30代の彼氏へプレゼント!シーン毎でのオススメブランドは?

スポンサードリンク

仕事も安定してきて、
バリバリ働き盛りの30代男性。

今までの若手扱いとは違い、
取引先でも、社長や役職者など。

目が肥えた年配の方々と接する機会が
多くなってきます。

食事などの接待の場も、増えてくるでしょう。

社会的立場が高い人と接する機会が増えてきても。
安物の衣服やカバンなどを身につけていては、
相手にされなくなってきます。

そんな中でも、
特に見られているのがネクタイ

ネクタイの価値は、
女性や若い人には、なかなか理解しづらい小物。

ですが実は、ネクタイを重要視している年配の方は、
けっこういるんです。

センスの良いネクタイをしていると、

「おっ!君、良いネクタイしてるね。どこのブランド?」

なんかと言われたりします。

そんな大切な30代のネクタイ。

自分ではなかなか、
良いネクタイを買うキッカケもありません。

彼氏が仕事で大成功するように、
プレゼントで贈ってみてはいかがですか??

スポンサードリンク

素材や着用シーンを考えてから探そう

まず大切なのは、着用するシーンを考えること。

  • 普段のビジネスシーンで使うのか?
  • 大切な商談、勝負所で使うのか?
  • 普段使い、カジュアルシーンで使うのか?

日本では、ネクタイと言えばビジネスシーン。

カジュアルなシーンでは、ネクタイをしないことが多いですよね。

でも、最近のオシャレに敏感な人たちは
ビジネスシーンとは違ったネクタイを、
カジュアルシーンでも取り入れています。

ビジネスでも、カジュアルでも。
どちらでも使えるネクタイを選んでも良いのですが。

ですがプレゼントの時は、
シーンを絞ってネクタイを選んだ方が良いですね。

そして素材ですが、
ビジネスシーンは当然、カジュアルシーンでも、
素材は絶対シルク100%!!

特にビジネスシーン、
オシャレに詳しい年配の男性に気に入られるには、
シルク100%はテッパンです。

イタリア製でシルク100%というと、
いわゆるオヤジ世代の人たちに
気に入られることは間違い無しでしょう。

作り方の最高品質は、
セッテピエーゲという製法で作られているネクタイ。

この製法は、七つ折りで芯地を使わず、
ハンドメイドでネクタイを作っている製法。

優雅な立体感や、独特の伸縮性、
ハンドメイドならではのしなやかさ、
付け心地が得られます。

普通のネクタイよりも、
贅沢に生地を使う特殊な製法。

難しい伝統技術ですので、
本場のイタリアでも職人さんが激減してしまっています。

ビジネスでの勝負所では、
このような最高級ネクタイを着用しているだけで、
全然違いますよ!

30代の男性オススメブランドはこれ!

ここからは、それぞれのシーンごとにオススメのブランドを
ご紹介しましょう。

似たようなデザインでも、
それぞれのブランドで個性を出しているので、
ネクタイ選びの参考にしてもらえればと思います。

ベーシックビジネスシーン

コムサシリーズ


まずは安定感抜群!

コムサシリーズのネクタイです。

誰でも似合うビジネスアイテム、
定番ブランドですね。

目立ったデザインや、
色使いといったところを求めると、
正直物足りない気はするかもしれません。

ですが、どのようなビジネスシーンでも
合わせられるデザインが豊富です。

特に普段使いが出来るネクタイが、
手頃な値段で揃います。

急にネクタイが必要になった!

そんな時に、手頃な値段で
高品質のネクタイが手に入るブランドです。

プレゼントに最適なブランドか?

