や能力を分かった上で雇う事が出来るので、
双方にとってリスクが低いというメリットがあります。

特定派遣だと、派遣会社に正社員として入社してしまうので、
通常の企業に正社員で入社した場合の雇用形態を受けられるという、
大きなメリットがあります。

デメリットとしては。

  • 社員研修や同期がいないこと
  • 一つの会社で長く勤められるという安心感が無い事
  • 正規雇用の人たちとの一体感を得られない事

などでしょうか。

この新卒派遣、少しずつ注目されています。

たとえば、海外に留学をしていた学生さん。

就職活動の時期から遅れて帰国した場合、
新卒としての就職活動が出来ません。

どうしても大企業に入社したい学生さん。

入社枠が狭いので、
始めから新卒派遣からの社員登用を狙う方も。

社会の風潮にとらわれすぎず、
新卒社員という方向性も、
いちど考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です