たるんでいるフェイスラインの引き締め方とは?

スポンサードリンク

老け顔の原因と特徴!改善方法とは?で、
フェイスラインについて少し触れてみました。

でも、一日二日の対策では、
まったく意味がない!!

でも・・
時間も無い・・・

そんな、めんどくさがり老け顔恐怖症のあなた!

   m9っ`Д´)

隙間時間を利用して出来る、
「ながらでも出来るフェイスライン対策」
を調べてみましたよ。

フェイスラインのたるみの原因

フェイスラインのたるみの原因と言えば!

太って脂肪がついていたり、
むくんでいたりといったイメージがあります。

ですが本当の原因は、筋肉の衰えなんです。

顔筋が衰えてくると、顔全体が下がってきてしまい、
フェイスラインに溜まってしまいます。

これが、フェイスラインのたるみの原因。

これは、二重あごにも影響を与えてしまいます。

スポンサードリンク

フェイスラインをシャープにする方法

もしも脂肪がついてたるんでいるのなら、
改善する事は難しい。

なぜなら、部分痩せ、部分ダイエットは、
ほんとうに難しいから。

でもフェイスラインのたるみは脂肪ではないので、
きちんと対処さえすれば、きちんと改善出来ます

シュッとしたフェイスライン、
憧れますよね〜。

シュッとしたフェイスラインにするためには、

  • 顔筋を鍛える
  • 血行を良くする

この二つのことが大切です。

顔筋を鍛えるには?

人は、年をとればとるほど、
筋肉が衰えていきます。

筋肉が衰えてくると、

  • お腹が出てきたり。
  • 猫背になったり。
  • 腰痛になったり。

身体の色々なところに
歪みが出てきます。

そしてそれは、顔も同じ。

特に、顔の筋肉は意識しないと使いません

逆に言うと、顔の筋肉を意識している人は、
あまりいません。

少し意識するだけで、
同年代の他の人よりも、
若々しくいられるということ。

少しずつでも意識をして、
友達と差をつけてみましょう。

「あいうえお」から順番に口を動かす

顔筋を鍛えるのに一番手軽なのは、
「あ」順番に「わ」まで言うこと。

この時に意識することは、
口を大きく開けて、はっきりと動かす。

べつに、声を出す必要はありません。

筋肉を大きく動かす意識をすることが大切です。

ほら。

気持ちいいでしょう?

ペットボトルを口で咥える

口の周りの筋肉を鍛えるために、
水を入れたペットボトルを咥えて、
水平を維持してみましょう。

始めは、キツいと思うので、
そんなに水を入れる必要はありません。

慣れてきたら少しずつ、
水の量を増やしてみるといいですよ。

「あいうえお」ではストレッチを意識するのに対して、
こちらは顔筋の筋トレですね。

血流を良くする

身体と同じで、顔も部分的に血流が悪くなってしまっています。

その、血流が悪い部分をマッサージしましょう。

血流が悪くなっている部分を調べるには、
口を大きく開けて、
舌を全力で突き出してみて下さい。

そうすると、血流が悪くなってしまっている部分が、
痛かったり、張ってしまったりします。

血流が悪くなっている部分が分かったら、
その部分を定期的に、手の平でゆっくり念入りマッサージ。

始めは痛いかもしれませんが、
血流が良くなるにつれて、
徐々に気持ちよくなっていくはずです。

コラーゲンを摂取する

フェイスラインのたるみにも、
コラーゲンを取ることは大切です。

でもこのコラーゲン、取り方にも注意をして下さい。

食べ合わせ次第では、
身体がコラーゲンを吸収するのを
ジャマをしてしまうものもあります。

代表的なもので言うと甘い食べ物。

甘い食べ物は、コラーゲンの吸収を阻害して、
肌の老化を早めてしまいます。

食べたらダメということではないですが、
食べ過ぎには注意をしましょうね。

コラーゲンを吸収しやすくなる栄養素は、
ビタミンCや鉄分です。

お菓子が食べたくなったら、
果物を食べるようにした方が良いということですね。

まとめ

身体のケアで考えると、
至って普通のことばかりですよね。

でも、フェイスラインでは意識していなかったこと
ばかりではないでしょうか。

全力で気合いを入れる必要は無いのですが、
毎日少しずつ。

毎日出来なくても、
一日おきにやってみる。

週二回はやってみる。

自分なりのペースで良いので、
継続して、やってみてください。

「あいうえお」なんかは、
湯船に浸かりながらでも出来るかと思います。

まずは3週間。

3週間、継続できると、
一気に顔つきが変わってくると思います。

頑張ってみて下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です