というわけではありませんが、
選択肢の一つとしては、
全然問題ないでしょう。

ブランドによって、
ターゲットの年齢層が分かれていますので、
参考にして下さい。

  • コムサイズム(COMME CA ISM)なら、20代〜30代前半。
  • コムサメン(COMME CA MEN)なら、30代〜40代前半。

ポールスミス


ワンランク上のネクタイブランドとしては、
ポールスミスで決まりでしょう。

ポールスミスでは、ベーシックなデザインから、
かなりカラフルな柄のネクタイまで。

かなり幅広いデザインが取り揃えられています。

そんな中でも、普段のビジネスシーンで
ワンランク上のオシャレ感を演出するには。

紺ベースのレジメンタルネクタイがオススメですね。

レジメンタルとは、右上がりのストライプ柄のこと。

日本のビジネスシーンでは、ダントツでベーシックな柄。

ポールスミスのレジメンタルは、
カラフルではありますが、
紺がベースになっているので、
着用してみると、意外とシックリくるはずです。

値段的にも、安すぎず高すぎず。
普段使いとしては最適な、適正価格ですよ。

勝負時ビジネス

グッチ


グッチは、誰もが知ってる
高級ラグジュアリーブランド。

主に財布やバッグが有名ですが、
メンズのビジネスラインにも力を入れている、
数少ないブランドの一つがグッチです。

デザイン性が高いイタリアのブランドの中でも、
わりとベーシックで着けやすいデザインが豊富。

ですがやっぱり、他のブランドにはない高級感は、
見た目だけじゃなく、着けたときにも分かるはずです。

勝負どころでの1本として、
持っていて損をしないブランドですよ。

ちなみにわたしは、
グッチのヴィンテージネクタイも、
父から借りたまま上京しました。

何年経っても、どんなデザインの
スーツやジャケットにも合わせられる
ので、
重宝しています。

返す気持ちは・・・全く無いですね。

エルメス


エルメスのネクタイは、
世界のVIPも、オシャレを最大限に魅せるときに
着用しているブランドの一つ。

もともとは馬具や
革製品がメインとしていたブランドなので、
伝統技術やハンドメイドを重要視しています。

高品質は、間違い有りません。

デザインですが、イタリアやイギリスなど、
他のブランドには無いキレイな色が特徴です。

品良く目を引くことの出来る、
センスの良いブランドと言えるでしょう。

好き嫌いが分かれるブランドですが、
フランス好きならオススメです。

カジュアルシーン

バーバリー


カジュアルネクタイの代表格と言えば、
バーバリーですね。

カジュアルシーンのネクタイ入門ブランドには、
ピッタリのブランドです。

ビジネス、カジュアル、
どちらでも使える柄が多いのですが、
基本的にはチェック柄は
カジュアルシーンにはバッチリです。

ベージュ+ブラックの、
定番的なバーバリーチェックを持っている人は多いです。

ですが、白+黒のモノトーン色のバーバリーチェックは、
他の人とはちょっと違ったオシャレ感を演出できますよ。

ヴィヴィアンウエストウッド


他の人とは一線を画す、
ファッショナブルブランドと言えば、
ヴィヴィアンウエストウッドでしょう。

洋服は奇抜すぎて難しいかもしれませんが、
ネクタイなら、ベーシックの中にも個性を演出しやすい。

絶対に他のブランドでは出していない柄や色は、
他の人とバッティングすることは絶対にありません。

イギリスでSir(サー)の称号を持っている、
数少ないデザイナーの一人ですので、
とうぜん品質は間違いありません。

わたしは仕事がら、
色々なブランドの展示会にお呼ばれして出席します。

その時の服装、スーツはベーシックでも、
ヴィヴィアンウエストウッドのネクタイをすれば、
他のファッショナブルな人よりも
注目されることもありますよ。

世界でも最高品質!イタリアネクタイブランドとは?

イタリアのナポリは、
世界でも高品質なネクタイを作っている地域。

その中でもオススメのブランドを紹介しますね。

マリネッラ(Marinella)


ナポリのネクタイブランドの中でも、
世界でいちばん有名なブランドでしょう。

値段も、2万円くらいから購入することが出来るので、
高品質のわりにはこなれた価格かと思います。

本場イタリアのセレブの間では、
マリネッラの高価格帯ネクタイが贈り物の定番らしいです。

日本では、東京の青山に直営店があります。

チレント(Cilento)


創業200年以上の、超老舗ネクタイブランド。

日本での知名度は、
ほぼ無いと言ってもおかしくありません。

ただ、本場イタリアでは、
このチレントのネクタイが最高峰とされています。

イタリア統一150周年記念ネクタイ、
マヤ暦世界の終わり記念ネクタイなど。

ネタ系の一風変わった
遊び心のあるイベントネクタイも作っています。

ウルトゥラーレ(Ulturale)


クラシカルなイタリアンスーツに
映えるネクタイを目指しているブランド。

他のブランドは、セッテピエーゲ(七つ折り)にこだわっていますが、
ウルトゥラーレは、トレピエーゲ(三つ折り)の独自性法も発表しています。

サマースーツなど、軽快な印象を出したいときには、
このトレピエーゲ製法がオススメ。

ナポリのお守り「コルノ」を、
ネクタイ裏に、隠れアクセサリーとして付けています。

いかがでしたでしょうか?

思っていたよりも、
ネクタイの世界は奥が深いと思いませんでしたか?

男性は、あるていどの年齢になって余裕が出てくると、
特にネクタイにこだわりを持ちます。

社会的立場が高い男性なら、尚のこと。

彼氏が出世するためにも、
ネクタイはとても大切なんですよ〜。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加