ツライ!コンタクトの充血と痛み…もしかしたら○○かも……!?

スポンサードリンク

ここ数年、

花粉やPM2.5が激しいからでしょうか?

「最近、コンタクトレンズをつけると痛む! 」

なんて、苦しんでませんか?

  • 真っ赤になって困っている・・・
  • 何かの病気かもしれない・・・

と、不安な思いされている方のために

今回しっかりと調べてみました。

コンタクトの充血や痛み!考えられる病気とは?

スポンサードリンク

まず、コンタクトレンズのタイプ別装用者

の割合です。

2010年 データ(矢野経済研究所調べ)

  • ワンデー              32.8%
  • 2ウィーク            32.9%
  • 1週間連続装用         0.1%
  • 1カ月・ 3カ月交換    6.1%
  • ハードレンズ          30.7%
  • 従来型ソフトレンズ (一定期間使い続けるタイプ)  7.3%

使い捨ての装用者が65%強と、

かなりの割合をしめています。

またハードレンズは、乾燥にしにくいとか、

鮮明な視力が出るといった点から、

ゆるぎないファンが30%強もいるようです。

使用者の増加、試用期間の長期化に伴い、

様々な眼病が増えていることも事実です。

多くの眼病は、

コンタクトレンズの汚れや、タンパク質の付着、

ようするに、コンタクトの手入れ不足

ほとんどの原因になっています。

主な病気と、障害の症状を列挙してみます。

◇巨大乳頭結膜炎

目がかゆい、充血やゴロゴロする、

などの症状と共に、

まぶたの裏側の結膜に白色のブツブツができます。

コンタクト使用者は、

装用時にレンズのズレを感じるようになり、

視界がボケてきます。

◇結膜血管新生(別名:角膜パンヌス)

特にソフトコンタクトレンズを

使っている人に多い、と言われる眼障害。

中央の虹彩や、黒目の上に向かって

新しく血管が伸びていく症状が見られます。

痛みや視界不良などの自覚症状が

ほとんど見られず気付きづらい眼障害です。

◇角膜内皮障害

初期自覚症状は特になし

痛みや違和感もほとんど無い。

ひどい場合にのみ角膜が白く濁り、むくんで痛む。

角膜の表面から

  • 角膜上皮
  • 角膜実質
  • 内皮の細胞

が減少し、やがては視力が著しく減退する、

悪くすると失明してしまう、という眼障害です。

◇アカントアメーバ―角膜炎

発症初期では涙が出る、目やにがひどくなる、

などの症状しか見られません。

症状はじわじわ進み、徐々に痛みが激しくなり、

視界不良も悪化します。

ひどくなると、角膜を溶解させて

失明に至る危険性すらあります。

角膜の眼病の中でも、

非常に危険性が高いと言えます。

痛みがで始めた時の応急処置や対処法とは?

目が痛い

失明の危険性のある、恐ろしい眼病も

いくつかありました。

これらの症状に該当せず、

痛みや充血がおこるのは、

  • 眼精疲労、
  • ドライアイ
  • 紫外線の刺激

により痛む場合や、

アイメイクの成分がレンズに付着し

傷つける場合、などが考えられます。

忙しくて眼科に行けない時は、

目薬を使ってみましょう。

症状によって必要な成分が変わりますので、

薬剤師さんに相談して購入することをお薦めします。

冷やしてみるという方法もあります。

痛みがひどい場合は、冷やしたタオルを当てて

冷湿布をしてみてください。

徹夜でパソコンを使ったなど、

明らかに眼が疲れて充血している場合は、

逆に温湿布がお薦めです。

40度位に温めたタオルを

10分程度眼に当ててみてください。

血行が良くなり、

酸素欠乏が緩和されると思います。

でも、いずれも急場の対処方法ですので、

早めに眼科受診をおすすめします。

冒頭でもお話ししましたが、やはり長時間連続使用や、

汚れたままのレンズの長時間装用が

眼病の原因のトップです。

大切な自分の眼は、自分で守りたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です