髪に悪いシャンプーとは?プロが絶対に使わないNGシャンプー

スポンサードリンク

抜け毛が一番増える季節とは?生活習慣の改善方法で話した、
頭皮を清潔に保つには、シャンプー選びは重要です。

でも実際、どんなシャンプーを使ったら良いの?

こんな事に悩まされている人も多いはず。

スーパーやドラッグストアに行けば、
シャンプーが多過ぎて選べない・・

結局、テレビでCMをしているシャンプーを購入してしまう。

本当にこのシャンプーの成分、大丈夫なのか・・・?

という事で、シャンプーにまつわるウワサも含めて、
某有名美容室の方に聞いてきました。

石鹸系や殺菌系のシャンプー、ラウリル硫酸塩系シャンプー

スポンサードリンク

まずは避けた方が良い一つ目は、
石鹸系シャンプーとの事。

石鹸系は、弱アルカリ性なので髪のキューティクルが開いてしまう。

洗浄力も強くて、開いたキューティクルから中に入り込み、
髪自体にダメージを与えてしまう恐れが強い。

それに、石鹸カスが残りやすいので、
洗い終えた後でも髪がバサバサになってしまう事も。

次は、殺菌系シャンプー

ここ数年、急激に増えている殺菌系シャンプー、
少しのニオイでさえも防ぎたいという、
日本人の潔癖性の性格からシェアを伸ばしています。

ですが、全ての菌を殺菌してしまうので、
それこそ頭皮によくありません。

お肌には、善玉菌と悪玉菌がありますが、
この善玉菌も殺菌してしまうんです・・

善玉菌が無くなってしまうと、
乾燥肌やフケが目立つようになり、
シワが促進、急激に老けてしまう可能性も!

そして最後に、ラウリル硫酸塩系のシャンプー

これは絶対に避けて欲しい。

このラウリル硫酸塩系のシャンプーは、
以前は欧米で大量に使われていました。

ですが、肌への浸透率が高く、
皮膚病が多発して、今では欧米ではほとんど使われていません。

日本では、まだまだ多い(どころか増えている)のは、
外資系企業が、余った在庫をアジア各国に、
安くで提供しているからとも言われています。

やめてよね。。 ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

シリコンや石油系のシャンプーは?


シャンプー

一般的にいわれている『シリコン系シャンプーは危険』というウワサ。

リンス?トリートメント?コンディショナー?効果は違う?育毛剤は使えるの?
でも話しましたが、
実はシリコン自体に害はありません。

むしろ、髪の保護には必須とも言えます。

頭皮に付いているシリコンをきちんと洗い流しさえすれば、
むしろウエルカムな存在とも言えるでしょう。

そして次にウワサされているのが、『石油系シャンプーの危険性』。

この石鹸系シャンプーが危険というウワサも、実はまったくのでたらめ。

石油自体は、天然資源。

ですので、性質のコントロールがしやすいため、
他の成分の刺激や毒性を抑えるために使われています。

むしろ、髪にも頭皮にも安全と言えますね。

最終的には、石鹸系、殺菌系、ラウリル硫酸塩系、
この3つを避ければ、ほとんど間違いが無いとのアドバイスもありました。

一般的なウワサは間違っている事も多いもの。

やはりどんな事でも、プロに聞くと間違いが無いですね。

値段も気にならないほどの差ですし、
本当に良いものを使うように心がけるようにしましょ~ね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です