童謡[もみじ]歌詞の意味は?秋の山と渓流に流れる美しさが心温まる

スポンサードリンク

唱歌[もみじ]

秋の夕日に照る山もみじ

濃いも薄いも数ある中に

松をいろどる楓や蔦は

山のふもとの裾模様

谷の流れに散り浮くもみじ

波に揺られて離れて寄って

赤や黄色の色さまざまに

水の上にも織る錦

文部省唱歌[もみじ]

作詞:高野辰之

作曲:岡野貞一

編曲:中野義見

美しい歌詞ですね。

歌詞を眺めているだけでも、

ふわーっと情景が浮かんでくる。

「どこのあの場所」

なんて特定は出来ませんけど、

目の前なのか、心の中なのか、

山々の綺麗な紅葉や、

水辺で揺れる紅葉が浮かんで

幸せになってきます。

ずいぶん古い歌ですが、

現在でも古さを感じない名曲ですね!

子ども達に伝えていきたい、

未来へつなげていきたいと思います。

緑の山の中の緑の美しさ[もみじ①番]歌詞

スポンサードリンク

見たままを歌ったものである、

と言う人もいます。

確かに情景を思えば、秋の夕方、夕日が照って、

夕日のオレンジ色にも、もみじがある。

赤・黄色・オレンジと、

濃い色、薄い色が、数えきれないくらい、

山を飾っている。

ただ、紅葉があるだけではなくて、

山の緑の松や、杉を美しく飾っている。

まるで着物の裾のようである・・・

でしょうか?

小学生の女の子に

「この歌を聴いたら、どんな色が見える?」

とたずねてみました。

「赤・黄色・オレンジ・緑・青」

でした。

燃えるような赤や、茶褐色や黄色は

もみじや蔦の色

オレンジ色は夕日の色、空の色

緑や青は松や常緑樹の色、そして山の色

ただ、紅葉があるだけではない、

山に、緑の木々の中に紅葉がある。

緑の中にもみじが映えている。

コントラストの美しさを

とらえていると思います。

立ち位置から言えば、

山の上の方から少しずつ、

すそ野の方へ目を移していった風景ですね^^

水の上の美しさ[もみじ②番]歌詞

%e3%82%82%e3%81%bf%e3%81%97%e3%82%99-1-300x200

山あいを流れる川に、

もみじがハラハラ落ちて、浮いている。

小波に揺られて、離れたり寄ったりして、

赤や黄色のもみじがたくさんの模様を作っている。

まるで、水の上に織物の錦を織っているように

流れている。

山から目を移して谷間に流れる紅葉を

眺めている風景です。

1番が、遠くから紅葉の山を眺めているのに対して、

2番はもっと近くで、紅葉を見ています。

紅葉は時期がくると、

落ちて谷間の川に浮かびます。

軽いから、ちょっとの間は沈まずに、

流れの中で、赤や黄色の葉が離れたり

寄ったりを繰り返しながら、

さまざまに形を変えます。

それが、織物の錦のように美しい!

もみじは山に在る時だけでなく散っても、

水に浮かんでも美しいですね。

子どもに歌詞から風景を創造してほしいお母さんへ!

%e7%ab%a5%e8%ac%a1-300x300

『もみじ』

きれいで、なつかしい歌ですね。

創造力をかきたてる歌詞で、

紅葉の山の景色が広がっていきます。

子ども達にもぜひ、

想い浮かべてほしい、創造してほしい歌詞です。

でも、子どもの創造するものと、

大人が思い浮かべるものは

違うような気がします。

それは、経験や知識の量です。

今まで見てきた実際の風景や、

写真の量の違いからくるのではないでしょうか?

今回、私も歌詞を見て、

たくさんの紅葉の景色が目前に広がる?

ように感じました。

目前か心なのか、定かではないのですが、

毎年見てきた紅葉の積み重ねから感じています。

積み重ねと言うより、

記憶のストックという表現の方が正しいかも?

紅葉だけじゃなく、どんな事にも当てはまりますが、

経験値や記憶、様々な知識が

豊かな創造力を生むのだと思います。

お母さん!

子どもさんの創造する力を養うためにも、

山、紅葉、たくさんの美しい景色を

見せてあげてください。

楽しいこと、不思議なこと、面白いこと、

一緒に遊んで経験させてあげてください。

「きれい!」

「えーっおもしろい!」

「変なの」

その時々の記憶が子どもさんの

創造する力になっていきます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加