帯状疱疹の症状の一つ!頭痛は身体からの危険SOS!?自己判断は危険かも!?

スポンサードリンク

帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、

痛みを伴う皮膚の病気です。

↓↓↓これ↓↓↓は、実際の画像です^^;

IMG_5558 のコピー

目に見える症状としては、

身体の左右どちらか一方に赤い発疹が帯状に現れ、

刺すような痛みを伴います。

初めは虫に刺されたような

赤い発疹がポツっと一つだけ現れ、

2~3日で帯状に広がり、

水膨れのようになってしまい、

痛みも強まります。

初期の時点で、

虫刺されよりもチクチクした痛みが出るので、

その時に皮膚科の受診を受けることをお勧めします。

症状が進むほど、発疹と痛みが強くなるので

早期治療が大切です。

スポンサードリンク

帯状疱疹で頭痛は起こる?

疱疹が出来る数日前から、

片側だけの頭痛や眼痛の兆候を感じる場合は

少なくありません。

帯状疱疹に伴う頭痛は、

血管が拡張することによる偏頭痛です。

水疱瘡ウイルスが活発になり

神経がウイルスによって攻撃を受け

刺激を受けた血管が炎症を起こし拡張するため

チクチク、ズキズキといった痛みが起こります。

また、頭痛に伴い、

しびれが起こることもあります。

このしびれは、髪の毛が逆立つような感覚

表現されることが多いです。

(私も、そう感じます。。。)

帯状疱疹で起こる症状とは?

患部に手をあてる

皮膚のかゆみや、違和感はもちろんですが

  • 発熱
  • 嘔吐
  • 腰痛

などの症状が起こる方もいます。

中でも多くは、初期段階で

神経痛のような痛みが現れることから、

よく間違われます。

発熱については、

ウイルスの力を抑えようと働く、

生体防衛機能が起こす反応です。

帯状疱疹は、

免疫力が下がっている時に現れる疾患。

ですので、風邪などの症状を同時に引き起こし、

発熱を起こす可能性もあります。

帯状疱疹の自己判断は危険!?

9f92c8971fc69956922d8ced4ae857eb_s

医師の診断を受ける前で、

発疹がまだ出ていない場合。

単に頭痛や腰痛、耳の病気と

間違えがちです。

いつもと違うと感じたら、自己判断せずに、

一度診断を受けたほうが無難でしょう。

適切な時期に、

きちんと効果的な治療を受けることで

早めに治癒できて、

皮膚に跡が残ることを防げます!

帯状疱疹は、

酷くなると入院治療が必要になります。

他人にうつることはありませんが、

水疱瘡にかかったことのない乳幼児には、

水疱瘡として感染することもあります。

帯状疱疹に伴う頭痛と治療

5c2c3d08a68faa90031de5ea2ddddf32_s

帯状疱疹の影響で起こる頭痛で

悩んでいる方は、意外とけっこういます。

神経に沿って発生するので、

重い神経痛のような痛みで、

眠れない方も多くいらっしゃいます。

頭痛を治すには、

原因の帯状疱疹を治すことが必要。

適切な治療を受ければ、

2~3週間で治すことができます。

(これでも早い方ですよ!)

一般的に処方されるのは、

抗ウイルス薬と消炎鎮痛薬です。

下手に市販の頭痛薬を使うより、

疱疹が出る前であれば、しっかりと病院に行って、

一度きちんと受診された方がいいでしょう。

疱疹が出た後に頭痛が起きたなら、

診断された皮膚科へ、

頭痛の症状を相談してみてください。

細菌の感染を防ぐためにも、

くれぐれも水ぶくれは破らないように!

まとめ

a80ba4ccec481e15507b7d67397425e5_s

先ほども言いましたが、

帯状疱疹は、免疫力が低下した際に

発生する症状です。

  • 仕事で忙しくて、体力が下がっている時。
  • ストレスがたまっている時。
  • 彼氏、彼女と喧嘩をしている時。

などなど・・・

自分の身体から発信されたSOSだと思って、

薬の服用だけでなく、

しっかりとした休養と共に治療していきましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加