全く効果なし?本当に効果的なノロウイルス消毒薬は市販されていないのか?

スポンサードリンク

ノロウイルスを一度経験した方は

「二度とかかりたくない!!」

と口を揃えて言います。

私も以前かかったことがあり

本当にキツイ思いをしました。

私もそうなのですが、

特に一人暮らしをされている方は

本当にツライ経験をされたかと思います。

乳幼児が感染した場合も

症状が症状だけに、本当に大変ですよね。

自分の身は自分で守ろうと言うことで、

二度とノロウイルスに感染しない為に

有効な消毒液を探してみました。

スポンサードリンク

そもそも市販されている消毒液は信用できる?

薬局やネットで簡単に手に入る消毒液って

「効果は大丈夫なの・・・?」

なんて思いますよね〜。

その「効果が信頼できる消毒液」として

代表的なものを以下に上げてみましょう。

1 アルタンノロエース

ノロウイルスの研究分野で活躍されている、

広島大学との共同研究から開発された消毒液です。

ウイルスに抵抗力のある

柿渋(タンニン)を含んでいる点と、

アルコール系消毒液では

死なないウイルスを除去することができる、

という所が大きな特徴。

特許も取っています。

食品添加物として利用可能な

植物由来食品を使っているエタノール製剤。

「食品に混入しても食品衛生上の問題はありません」

とのことなので、

万が一、子供が間違えて口に入れても大丈夫。

ただしタンニンは、白いものに付着すると

色移りする場合があるそうです。

2 Virubus(ウィルバス)

食品添加物認可の安全性と、

速攻強力除菌を両立し、

幅広い用途に使用できます。

メーカーさんのサイトには

「ウィルバスは除菌力が強いだけでなく、

食の安全を守る環境で、実際に使える殺菌料です」

と表記されています。

手や調理器具だけでなく

食品に直接使える!!(かけられる)

ということですね。

直接食べものにかけるのは、

さすがに抵抗があると思いますが^^;

成分は、次亜塩素酸ナトリウム

(上水道やプール、ほ乳瓶、カット野菜の

殺菌用に使用されたりしています)

と水だけ。

厚生労働省も認可した

食品添加物殺菌料なのです。

安全性と、

ノロウイルスを動けなくすることを

両立させたシリーズで、

飲食店や宿泊施設などでも

使われています。

  • サルモネラ
  • 腸炎ビブリオ
  • 黄色ブドウ球菌

にも有効で、消臭にも効果的。

ウィルバスは、濃度別に3タイプありますが

厚労省がノロウイルスの殺菌に有効と推奨しているのは、

「ウィルバス200(有効塩素濃度200ppm・

衛生管理の新たな基準塩素濃度200ppmに対応)」

と、

「ウィルバス1000(有効塩素濃度1000pp

食品添加物殺菌料・感染拡大を防ぎ、

緊急時に使える高濃度タイプ)」

です。

3 イーフィックス

こちらは「BV4」という、

この消毒液ならではの成分が、

ノロウイルスを不活性化させます。

BV4は全て食品や食品添加物で

構成されているので、

こちらも食材に直接スプレーしても大丈夫。

人体に優しい消毒液です。

保湿成分が入っているので

手荒れの心配が少ないのも魅力。

ノロウイルスに有効な次亜塩素酸ナトリウムは

刺激が強い為、

人によっては手荒れを起こしてしまいます。

世界的にも特に厳しいとされる、

「AOAC基準」認定データに裏付けされた効果があり

信用度も高いです。

さて、「効果を信頼できる」として

ご紹介したのですが、

何をもって信頼できると言えるのか。

それは、

試験で「ネコカリシウイルス」を用いたかどうか?

を元に判断してみました。

ノロウイルスは、

人工的に培養できないので、

よく似た性質を持つネコカリシウイルスで

消毒効果をチェックするのだそうです。

ちなみにアルタンノロエースは、

実際のノロウイルスを使って開発されたそうです。

手軽に使えて効果的!ノロウイルス対策の消毒方法

c00975d484d8a3ef468db29c129ca22c_s

上であげた3つについては薄める必要がなく、

手軽にスプレーして使うことが出来ます。

キッチン・お風呂・トイレなど

要所要所に置いておき、

常々シュッ、と消毒すれば安心でしょう。

「きっちり手洗い」と

「しっかり加熱」が

ノロウイルス予防策の基本。

日常生活の中で気をつけていれば、

かなりの確立で感染防止が出来るはずです。

食品は、

  • しっかり加熱加工する
  • 二枚貝類は生で食べない
  • 調理台や調理器具はマメに消毒する

など。

とにかく掃除と消毒がカギです。

また、職場などで、

不特定多数の人が触れたり使ったりするものや

場所だけでなく、

家族共通で使用する共有箇所も

清潔を心がけましょう。

「やりすぎかな〜?」

と思っても、

ノロウイルスに感染して痛い目をみるよりは

少しぐらい神経質なほどに

予防するに越したことはありませんもんね。

製品情報を確認してから正しく使って

ノロウイルスの感染を防ぎましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です