休職によるメリットと人生観の変化!生き方全てが変わった体験談!

スポンサードリンク

前回は、誰しもが不安に思うであろう、
休職中の収入、生活費の不安。経歴のキズなど

を話しました。

今回は、休職によるメリットを考えてみましょう!

自由な時間がたんまり☆

何よりもこれが全て!最大最高のメリットです!! ヽ(●・ω・)ノ

誰しもが軽視しがち、でも何よりも大切な『時間』

これは本当に大切な事。
寝たければいつまででも寝られます(笑)
好きな趣味に没頭も出来ます。
健康的な生活、堕落した生活、何でも有りです。

堕落はお勧めしませんが(笑)

私が休職をし、治療した時の体験談を話しますね。

寝るのは・・・1週間で飽きました・・・(笑)

ですが、この時はまだ、何かを考える事はまだ早いと。
お医者さんに言われました。

会社の事、家族の事、将来の事・・・

考えてもしょうがない事は考えないっ!

これが、私がうつ病になって心がけた事の一つです。

なのでしばらくは、何も考えず
家でゆっくりとテレビを見たり、
したい事、今までは時間が無くて出来なかった事、
趣味などをしようと考えていました。

で。
私がした趣味ですが。

旅行です

_|\○_ヒャッ ε= \_○ノ ホーウ!!

うつ病の治療中に旅行に行く事、否定的な意見の方は多いのですけど(笑)

気晴らしになる事をするのが、
一番の治療法だと私は思います。

なので私は、大好きな旅行、温泉巡り、秘湯巡りに明け暮れました♪( ´θ`)ノ

当然、お医者さんに相談した上でという事が条件ですけどね(笑)

やはりさすがに海外旅行は
お医者さんのOKが出ませんでしたが・・(ヾノ・∀・`)ナイナイ

海外だと、どれだけ言葉に堪能だったとしても
どうしてもストレスがかかってしまうから・・のようです。

ですので国内旅行で、帰る日も決めずにフラフラと気晴らし。

ロードバイク(自転車)で、その日の気の向くままに
本当にフラフラした事も(笑)

スポンサードリンク

価値観の変化

で。

一人旅行だと、やっぱり自分の事を考える時間も出来るんです。

このうつ病を患ったとき、追い打ちをかけるように離婚されたので
一人旅行になってしまったんですが(笑)

自分の事を考えたのは、だいたい夜。
宿泊施設で一人になった時でした。

働いている時は、頭も体も生活も
全てがグチャグチャだったんですが
何故か自然と自分の人生の方向整理が出来たんですよね。

・なんとか今の会社にしがみつかないといけない。。
・失敗が出来ない。。
・上司に気に入られなければ。。
・でも、人としての芯を曲げるような指示をされても。。
・(当時の)夫にも出来るだけ頼らずに生きないと。。

うつ病になる前は、こんな気持ちで働いていました。
肩肘を張り過ぎていたんでしょうね。

結論としては、

『自分の体、日々のが大切』
『仕事をしてもしなくても、会社は何もしてくれない』
『生活で得られる日々の何気ない幸せが何よりも大切』

となりました。

けっこう時間はかかりましたよ~ 一年近くはかかったかな~

この考えが、自然と自分の中に染み渡り、
自然と復職が出来ました。

うつ病になって良かった事

うつ病になってしまう人の中では、私と似たような感じで発症してしまう人も
結構いると思います。

うつ病は、一度なってしまうと再発症するので
絶対に治る事は無いと言われています。

ですが、うまく付き合っていく方法はあります。

わたしはうつ病の発症を機に、

人生観が変わりました。

当時は気付かなかったのですが、
夜の歩道橋を歩いていたら
下を走る車のライト、光の筋に
自然に吸い込まれそうになった事も・・・。

うつ病と同じ時期に離婚もしました。

確かにそうとう落ち込みました。

ですが、支えになってくれるパートナーじゃなかった。
器が無かった。

ただそれだけの事。

仕事は、今もまだ同じ会社で仕事をしていますが
発症前よりも会社での評価は上がりました。

何よりも良かったと思うのは、
私個人の自由な時間が大幅に増えた事。

趣味に時間を使えますし、友達との時間も出来ました。

副業も(会社に内緒で)始めました(笑)

今は、あの時にうつ病になった事はメリットだと思っています。
ですので、気にしないで生きていきましょうね~

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加