危険!立ちくらみの原因と対策を知ろう!

スポンサードリンク

最近、頻繁に立ちくらみが起こるので、
困っています・・・

少し前にも頻発していたのですが、その時は

「離婚の過度なストレスのせいでかなー」

と思っていたんですが・・

原因と思っていた離婚問題が落ち着いてきても、
まだまだ立ちくらみが収まってくれる気配がありません。。

なんでなのかなー。

彼女が欲しすぎてかなー。

<>m9(`・ω・´)っ ソレダッ!!

( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

あるとき、駅のホームで立ちくらみが酷くて、
少し危なかった事がありました。

本当に、少し死の恐怖が・・・

怖かったので、原因を調べてみましたよ。

スポンサードリンク

原因① 低血圧

立ちくらみが起こるときといえば、
立ち上がった時に起こる事が多いですよね。

そのままやん。

とゆー事は置いといて。

原因は、脳内に一瞬、
血液不足や酸素不足が発生するから。

簡単に言うと、一時的な酸欠状態ということですね。

対処方法は、もういちど座り直して、
落ち着いてからゆっくり立ち上がること。

そのとき、顔もゆっくり上げるようにしましょう。

低血圧自体は体質の問題があるので、
対策という対策はありません。

無理をしない。
これがいちばんの対策です。

原因② 貧血

会社の朝礼や、満員電車の中など。

緊張状態で長時間立ちっぱなしの時にも、
めまいや立ちくらみが起こることがあります。

こんなときにも、
無理をしないで座るようにしましょう。

電車の場合、周りの目が気になって、
無理に座ることが出来ないこともあるかもしれません。

そんな時でも、周りの目は気にしないで座って
次の駅で降りるようにしてください。

わたしもつい先日、生まれて初めて電車内で、
急に気分が悪くなったことがありました。

乗車した時は、

「今日ちょっと、しんどいなー」

ってくらいだったんですが。

10分ほど乗っていると急激に、

汗がドバっと・・・

次の駅ですぐに降りて倒れ込み、
駅員さんにタンカで運ばれてしまいました。

ここまでなると、もはや周りの目を気にする余裕なんて
まったく無かったです(笑)

貧血は、血液が薄くなった状態

電車で倒れる時のような貧血は脳貧血で、
低血圧と同じような状態です。

立ち上がったときに倒れるような場合、
貧血なのか低血圧なのか、
少し分かりづらいかもしれません。

どちらか分からない場合。

とりあえず、レバーやほうれん草をたくさん食べましょう。
鉄分を多く摂取して、血液を濃厚にしてください。

それでも改善しない場合は、
病院で血液検査をしなければいけませんよ。

原因③ 自律神経の乱れ

自律神経。

心臓を動かしたり、血管の中に血を流したり。
呼吸や食べた物を消化したり。

無意識に行う身体の生命維持コントロールのこと。

この自律神経が乱れる初期症状の一つに、
立ちくらみがあります。

原因の一つは、
過度なストレスや、不規則な生活。

⇩⇩これもダメ。

( ´Д`)y━・~~

いちばんの対策は、ストレスの元を排除すること

わたしの場合、離婚を早く円満に解決して、
普通の生活に戻す。

それと、次の彼女を早く作ることでしょうか(笑)

睡眠をしっかりとって、適度な運動をしたり、
健康的な生活を心がけるのも大切です。

お風呂でゆっくりと、アロマに癒されるなんていう方法も、
効果的ですね。

立ちくらみの原因は、
貧血だと思っている人は多いと思います。

ですが、他にも色々な原因が隠されている可能性もあります。

脳の病気が隠されている可能性も、捨てきれません。

特に、頭痛や吐き気のような症状がある場合。

すぐにでも病院で検査をした方が良いでしょう。

病院に行くと、CTやMRIなど、
精密検査になるかもしれません。

少し費用はかかってしまいますが、
命と安心をお金で買えると思えば、
安いものではないでしょうか。

健康は、他の何にも変えられませんよね。

ちなみにわたしの頭痛の原因は、
過度なストレスから解放されて、
ホッとして気が緩んでいるからとの事でした。。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です