頭皮のかゆみと抜け毛の対策を!シャンプーの仕方から考えよう!

スポンサードリンク

30歳を超えたあたりから、

頭皮のフケやかゆみに悩まされる男性は、

かなり多いのではないでしょうか。

抑えようと思っても、なかなか収まってくれませんよね・・・

特に、父親の家系がハゲ家系だったりすると、
心配になってしまいます・・・

頭皮のかゆみは、慎重に対処をしなければ、
大変な事になってしまいます!

原因を知って、正しく対処をしましょう。

頭皮のかゆみの原因は?

スポンサードリンク

頭皮のかゆみの原因。

それは、雑菌の繁殖であることがほとんど

一つ目のパターンは、皮脂の不足による乾燥

頭皮も、他の肌と同じで、
乾燥してしまうとかゆみが起こってしまいます。

かゆいからといってかいてしまうと、
頭皮が傷ついてしまって、よけいにかゆみが増してしまいます。

炎症が起こってしまったり、フケが発生してしまったり。

そうして、雑菌が発生してしまい、
さらにかゆみを増長させます。

二つめは、皮脂が多すぎて雑菌が発生してしまうパターン

飲み会が好きな男性に多いパターンですね。

飲み会でお風呂に入る時間が遅くなってしまったり、
お風呂に入るのをサボってしまったり。

頭皮環境が不衛生な状態だと、
古い皮脂が残ってしまっている状態。

そこから雑菌が、大量に発生してしまいます。

かゆいので、爪を立ててかいてしまう。

頭皮が傷ついてしまうと、
そこから炎症が起こってしまいます。

そしてさらにかゆさが増して・・・
というスパイラル。

皮脂は、多すぎても少なすぎてもいけません。

シャンプーのやりすぎもNG!

頭皮環境をキレイにしようと思って、
シャンプーをしっかりとする人がいます。

人によっては、2回、3回と繰り返しする人も。(ちょっと前のわたしです・・)

でもこれは逆効果。

確かに、スッキリして気持ちいいので、
やりたくなってしまう気持ちは分かります。

ですがシャンプーのしすぎは、
頭皮の皮脂を完全に無くしてしまう
ので、
乾燥の原因になってしまいます。

皮脂は、頭皮を守ってくれているので、
適切な量は必要なんですね。

この皮脂が少なくなってしまうと、
頭皮へ刺激が直撃してしまう。

そうすると炎症が起こってしまい、
さらにかゆみを増長させてしまいます。

皮脂は、多すぎても少なすぎてもダメです。
シャンプーも、しすぎてもしなくてもダメです。

適切なシャンプーをするようにしましょう。

適切な対処をしないと抜け毛が・・・

古い皮脂は、適切に除去しないと、
抜け毛につながってしまいます。

毛穴に詰まってしまうと、
髪や毛根に栄養素が行き渡らなくなって、
どんどん抜け毛が起こってしまいます。

これとは逆に、皮脂不足で乾燥でのかゆみの場合。

頭皮に湿疹やニキビが出来て、雑菌が繁殖。

このパターンでも抜け毛が促進されてしまいます。

頭皮にかゆみが出てくるということは、
今やっているケア、何かが間違っているということ。

場合によっては、プロに相談した方が良いかもしれません。

炎症が起こったら薬を使うことが効果的

頭皮に炎症が起こってしまうと、
どんどんかゆみが増していきます。

そこまでいくと、薬を使う事をオススメします。

市販の薬の場合だと、かゆみを抑える薬や、
ジンマシン、あせも対策の薬も効果有りです。

かいてしまうと、炎症はなかなか収まってくれません。
まずはかゆみを抑える事が大切です。

出来れば、お医者さんに行ってもらいたいですけどね・・・

適切なシャンプーを選ぼう

頭皮のかゆみは、適切なシャンプーが出来ていれば、
起こる事はありません。

という事は、シャンプー自体がちゃんと出来ていない、
間違ったシャンプーを選んでいる可能性が高いということです。

乾燥して頭皮がかゆくなっている人は、
洗浄力が強過ぎるシャンプーはやめておきましょう。

低刺激でお肌に優しい、赤ちゃんやアレルギーの人でも
使える系のシャンプーがオススメです。

逆に、皮脂が多くてかゆみが起こっていると実感している人は、
少し洗浄力が強い薬用シャンプーで、
まずはいったん、頭皮をキレイにしてしまいましょう。

そのとき、頭皮ブラシなどを使って、
毛穴までしっかりと汚れを落とすことも大切です。

ある程度、頭皮環境が落ち着いてきたら、
お肌に優しい系のシャンプーと併用するといいでしょう。

ハゲの家系でなくても、不摂生や不衛生な生活をしていると、
抜け毛は起こってしまいます。

正しく適切な処置を早めにして、
髪の将来に未来を与えましょう!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です